歌声解説 男性洋楽

マイケル・ジャクソンの歌声や歌い方についての分析

投稿日:2018年2月12日 更新日:

マイケル・ジャクソンさんと言えば、この地球に知らない人はいないくらいのPOPスター、キング・オブ・ポップですよね。

亡くなってしまったこれからは知らない人も増えてくるかもしれませんが、おそらくそうはならないだろう言えるような、歴史に名を刻むエンターテイナーですね。

 

歌声・ダンス・音楽的能力その全てが最高峰です。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなマイケル・ジャクソンさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方

地声・話し声の音域はかなり高めで、やや息寄りのバランスのいい声質

音域

地声や話し声の音域はかなり高めの音域です。

低い女性の声くらいに感じるような音域帯の高めな声帯を持っています。

 

これに関してマイケルの父から声変わりを防ぐためにホルモン注射治療されていたというお話しがありますね。真偽のほどはわかりませんが、確かにそれくらい高めの音域帯の声帯を持っています。

 

声質

声質は柔らかい鳴りと息が流れやすい声質です。

あまり声帯が強くならずに息っぽく話すような声を持っています。歌声はかなり声量があるのですが、話し声は結構小さめで息で話しています。

 

共鳴

共鳴は上方向(鼻腔や軟口蓋)主体です。

 

歌声は地声を活かした高音発声

音域

歌声の音域帯は『mid1B〜hihiB』と幅広い音域帯を使っています。

とは言えmid1域あまり使われず、基本的にはmid2域〜hiCあたりくらいまでは余裕で地声もしくはミックスボイス、hihi域はマイケル特有のファルセットなどで使われています。

 

地声

低中音域は地声

低中音域とは言っても結構高いです。もともと持っている声帯が高いマイケルにとっての低中音域です。

 

声質は話し声同様に柔らかな声帯の鳴りと息の流れのある声質です。

声帯をそこまで強く鳴らさずに綺麗に息を流すような柔らかい鳴りが特徴です。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

強い息の圧力をかけてかなり強く声帯を鳴らします

 

唸るようなガリガリした鳴りの倍音を持ち、非常に心地よくかつパワフルに鳴ります。

この仮声帯を使うような特有の倍音を鳴らすことができるのもマイケル特有の声で、まぁなかなか真似できないでしょうね。

 

ミドル

前半部分は地声、後半からミックスボイス主体。

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

くっきりとした芯のあるファルセットを使います。

 

歌の中では特に「フォー!」や「アォ!」「ヒィッヒ!」で使われることが多い発声です。

 

ファルセット


アォ!

 

この3種類の声区を広い範囲で使えるすごい声帯を持っているのがマイケルジャクソンです。

14:00〜から唸るようなミドル域のアカペラが聞けます。すごい。

歌い方

マイケルジャクソンの歌い方で大きな特徴はなんと言っても、独特のアドリブ。

あの歌の合間に入る「ッダ」「ッア」「ヒッヒー」「アォ!」「フォー!」などの声です。

 

これが歌の中でものすごいグルーブ、リズム感を作り出しています。もはやドラムのフィルのように鳴らします。

 

実はマイケルジャクソンはボイスパーカッションもかなり上手なのです。

それを歌の中に取り入れているんですね。乗ってくると自然と出てしまうのかもしれませんね。

 

 

ビブラートはあまり使わないですが、曲によってかけているときもあります。

マイケルジャクソンは色々な長所がありすぎますが、ピッチとリズムが抜群にいいのです。

 

抜群です。やはり歌の上手さの基本はピッチとリズム。そう感じさせてくれるシンガーです。

 

「グルーヴの可視化・体現」ダンスの圧倒的魅力

マイケルジャクソンについて語らなければいけないことがもう一つあります。それは『ダンス』ですね。とは言ってもダンスについての知識も技術も全くないので、僕はその技術力の高さを語ることはできません。

そんな素人な僕でもマイケルのダンスはすごいと感じますね。見てしまったら釘付けになりますもんね。

 

何が魅力なのかと考えたところ「グルーヴの可視化・体現」という点で圧倒的な魅力なのではないかと考えました。

グルーヴとはリズムやノリのことです。

 

本来音楽のリズムやグルーヴは誰もが音として感じるものです。

そういう音として感じる音楽のグルーヴを動き(ダンス)にして表現するのが非常に優れていると感じます。歌のリズム感がいいのはもちろんですがダンスのリズム感も抜群に良く「音楽のグルーヴがマイケルとなって体現された」ようにさえ感じます。

 

ダンスや動きを見ているだけでリズムを感じます

 

ダンスのキレや技術、動きなどももちろんすごいのでしょうが、何より体の揺れや足の運びなどの些細な動きの一つ一つでさえリズムに乗っていてそれが目に見えるグルーヴ感というものを作り出しているのが魅力なのではないかと思います。

 

別にこういうグルーヴの体現はダンスでなくてもいいと思うのです。

 

例えば映画でも話題になったフレディマーキュリーのステージでの特有の様々な動きもものすごくグルーヴに乗っていますし、古いもので言えばエルヴィスプレスリーの動き(ダンス?)もグルーヴィーです。

 

矢沢永吉さんのステージでの動きや布袋寅泰さんの左足の動きなどもそうですね。些細な動きでも音楽のグルーヴにドンピシャでハマっていると非常に魅力的に見えますね視覚と音楽の両方からグルーヴを感じられるのですね。「動きがグルーヴに乗っているシンガーは魅力的に見える」と言えるのかもしれません。

 

そういう点でマイケルジャクソンというのは音楽のグルーヴを高度に圧倒的クオリティで可視化させたすごい存在なのだと思います。

 

7:00〜あたりからのダンスだけの映像はすごく好きです。

マイケル・ジャクソンさんの歌声に近づくためには

マイケル・ジャクソンさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。というか、一生かかっても届かないかもしれませんね。

そのくらいのレベルです。

しかし、近づくこと寄せることはできるはずです。

マイケルジャクソンのように歌うポイント

ポイント

地声域は柔らかい発声を身につける

強い唸るような中高音域を身につける

この二つが重要ですね。

では練習法を書いていきたいと思います。

地声域は柔らかい発声を身につける

地声域はと言いつつ結構問題なのが声帯の音域です。

 

マイケルはやはりもともと持っている声帯の音域から稀有な存在なので、マイケルの音域を普通の音域帯の声帯を持つ人が地声で歌うのは難しいかもしれませんね。もし高めの声帯を持っているならいけるかもしれませんが。

 

地声の音域を広げるにしても限界があります。

 

となると柔らかい高音系のミックスボイスで歌うしかないですね。

とは言えやはり換声点などはズレるので声帯の音域が同じくらいでない限りはマイケルのように歌うのは難しいです。

 

トレーニング

とりあえず柔らかい高音系のミックスボイスの練習にはリップロールが最適です。

【リップロール】のやり方・効果・練習方法・理屈について

続きを見る

リップロールは息と声のバランスを整えたり、声帯コントロールの柔軟性を鍛えることができます。

 

マイケルの地声域に近い発声を身につけるにはリップロールがいいでしょう。

 

鳴りの強い唸るようなミックスボイス

普通のミックスボイスは自由に使いこなせることを前提にしても、この声はなかなか出せないと思います。

 

その分練習も難しいです声帯が閉鎖している状態から息の圧力で押し広げられて声が割れるような唸るようなニュアンスが生まれるそんな声です。

シャウト的なニュアンスです。

 

唸る練習

練習方法としてはエッジボイスからアプローチをかけるといいと思います。

【エッジボイス】のやり方・効果・練習方法について

続きを見る

綺麗にエッジボイスをしている状態で思いっきり息を吐いてみてください。そうすると、声が割れたり唸るニュアンスになると思います。

 

これは『仮声帯』が作用しているのですね。

ニュアンスはこのニュアンスです。高い音域のエッジボイスでこの練習をしましょう。

 

少し喉を痛めそうな練習ですが、これで感覚をつかむと高音域でも唸るようなニュアンスが出せると思います。

マイケルはかなり息の圧力をかけていますので、息をしっかりと吐くことを忘れないように。

各種ボイトレ方法はこちら

ボイトレ一覧

発声方法・テクニックはこちら

発声・スキル

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性洋楽

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.