【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 女性シンガー

浜崎あゆみの声や歌い方についての分析

更新日:

浜崎あゆみさんと言えば、日本の音楽界のトップで活躍するシンガーですよね。世に生み出した名曲は数知れず。日本人で知らな人はいないのではないかというほどの歌姫ですね。

心に刺さる歌詞とあの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな浜崎あゆみさんの歌声について書いていきたいと思います。

浜崎あゆみさんの声の特徴【持っている声帯】

まずは浜崎あゆみさんの話し声の特徴を大枠で捉えます。

  • 話し声≒持っている声帯

の特徴を掴むことも歌声を分析する上では重要です。

地声・話し声はやや低めの音域で、声帯の鳴りが少し強めな声質

音域

地声・話し声の音域はやや低めの音域ですね。

低すぎるほどではないですが、やや低めの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は声帯の鳴りが強めの声質を持っています。

少しカラっとしたような倍音をもつ声質です。かっこいい女性の声という感じですね。

 

共鳴

咽頭共鳴(下方向への響き)寄りの話し声です。

 

持っている声帯

やや低めくらいの音域・鳴り系の声質・下方向寄りの共鳴

 

浜崎さゆみさんの歌声の分析【発声方法】

歌声は強い鳴り系の声質が特徴的

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)
  • ファルセット(ヘッド)

 

地声

低中音域は地声

息系の声質や鳴り系の声質など幅広く表現しています。基本的には鳴り系のバランスのいい発声を使うことが多いです(下記の音源は息系ですが)。

 

地声域の共鳴はフラットですが、時々下方向(咽頭共鳴)へ落とすような深い響きを作っています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス。地声の延長線上の中高音発声。

声帯を固く使って強い鳴りを生み出す中高音発声です。

 

声帯を強く鳴らすので鳴りの倍音が多く含まれています。

時代によって共鳴の位置が変わってきたりしています。鳴り系の声質の中高音域を自在にコントロールしてます。

 

中高音

上方向への共鳴が強く、浅い響きで鼻に通す声の出し方↓

響きの位置がやや下り、咽頭共鳴を保ったような太さのある音色↓

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

ファルセットとは言ってもどちらかと言えばミックスボイスに近いようなしっかりとした鳴りを保った声です。

完全にひっくり返すような鳴らし方ではないですね。

 

ミックスボイスを抜くように使うことでファルセットのように鳴らしているようなファルセットとミックスボイスの中間的な鳴らし方です。

 

ファルセット


 

浜崎あゆみさんの歌声の近づくために

浜崎あゆみさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や多くの訓練が必要です。

しかし、要点を絞ることで近づく近道になります。

 

浜崎あゆみさんのように歌うポイント

ポイント

鳴りの強い中高音発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

鳴りの強い中高音発声を身につける

浜崎あゆみさんの特徴と言えばやはりしっかりと芯を持つような鳴りの強い発声ですね。

そしてそれを高音域まで伸びやかに出すような発声を鍛える必要があるでしょう。

 

強い鳴りのトレーニング

「ミックスボイス」と聞くと難しく考えていまいがちですが、固くならずにとにかく強い鳴りの発声を高音域まで鍛えればいいのです。

鳴りの強い高音のトレーニングは

が最適です。

 

このトレーニングは鳴りの強い高音域を鍛えるのに最適なトレーニングです。

また、声帯のコントロールのためにエッジボイスのトレーニングをしましょう。

 

エッジボイスは声帯を強く鳴らす練習に最適です。

 

共鳴は上下の共鳴をしっかりと理解し、上方向への共鳴は「ハミング練習」、下方向への共鳴は「ボイ」トレーニングで練習しましょう。

 

楽曲によっては深いビブラートをかけたりもしているので、ビブラートのトレーニングも必須です。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.