歌声解説 歌声解説 女性シンガー

Aimerの歌い方・歌唱力 息の多い声質のミックスボイスが声量を生む【歌声解説】

更新日:

今回はAimerさんの歌声について書いていきたいと思います。

Aimerさんと言えば、高い歌唱力と独特の歌声でものすごい人気のシンガーです。

何と言ってもその魅力は歌声ですね。独特の澄んだ歌声は聞く人の心を一瞬でつかんでしまいます。

あの歌声に魅了されている人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなAimerさんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は低めの音域で、息っぽい声質

地声の音域は歌声とは違い意外と低めの音域ですね。そこまで低く聞こえることもないのですが、低めの音域です。

あまり低く聞こえないのは声が息っぽいというところがあるかもしれませんね。かなり息っぽく声を出す話し方をされていますね。この息っぽさが澄んだ印象を声につけています。

かつ声帯がカラカラとエッジ感がありますね。エッジボイスのような音が随所に見られます。

 

声が出なくなってしまったこともあるというAimerさん。やはり少し特殊な声帯ですね。声帯が閉じきらないことが独特の声を作り出しているように感じます。

 

歌声は鼻腔共鳴が強く息が多い澄んだ声

歌声は非常に息が多く澄んだ声です。特に低音域の息の量はものすごいですね。ほとんど息で歌っています。

息が多いので息による倍音が多く含まれています。

倍音が多いと人の耳に心地よく聞こえますし、声が良く通ります。

 

高音域はおそらくミックスボイスですね。もともと少し特殊な声帯なのですが、高音域で少しだけ音色が変わって閉鎖感がある声になっています。とは言え、一般的には全然閉鎖のない声と言えそうです。

本人はおそらく少し閉鎖させて高音域を出す感覚なのでしょうが、聴いている人にとっては息がとても多い閉鎖の少ない声ですね。Aimerさんの中では少し閉鎖させてミックスボイスを作っているように感じます。

 

下方向への響きをつけることが多いですね。特に低い音域はかなり下方向へ響きをつけて、歌っています。ただ、あまり声帯閉鎖が強くのないので独特の息っぽい低音域になっています。

 

歌全体の中でエッジボイスも多く多用していて、それが表現を豊かにしています。もともと話し声にエッジボイスが多いことも影響しているでしょうね。

 

どういう歌い方か

歌い方も独特のものを持っていますね。基本的には暗めといいますか、落ち着いた感じで歌いますね。明るい響きではないことの方が多いです。

これは口を縦方向へ開くような口や喉の開け方をしているためだと思われます。(Aimerさんはあまり顔が映らないのではっきりとはわかりませんが)

口を横方向へ開くと明るい響きになります。 どちらがいいかは比べられないのが音楽です。

 

言葉の発音の仕方も特徴がありますね。幼さをどことなく感じさせる言葉のニュアンスがあるように感じます。うまく言葉で表現できないのですが、下顎に力を入れるとAimerさんのような言葉の発音の仕方になるような気がします。下顎を少し前に出すような感覚です。

 

ビブラートは非常に細かいビブラートがかかります。細かいビブラートは繊細さや寂しさを生み出します。

どういう練習をすればAimerさんのように歌えるか

Aimerさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

 

ですが、要点やポイントを絞ることで近づく近道になるはずです。

 

Aimerさんのように歌うポイントは

  • 息の多い発声を身につける
  • 深い響きを身につける
  • エッジボイスを身につける

この二つが重要ですね。

では書いていきたいと思います。

 

息の多い発声を身につけるには

ドッグブレス

ドッグブレスは息と声を連動させるためのトレーニングです。

横隔膜をしっかりと鍛えて柔軟性を身につけていくと、自然と声に息が乗るような発声が身についていきます。

ドッグブレスは1日5分でいいので毎日しましょう。

 

ドッグブレスについて詳しくはこちら

【ドッグブレス】で声量アップ。通る声を身につける

「ヒ」トレーニング

「ヒ」トレーニングは軟口蓋への響きと息の流れる声を身につけるトレーニングです。このトレーニングも息をしっかりと流す練習になりますのでやってみましょう。

 

「ヒ」トレーニングについて詳しくはこちら

通る声・いい声を身につけるには「ヒ」トレーニング

 

深い響きを身につけるには

深い響きとは下方向(咽頭や胸の方向へ)への響きですね。これは喉の開き方や特に喉仏の位置が重要になってきます。

喉仏の位置をコントロールすることで、例えば高音域でも深い響きの声を作ることができるのです。

詳しくはこちら

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

 

エッジボイスを身につける

エッジボイスを身につけることは非常に重要です。エッジボイスを練習することで声帯閉鎖のトレーニングになります。

また、歌のニュアンスとして使うことも多いです。

声帯をコントロールできるようになるということは、声をコントロールできるようになるということです。

力まずにエッジボイスを練習しましょう。

 

エッジボイスについて詳しくはこちら

【エッジボイス】で声帯閉鎖を鍛えてミックスボイスをコントロール

 

まとめ

Aimerさんのように歌うには

  • 息の多い発声を身につける
  • 深い響きを身につける
  • エッジボイスを身につける

が重要です。まずはここをしっかりと練習しましょう。

 














-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.