【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

歌声解説 女性シンガー

Aimerの歌声や歌い方についての分析

更新日:

今回はAimerさんの歌声について書いていきたいと思います。

Aimerさんと言えば、高い歌唱力と独特の歌声でものすごい人気のシンガーですね。

何と言ってもその魅力は歌声ですね。独特の澄んだ歌声は聞く人の心を一瞬でつかんでしまいます。あの歌声に魅了されている人も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや低め〜普通くらいの音域で、息っぽい声質

地声の音域はやや低め〜普通くらいの音域ですね。そこまで低く聞こえることもないのですが、やや低め〜普通くらいの音域の声帯を持っているように感じます。

声質はノイズの少ない澄んだハスキー系の声質ですね。

ハスキーというよりは息系の声です。声帯の鳴りが非常に薄く、息がダダ漏れになるのが特徴ですね。

カラっとしたような、ガラッとしたようなエッジ感が入ることもあるのですが、結局綺麗に閉鎖しない(鳴らない)で息が先行する特殊な声質です。

かなり特殊な声帯で、子音が立ちやすく息の澄んだ倍音が多く含まれているとても魅力的な声質ですね。

持っている声帯

やや低め〜普通くらいの音域・息系の声質

歌声は息の成分が多い澄んだ特殊な鳴りの声

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声を使った発声をしています。

非常に息が多い発声で、息の倍音成分がものすごいのが特徴です。ほとんどが息主体の発声と言えるでしょう。

声帯が鳴りにくいことを最大限に活かし、澄んだ特殊な鳴りを生み出しています。この息の成分がAimerさん歌声の鍵ですね。

この特殊な声帯が生み出すAimerさんの地声域の魅力の一つは響きを下方向へ落としたときのニュアンスですね。普通、下方向へ響きを当てると、声帯が鳴りやすいのです(つまり、息っぽい低音域は難しいということ)。しかし、Aimerさんは低音でも息が「スー」と流れるので響きを下に落とした時のニュアンスが非常に綺麗なのです。

また、その息系の特殊な倍音がマイクやコンプレッサーで増幅されたような独特な音色(フツフツ・プツプツ・ザラザラした倍音)は唯一無二の音ですね。

地声

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。とは言え地声の延長線上くらいの発声です。

地声に比べて声帯の鳴りが強まるような中高音域です。とは言えもともと鳴りにくいような声質を持っているので独特の鳴り方をしていますね。

ミックスボイス

強く鳴らす↓

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

地声同様に息の成分が多いファルセットです。かなり綺麗に切り替えています。少し特殊な声帯なので認識しにくいかもしれませんが非常に美しいファルセットを使いこなしています。

ファルセット

歌声

息の倍音成分をすごく含む地声域・特殊な鳴り方のミックスボイス・綺麗なファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

Aimerさんは共鳴や声の当て方をフレーズごとに非常に工夫されているように感じます。上方向(鼻腔や軟口蓋)から下方向まで(咽頭共鳴)自在にコントロールして声色やニュアンスを作り上げています。

この声の方向のコントロールと息の多い特殊な発声がAimerさんの歌い方の大きな鍵ですね。

響きの上下

また、口の開きや口の中の空間は縦方向へのニュアンスが強くそこまで大きく開けないです。(縦方向は落ち着いてクール、横方向は明るく爽やかな印象になる。どちらがいいとか悪いとかはない。)

特に下顎を軸にして発音するようなニュアンスがありますね。

ビブラート

ビブラートは細かく綺麗にかかります。

細かいビブラートのニュアンスもまた、Aimerさんの大きな特徴の一つです。

細かく音を揺らしながら音量自体も大小の揺れを含んでいます。言葉の表現が難しいのですが、音程の揺れと音量の揺れが一緒になっているような「トレモロ感のある」個性的なビブラートです。

音の波と音程の波を同時に作りながら収束していきます。

ビブラート

わかりやすいところだと「better not cry~~~~~~」とか。

フレージング・歌い回し・歌唱力

上下の響きのコントロール、3つの声区を自在に使いこなします。その上で個性的な息系の声質です。表現の幅も声の個性も抜群ですね。

ピッチ感やリズム感も非常によく圧倒的な歌唱力です。

どういう練習をすればAimerさんのように歌えるか

Aimerさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。その分多くの練習や訓練が必要です。ですが、要点やポイントを絞ることで近づく近道になるはずです。

Aimerさんのように歌うポイント

ポイント

息の多い発声を身につける

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

息の多い発声を身につけるには

Aimerさんの声は少し特殊な息の倍音の多い声質を持っています。

同じような声質を持っている人は真似しやすいですが、鳴り系の声質を持っている人は相当の努力が必要かもしれません。

息の倍音の多い声質を身につけるには、息と声との連動が重要です。

連動を身につけた上で息主体の発声をしてことが鍵です。息のトレーニングはドッグブレス「スー」「ズー」トレーニング「ヒ」トレーニングなどが最適です。

息のパワーそのものをあげたい方は「パワーブリーズを使ったトレーニング」もオススメです。

息系のトレーニングは少しづつでも続けていくことが重要です。

また、共鳴のコントロールも非常に重要です。まずは上下の共鳴を理解しましょう。

上方向への共鳴はハミング練習がオススメです。また、下方向への共鳴は「ボイ」トレーニングがオススメです。

ビブラートの練習も欠かせませんね。非常に個性的な細かいビブラートを持っているのでしっかりと真似しましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

 

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.