歌声解説 男性シンガー

Acid Black Cherry yasuの声・歌い方・歌唱力についての研究

投稿日:2018年2月24日 更新日:

今回はAcid Black Cherryのボーカル、yasuさんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

声質・発声方法について

話し声・持っている声帯の特徴

地声や話し声の音域はやや高めくらいの音域

若干高いくらいですが、声帯の音域のタイプはテノール(男・高音)寄りくらいだろうと考えられます。

 

声質は「鳴りやすい」タイプの声質

声帯が軽やかにジリジリ・ビリビリと鳴る「鳴りやすい」タイプの声質と言えるでしょう。

柔らかくも芯のある声ですね。

 

歌声の特徴

チェストボイス(地声)

低中音域

息系の声質から鳴り系の声質まで使いこなしています。

基本的にはロック系の楽曲が多いので声帯をしっかりと鳴らすような鳴り系の発声を多く使うことが多いです。

 

そして随所に息系の発声・息のニュアンスを織り交ぜることでセクシーなニュアンスを作ります。

息と鳴りのコントラストでクールな音色の発声を生み出しています。

 

地声

 

ミドルレンジ(地声)

中高音域(≒ミドルボイス・ミックスボイス)

 

滑らかでしっかりと芯があるバランスの良いミドルです。声帯を余計な力なくコントロールしているのでしっかりと高音域を鳴らしつつ、広がりある発声を作り上げています。

 

綺麗な鳴りの倍音を感じる中高音発声です。

 

ミドル

 

ファルセット(裏声)

高音域はファルセット(裏声)

 

ファルセットは比較的しっかりと芯を持っている、くっきりとした鳴りのファルセットです。

 

ファルセット

1回目のファルセットはかなりミドルに近い芯を持っています。↓


 

どういう練習をすればyasuさんのように歌えるか

yasuさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

yusuさんのように歌うポイント

ポイント

芯のある高音発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

芯のある高音発声を身につけるには

yasuさんの歌声はバランスのいい完成されたミックスボイスを主体に歌っています。

特に『ミックスボイス』という名称に固くならなくてもいいのですが、とにかく高音域まで地声のような音色でボビやかに歌うスキルが必要になります。

 

そして、それを自在にコントロールするのはかなりの練習量が必要だと考えられます。

また、声質によって発声の『バランス』などは変わってくるので自分の声質と向き合いながら練習するのが重要でしょう。

 

中高音域のトレーニング

地声の高音域を開発するようなトレーニングは

高音の声帯コントロールの導入には

のトレーニングがオススメです。

 

高音域を少しづつ伸ばすのに慣れてきたら

次は鳴りの強さや太い発声にしていくために

で練習しましょう。

 

音域を広げるというのは筋トレのようにコツコツしたものですので根気よく頑張りましょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.