歌声解説 男性シンガー

UNISON SQUARE GARDEN 斎藤宏介の歌声や歌い方の分析

投稿日:2018年2月27日 更新日:

UNISON SQUARE GARDENと言えばリズミカルな楽曲が多く、ノリがいい多くの名曲を生み出していますね。

何と言っても、楽器隊のリズムやグルーブ・ボーカルの歌声と最高ですよね。

 

心を掴まれている方も多いのではないしょうか。

今回はそんなUNISON SQUARE GARDENのボーカル斎藤宏介さんの声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、バランスのいい軽やかな声質

音域

地声や話し声の音域はやや高めの音域ですね。

音域的にやや高めのくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は息と声帯の鳴りのバランスのいい軽やかな声質です。どちらかと言えば若干息が先行するような軽やかな声質です。

 

共鳴

共鳴は鼻腔や軟口蓋などの上方向主体に響きやすい印象の話し声です。

 

歌声は軽やかな高音系の発声

地声

低中音域は地声

低中音域とは言っても、もともと持っている声帯が高めなのでかなり高めの音域帯まで地声を使っています。

 

息の流れ主体のバランスの良い歌声です。とは言え息の量が多いと言うわけではなく、あまり声帯を鳴らさないような軽やかな鳴りでバランスの良い発声を生み出しています。

軽やかで爽やかな発声ですね。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス)

 

中高音域も基本的にはバランスのいい鳴りの声質です。

地声域から声帯を綺麗に伸展させて、息の圧力を増してそのまま強く鳴らすような発声です。

 

ミドル

 

歌い方

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋など上方向中心の音色作りです。

これが爽やかでクリーンな音色の発声を生み出している要因の一つですね。

口の開きはどちらかと言えば横方向への響きで明るい響きをしています。

 

ビブラート

あまりビブラートを効かせるタイプではなく、基本はまっすぐというタイプです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

リズミカルでグルーヴィーな歌い方が特徴的です。

 

言葉をトコトコと置いていくような軽快なフレージングが非常に多く、一言一音を乗せるようなタイプです。

言葉のアタック(出だし)の

  • スピード感
  • ピッチ感

が心地よく、強めにアタックを取ることも多いのが特徴です。

どういう練習をすれば斎藤宏介さんのように歌えるか

斎藤宏介さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

斎藤宏介さんのように歌うポイント

ポイント

軽やかな発声を身につける

これが重要です。

では練習方法を書いていきたいと思います。

軽やかな発声を身につける

斎藤さんのような軽快で爽やかな発声は

  1. 息の流れやアタック感
  2. 上方向への音色

が重要でしょう。

 

ただし、斎藤さんのような中高音のレンジを歌いこなすのは個人個人の持っている声帯によるでしょう。

場合によっては難しいこともあるでしょうから、自分の持っている声帯と向き合いながら練習しましょう。

 

音域を広げる訓練というのは筋トレのようなコツコツしたものです。頑張りましょう。

 

息の流れやアタック感

息の流れや声のアタック感を身につけるトレーニングは

  • ドッグブレス

がおすすめです。

 

声をリズミカルに発するためにもドッグブレスはいいトレーニングです。

息系のトレーニングは日々の声の通りも良くなるのでやって損なしのトレーニングです。

 

上方向への音色

斎藤さんは基本上方向へ声が当たるので明るく爽やかな音色になっています。

鼻腔共鳴や軟口蓋へのトレーニングは

  • ハミング練習

が最適です。

 

ハミングは歌が上手くなるトレーニングなのでオススメです。

 

各種ボイトレ方法はこちら

ボイトレ一覧

発声方法・テクニックはこちら

発声・スキル

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.