歌声解説 歌声解説 男性シンガー

L'Arc〜en〜Ciel hydeの歌い方・歌唱力 太いミックスボイス発声【歌声解説】

投稿日:2017年11月11日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回はL'Arc〜en〜Cielのボーカルhydeさんの歌声について書いていきたいと思います。

L'Arc〜en〜Cielのhydeさんと言えばその端正な顔立ちで圧倒的なイケメンと言われていますが、歌声も素晴らしいものを持っていますね。

 

顔にあったセクシーかつパワフルな歌声で多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなhydeさんの歌声について解説していきたいと思います。

 

どういう声質か

話し声・地声は普通の音域で息の多い落ち着いた声

話し声・地声は普通と言えるような音域です。やや高めとも言えるかもしれません。

 

歌声の方が低くて響く音程で歌っていたりするので歌声よりも軽くて薄い感じの話し声です。

地声は随分声の線が細い印象を受けますね。持っている声帯は高めの音域の声帯だと思います。

 

歌声ですごく太い声質になるのは本当にすごいです。

なぜか歌声の方が印象的には低く感じるという不思議な感覚を覚えますね。

 

どちらかといえば息が多めの声で話すことが多く、あまり大きな声で話さないですね。笑

 

歌声はミックスボイス主体

歌声は地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類ですね。

基本的にミックスボイス主体です。

喉の奥に響かせるような出し方で全体的に歌っています。ミックスボイスの音域がかなり広くてhydeさんがすごいと言われる要因はここにあるでしょう。

 

 

低中音域は地声ですね。話し声とは全然違い、太い響きを作るってミックスボイにつなげることが多いですね。

また、地声に息をたくさん混ぜてセクシーな歌声を作ることも多いですね。この声は声帯の鳴りよりも息の量を優先させて声を出していいる印象です。

 

中高音域はミックスボイスです。

深い響きで太いミックスボイスを使いこなしています。全体的に声帯の鳴りが強く、芯のあるミックスボイスです。この芯のあるミックスボイスを共鳴と喉のコントロールで深く太い響きの声にしています。

 

太いミックスボイスとセクシーさのある息の多い声とのコントラストがhydeさんの特徴ですね。

時に割れた声も使います。特にライブでは使用頻度が高いです。

 

ファルセットが美しい

hydeさんのもう一つの特徴としてファルセットが美しいという特徴があります。

ファルセットも歌の要所要所で使いますが、かなり女性的で美しいファルセットをしています。

 

それもかなり高音域まで鳴らすことができます。

あれだけ綺麗に鳴らすことができればそれだけで十分ですね。

 

実際の歌で確認

snow dropで地声を確認

 

フレーズ序盤

「と〜めいな〜しずくはあ〜なた〜」

 

最初の「と」の音はなぜか入ってないのは気にせずに行きましょう。

このフレーズは全て地声ですね。割と息が多い声を使っていることがわかります。

これはゆったり歌うフレーズの地声はわかりやすいですね。

 

HONEYでミックスボイスとファルセットを確認

 

地声:黒字

ミックスボイス:赤字

ファルセット:黄色マーカー 

 

フレーズ序盤

ハニーソースウィート かぎりないゆめを〜

 

フレーズ中盤

このりょうてに〜つかんで〜fu〜

 

ロックな曲の場合、地声とミックスボイスの境目がわかりにくいですね。

地声を太く強い発声で鳴らして、太いミックスボイスと同じような性質の声にしています。

 

ファルセットは非常にわかりやすいですね。

 

どういう歌い方か

ブレスの仕方に非常に特徴がある歌い方ですね。hydeさんはブレス音が結構大きな音として鳴ります。

普通に息の音の時もあるのですが、結構な割合で、「キュっ」とした音が鳴ります。これは声帯がミックスボイスの状態(ある程度閉鎖されている状態)のまま息を吸っているので音が鳴るのですね。吸って声を出しているみたいなものです。

これはミックスボイスをよく使う人に見られることが多いです。

 

ビブラートはナチュラルにかかるタイプでが、曲によって使い分けていますね。ロックやポップな感じの曲の時はかけないことの方が多いです。曲によっては深くかけることもあるので、綺麗にコントロールしています。

全体的に深い響きを印象つける発声が多いです。これは喉の空間のコントロールによって生まれる歌い方ですね。

 

 

どういう練習をすればhydeのように歌えるか

hydeさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

hydeさんのように歌うポイント

  • 強く太いミックスボイスを身につける
  • 深い響きを身につける

この二つが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

強いミックスボイスはタングトリルで練習

強いミックスボイスはリップロールよりもタングトリルの方が習得しやすいです。

特に喉に空洞を作らなければいけないようなミックスボイスの練習にはうってつけです。

タングトリルは下の柔軟性をアップさせるのにも役立ちます。

舌を柔らかく保つことでミックスボイスを自由にコントロールできるようになります。

 

タングトリルについて詳しくはこちら

タングトリルで舌を鍛えて歌唱力UP!ミックスボイスを強化

今日は「タングトリル」というボイストレーニングについて紹介していこうと思います。   タングトリルはボイストレーニング界では有名なトレーニングの一つですね。 今回はそんなタングトリルのやり方 ...

 

グッグトレー二ングでさらにミックスを強く柔軟に

タングトリルとは別にグッグトレーニングもしましょう。

こちらのトレーニングもミックスボイスを習得するのに一役買うのですが、より強くコントロールする練習はグッグがいいです。

グッグトレーニングで音階練習をしっかりとしましょう。

 

グッグトレーニングについて

グッグトレーニング|強いミックスボイスや太いミックスボイスのボイストレーニング

今回はボイストレーニングでは「グッグトレーニング」について書いていきたいと思います。 世界的に有名なボイストレーナーのロジャー・ラブ氏の著書にあるトレーニングで有名なグッグトレーニング。 グッグトレー ...

 

ベルティング発声について

地声のように聴こえる強い高音域の音をベルティング発声と言います。

これは強い高音発声でほとんどの人が目指す声です。

ベルティング発声について詳しくはこちら

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

今回はベルティング発声・ベルティングボイスというものについて書いていきたいと思います。 このベルティングボイスはミックスボイス同様になんだか定義がふわふわしているものです。   日本ではあま ...

 

喉仏を下げる練習は必須

hydeさんを歌う上でもう一つ欠かせないのが喉仏です。

これを常に下げておく必要があるのです。

 

喉仏が下がると必然的に喉の空間が広がります。人間であればだいたい広がると思います。

その状態で歌うとあくび喉に近い形ですが喉の空間がしっかりとできてhydeさんのような声になるはずです。

 

喉仏を下げる練習ですが、喉仏を手で触ることです。喉仏は自分の意思で動かせるのですが半分不随意筋みたいなところもありますよね。音程に引っ張られて上に上がって行ったり。。。

そういう時に触っているだけで意識がそこに行き喉仏の上昇を防ぐことができます。防げなくてもその意識を持っていることでだんだんと上がらないようになってきます。

 

口を閉じて動かさない状態であくびの喉を作ってみてください。

そうすると喉仏下がります。これを繰り返しやって喉仏を下げる練習をするのもオススメの練習です。

 

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

今回は咽頭共鳴や胸腔共鳴と呼ばれるような低い位置での響きについて書いていきたいと思います。 鼻腔での共鳴は歌の中では特に重要ですが、低い位置での響きも重要です。   特に歌声の中に深みを作る ...

 

まとめ

 

hydeさんのように歌うには

  • 強く太いミックスボイスを身につける
  • 深い響きを身につける

が重要です。まずはここからしっかりと練習しましょう。

 






-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.