歌声解説 男性シンガー

L'Arc〜en〜Ciel hydeの歌声や歌い方の分析

投稿日:2017年11月11日 更新日:

L'Arc〜en〜Cielと言えば、圧倒的人気のロックバンドですね。多くの名曲を生み出しています。

ボーカルhydeさんはセクシーかつパワフルな歌声で多くの人を魅了しています。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんなL'Arc〜en〜Cielのボーカルhydeさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

話し声・地声は普通の音域で、息の多い軽やかな声質

音域

話し声・地声は普通くらいの音域です。

普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。歌声の印象から低く思われがちですが、意外とそうでもないですね。

 

声質

声質は息の多い声質ですね。

声帯の鳴りよりも息が先行するような声質です。

歌声の方が低くて響く声で歌っていたりするので歌声よりも軽くい感じの印象がある話し声です。

 

共鳴

話し声は下方向への響きがほとんどなく、上方向主体の軽やかで爽やかな声です。

これまた歌声とは違いますね。

 

歌声は太くバランスのいい発声

チェストボイス

低中音域は地声

鳴り系の声質から息系の声質まで使いこなしています。

フレーズ次第で歌い分けています。

 

どちらかと言えばですが、息系の声を使ってセクシーに歌うような歌い方が特徴的ではないでしょうか。

もちろん、声帯を鳴らすような声質も多く使っています。

 

下方向への響き(咽頭共鳴)主体の発声が特徴的です。

これにより太い響きを作り出すのですね。

 

地声

太い地声域↓

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス。地声の延長線上の中高音発声。

これも深い響きで太い中高音発声を使いこなしています。

 

全体的に声帯の鳴りが強く、芯のある中古音発声です。

この芯のある発声を共鳴と喉のコントロールで深く太い響きの声にしています。当然喉は開いているので太くかっこよく伸びやかなミドルレンジを作り出していますね。

 

時に割れたガラッとした鳴りを使うこともあります。

楽曲イメージによって使い分けているようにも感じます。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット

このファルセットもhydeさんの最大の武器ですね。

 

非常に美しいファルセットをかなりの高音域まで使用することができます。

綺麗に息が流れるファルセットで、非常に美しい抜け感を生み出しています。

 

ファルセット

 

歌い方

共鳴や音色

やはり特徴的なのは喉を広い空間に保っていること、咽頭共鳴(下方向への響き)を深く作ることですね。

これにより深みのある太い発声を作り出しています。

 

ビブラート

ビブラートはナチュラルにかかるタイプでが、曲によって使い分けていますね。

ロックやポップな感じの曲の時はかけないことの方が多いです。

曲によっては深くかけて、綺麗にコントロールしています。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

ブレスの仕方に非常に特徴がある歌い方ですね。hydeさんはブレス音が結構大きな音として鳴ります。

 

普通に息の音の時もあるのですが、結構な割合で、「キュっ」とした音が鳴ります。

これは声帯がある程度閉鎖されている状態(半開きみたいな)のまま息を吸っているので音が鳴るのですね。

 

吸って声を出しているみたいなものです。

 

ブレス音

 

どういう練習をすればhydeさんのように歌えるか

hydeさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

hydeさんのように歌うポイント

ポイント

強く太い中高音発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

強く太い中高音発声を身につける

hydeさんの歌声は強い高音域を太く歌うことが重要です。

  1. 強い高音域をコントロールすること
  2. 深い響きを保つこと

この二つが重要になってくるでしょう。

 

強い高音域のトレーニング

強い高音域のトレーニングは

がオススメです。

 

グッグトレーニングは喉を広く取るような太い高音発声に。

「ネイ」「ヤイ」トレーニングは強い鳴りの高音発声のトレーニングに役立ちます。

 

 

深い響きを保つトレーニング

hydeさんを歌う上でもう一つ欠かせないのが喉仏です。

喉仏が下がると必然的に喉の空間が広がります。その状態で歌うとあくび喉に近い形ですが喉の空間がしっかりとできてhydeさんのような声になるはずです。

 

喉仏を下げる練習ですが、簡単なのは喉仏を手で触ることです。

喉仏は自分の意思で動かせるのですが半分不随意筋みたいなところもありますよね。音程に引っ張られて上に上がって行ったり。。。そういう時に触っているだけで意識がそこに行き喉仏の上昇を防ぐことができます。防げなくてもその意識を持っていることでだんだんと上がらないようになってきます。

 

口を閉じて動かさない状態であくびの喉を作ってみてください。そうすると喉仏下がります。

これを繰り返しやって喉仏を下げる練習をするのもオススメの練習です。

 

咽頭共鳴のトレーニングについてはこちら

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.