【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 男性シンガー

L'Arc〜en〜Ciel hydeの声や歌い方についての分析

更新日:

今回はL'Arc〜en〜Cielのボーカルhydeさんの歌声について書いていきたいと思います。L'Arc〜en〜Cielのhydeさんと言えばその端正な顔立ちで圧倒的なイケメンと言われていますが、歌声も素晴らしいものを持っていますね。セクシーかつパワフルな歌声で多くの人を魅了しています。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。今回はそんなhydeさんの歌声について解説していきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

話し声・地声は普通の音域で、息の多い落ち着いた声質

話し声・地声は普通くらいの音域です。やや高めとも言えるかもしれません。普通からやや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。歌声の印象から低く思われがちですが、そうではないですね。

声質は息の多い声質ですね。声帯の鳴りよりも息が先行するような声質です。歌声の方が低くて響く声で歌っていたりするので歌声よりも軽くて薄い感じの印象がある話し声です。歌声との違いは共鳴ですね。話し声は下方向への響きがほとんどなく、軽やかで爽やかな印象を作り出しています。

歌声は太いミックスボイス主体

歌声は地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類の声区を使っています。全体を通して喉の奥に響かせるような出し方(咽頭共鳴)主体で歌っています。ミックスボイスの音域がかなり広いのも特徴です。

低中音域は地声を使って発声しています。鳴り系の声質から息系の声質まで使いこなしています。フレーズ次第で歌い分けています。どちらかと言えばですが、息系の声を使ってセクシーに歌うような歌い方が特徴的ではないでしょうか。どちらかと言えばです。声帯を鳴らすような声質も多く使っています。下方向への響き(咽頭共鳴)主体の発声が特徴的です。これにより太い響きを作り出すのですね。

地声

中高音域はミックスボイスを使っています。これも深い響きで太いミックスボイスを使いこなしています。全体的に声帯の鳴りが強く、芯のあるミックスボイスです。この芯のあるミックスボイスを共鳴と喉のコントロールで深く太い響きの声にしています。当然喉は開いているので太くかっこよく伸びやかなミックスボイスになります。

時に割れたガラッとした鳴りのミックスボイスを使うこともあります。声帯を硬めに閉鎖させて、息を強く押し出すようなミックスボイスです、ライブの時やソロ活動の時などで使われることが多い声ですね。楽曲イメージによって使い分けているようにも感じます。

ミックスボイス

サビ前くらいからミックスボイス主体、それまでは地声

高音域はファルセットを使っています。このファルセットもhydeさんの最大の武器ですね。非常に美しいファルセットをかなりの高音域まで使用することができます。女性でもしんどいくらいの高音までファルセットを出すことができます。一体どんな声帯をしているのでしょうね。

綺麗に息が流れるファルセットで、非常に美しい抜け感を生み出しています。

どういう歌い方か

声帯の鳴らし方とブレスのニュアンス

ブレスの仕方に非常に特徴がある歌い方ですね。hydeさんはブレス音が結構大きな音として鳴ります。

普通に息の音の時もあるのですが、結構な割合で、「キュっ」とした音が鳴ります。これは声帯がある程度閉鎖されている状態(半開きみたいな)のまま息を吸っているので音が鳴るのですね。吸って声を出しているみたいなものです。

これはミックスボイスをよく使う人に見られることが多いです。

ブレス音

ビブラートはナチュラルにかかるタイプでが、曲によって使い分けていますね。ロックやポップな感じの曲の時はかけないことの方が多いです。曲によっては深くかけることもあるので、綺麗にコントロールしています。

全体的に深い響きを印象つける発声が多いです。これは喉の空間のコントロールによって生まれる歌い方ですね。

実際の歌で確認

「snow drop」

フレーズ

透明な雫はあなた 可憐な水の音 きらめくように揺れる (は)もんは(は)るの予感 目覚めの呪文 崩れ落ちてゆく

全体を通し地声系が多いフレーズです。深い響きと息が綺麗に流れる発声ですね。

(は)もんは(は)るの予感」この部分ですが、これはミックスボイスに入りかけて地声に戻っているような鳴りの場所を表しています。(は)ですね。特に二回目がわかりやすいと思うのですが、声帯がカラッとひっくり返るような音が鳴っています。これは声区が一瞬切り替わって元に戻るようなニュアンスを出しています。こういうニュアンスはhydeさんの特徴です。

「NEO UNIVERSE」

フレーズ

天よりも高く そんな飛べない無邪気な天使にも 朝は届く鮮やかに その手を離さないで目覚める この世界を

このフレーズはミックスボイスへの変化がわかりやすいですね。これも先ほどと同じように地声としているフレーズでもミックスボイスやファルセットに入るようで入らないというような声帯の動きをして「キュっ」と声帯がひっくり返るような音が鳴っていますね。「天よりも高く」の「」の部分とかそうですね。

ミックスボイスは声帯が強く鳴っていくのですが、喉の開きはしっかりとあり深い共鳴を保ったまま太いミックスボイスを生み出しています。

どういう練習をすればhydeのように歌えるか

hydeさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。その分多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

hydeさんのように歌うポイント

ポイント

強く太いミックスボイスを身につける

深い響きを身につける

この二つが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

強いミックスボイスはタングトリルで練習

強いミックスボイスはリップロールよりもタングトリルの方が習得しやすいかもしれません。特に喉に空洞を作らなければいけないようなミックスボイスの練習にはうってつけです。タングトリルは下の柔軟性をアップさせるのにも役立ちます。舌を柔らかく保つことでミックスボイスを自由にコントロールできるようになります。

グッグトレー二ングでさらにミックスを強く柔軟に

タングトリルとは別にグッグトレーニングもしましょう。こちらのトレーニングもミックスボイスを習得するのに一役買うのですが、より強くコントロールする練習はグッグがいいです。グッグトレーニングで音階練習をしっかりとしましょう。

ベルティングボイスのような強い声帯閉鎖に強い息を通し解放的に鳴らす練習もいいかもしれません。

喉仏を下げる練習は必須

hydeさんを歌う上でもう一つ欠かせないのが喉仏です。これを常に下げておく必要があるのです。喉仏が下がると必然的に喉の空間が広がります。その状態で歌うとあくび喉に近い形ですが喉の空間がしっかりとできてhydeさんのような声になるはずです。

喉仏を下げる練習ですが、喉仏を手で触ることです。喉仏は自分の意思で動かせるのですが半分不随意筋みたいなところもありますよね。音程に引っ張られて上に上がって行ったり。。。そういう時に触っているだけで意識がそこに行き喉仏の上昇を防ぐことができます。防げなくてもその意識を持っていることでだんだんと上がらないようになってきます。

口を閉じて動かさない状態であくびの喉を作ってみてください。そうすると喉仏下がります。これを繰り返しやって喉仏を下げる練習をするのもオススメの練習です。

咽頭共鳴のトレーニングについて詳しくはこちら

まとめ


hydeさんのように歌うには

hydeさんのように歌うポイント

ポイント

強く太いミックスボイスを身につける

深い響きを身につける

が重要です。まずはここからしっかりと練習しましょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。それくらい歌におい ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.