歌声解説 男性シンガー

まふまふの声・歌い方・歌唱力についての研究

投稿日:2018年5月28日 更新日:

今回はまふまふさんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

声質・発声方法について

話し声・持っている声帯の特徴

地声・話し声の音域は高めの音域

声帯の音域のタイプはテノール(男・高音)と言えるでしょう。

 

声質は息の流れと声帯の鳴りのバランスのいい声質

息がしっかりと流れつつも軽やかな鳴りのあるバランスのいい声質の声を持っていると考えられます。

 

共鳴は上方向(鼻腔など)へ響きやすそうな印象を受けます。

 

歌声の特徴

チェストボイス(地声)

低中音域

男性用の音域の曲なら大抵は歌えるであろう地声の音域を持っています。

「どうやってあんな声を出しているんだろう?」と思う以前にもともと持っている声帯の音域帯が高いので、地声域に関しては普通の男性でまふまふさんほどの音程に持っていくのはなかなか難しいでしょう。

 

低中音域は話し声同様に息と声帯の鳴りのバランスのいい発声主体です。

もちろんフレーズ次第で息系の発声から声帯をしっかりと鳴らすような鳴り系の発声まで使いこなしています。

 

地声域

 

ミドルレンジ(地声)

中高音域(≒ミドルボイス・ミックスボイス)

圧倒的声帯コントロールでかなりの高音域まで歌い上げています。

女性の歌の音域帯に突入しており、なんなら女性でも高いと感じるほどの音域を出すことができるのがまふまふさんの魅力ですね。

 

声帯を伸展(伸ばす)させることはもちろん、一定の声帯緊張や余計な力ではない喉周りの閉鎖も必要になってくるでしょう。

超高音域なのである程度の閉鎖感(喉締まった感じ)は出るのですが、響きを鼻腔に抜いて綺麗に抜けるように鳴らしています。

中高音

強い高音部分。

 

ファルセット(裏声)

高音域

綺麗な息の流れるファルセットを自在に使いこなします。

また、ファルセットへの声区移行の範囲が声が低めな女性と同じくらいの高さにありますね。

ファルセット

 

歌い方

共鳴や音色

基本的に鼻腔や軟口蓋などの上方向中心の共鳴で、明るい音色を作り上げています。

声の方向性は斜め前方向中心に当たる感じです。

 

ビブラート

ビブラートは基本的にはかけないように歌うようなフレーズが多いですが、フレーズ次第ではしっかりとかけたりもしています。

 

フレージング・歌い回し

  • オールラウンドでベーシック

という感じかと。

フレージング的には直線的とも曲線的ともどちらとも言いにくいようなベーシックなポップボーカルの歌い回しでしょう。オールラウンドになんでも歌いこなしています。

楽曲的にはボカロ系、アニソン系のような楽曲が多いのでまっすぐで直線的な表現、広がりのある表現をすることが多いですね。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.