歌声解説 歌声解説 男性シンガー

コブクロ 小渕健太郎の発声・歌唱力 閉鎖の強い高音ミックスボイス【歌声/歌い方解説】

投稿日:2017年11月8日 更新日:

今回はコブクロの小渕健太郎さんに歌声について書いていきたいと思います。

コブクロの小渕健太郎さんといえば主にコブクロのハモリ担当として活躍されています。

 

しかし、実力的にはハモりだけするのはもったいないほどの歌唱力を持っていらっしゃいます。

もちろんソロで歌うのパートも多くあるのですが。

 

すごく優しく心にしみるあの歌声に心掴まれているかたも多いのではないでしょうか。

今回はそんなコブクロの小渕健太郎さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域はやや高めで、カラッとした閉鎖感のある声質

地声や話し声はやや高めの音域です。高いなと感じるほど高くはないのですが、高めの声帯を持っているように感じます。

 

声質は息が流れやすい声質なのですが、若干の声帯の閉鎖感というかハスキー感があるような特徴的な声質ですね。

この話し声の声質も活動休止前の声質と活動開始後の声質で若干変化があるように感じます。つまり、発声時頸部ジストニア発症前と後ですね。

発症後の話し声の声質はエッジ感が薄いような印象を受けます。若干ですが。

 

歌声は独特のエッジ感のあるミックスボイス

歌声は主に3種類の歌声を使っています。

地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類ですね。

 

低中音域は地声を使っています。息の成分が多い、息がしっかりと流れる発声を使っています。その息が流れる発声の中にエッジ感・声帯閉鎖の鳴りがカラッとなるのが特徴です。

独特の声帯閉鎖感で尖っているわけではないのですが、歌声の中にエッジボイスのような音が混ざり情感のある歌声を作り上げています。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。声質は閉鎖系のミックスボイスですね。ジリジリとした閉鎖感のあるミックスボイスで高音域まで鳴りの倍音の強いミックスボイスを使いこなしています。

「カラカラ」「ガラガラ」したような声帯の鳴りを持つミックスボイスです。

 

高音域はファルセットを使うことも多いです。非常に綺麗なファルセットで息の成分も多く芯をしっかりと持ったファルセットです。長いロングトーンもファルセットで歌いこなすのはとてもすごいです。

 

発声時頸部ジストニア後の歌声について

発声時頸部ジストニアがどういう症状なのか、なぜ起こるのかなど詳しいことはわかりませんが、小渕さんの声質が変化しているのがわかります。

現在は復活され、素晴らしい活躍をされていますが、やはり調子次第ではというところで日々戦っているように思えます。

 

高音発声時に声帯周りの筋肉が硬直して高音が出しにくくなるという感じのことが情報では書かれていますね。これだけだと具体的にどう高音につながるのかわかりにくですが。。

個人的な推察ですが、「高音で必要なところに力が入らない」ように見えます。

必要なところとは声帯を締める部分ですね。

 

声質の大きな変化は特有のエッジ感、つまり声帯閉鎖による鳴りがかなり少なくなったように感じます。「ジリジリ」とした倍音がほとんど無くなってしまったのですね。

その点を考えると病気の症状により、声帯閉鎖しにくくなってしまったのではないかと考えられます。つまりエッジさせにくくなってしまったのかと。

その結果、高音に必要な閉鎖も当然させにくくなるということですね。

 

なので小渕さんの現在の歌声は空気感(息)を多く含んだ声質中心になっているのかと。もちろんこれはこれで最高の声なのですが。

 

偉そうなことは何も言えませんが、頸部ジストニアというものについての推察です。

 

どういう歌い方か

歌い方は非常に表現豊かです。言葉をしっかりと発音し、かつ綺麗に聞こえるように丁寧に歌っています。

感情を乗せた歌い方も非常に上手なのが特徴です。

 

ビブラートも綺麗にかかっており、黒田さんのビブラートとなるべく幅を合わせるように歌っているのがわかります。

 

実際の歌声で確認

「NOTE」でミックスボイス・ファルセットを確認

 

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤色マーカー

 

フレーズ

このごかんすべてで かんじてるきみを ありのままにかきしるそう ときどきはたらくもうひとつで しっとやつよがりも かきたせば そこにうかびあがる きみをつつみこむ いとしきおも〜い さ〜あ つぎ


地声とミックスボイスが絶妙に絡んだフレーズですね。地声はやや空気感を持っており、ミックスボイスはジリジリとしたエッジ感のある声質を生み出していますね。

 

どういう練習をすれば小渕健太郎さんのように歌えるか

小渕健太郎さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点を絞ることで近づくための近道になります。

 

小渕健太郎さんのように歌うポイント

ポイント

閉鎖系のミックスボイスを身につける

 

これが一番重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

 

エッジボイスの延長線上でミックスボイスを出す

小渕さんのミックスボイスはエッジボイスの延長線上で発声しているような声です。

声帯閉鎖を強めた状態からミックスボイスを出しています。

 

なのでまずはエッジボイスを習得する必要があるでしょう。

エッジボイスは表現力の幅を広げたり、声帯を自由にコントロールするトレーニングになります。

【エッジボイス】で声帯閉鎖を鍛えてミックスボイスをコントロール

今回は「エッジボイス」について書いていきたいと思います。 エッジボイスというのは聴き慣れない方もいると思いますが、声の出し方の名称であり、ボイストレーニングにもなります。 エッジボイスはこんな方におす ...

続きを見る

 

また閉鎖系の声のトレーニングには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

このトレーニングは閉鎖系のミックスボイスの脱力を促します。

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

今回は強いミックスボイス・声帯閉鎖系の高音を手に入れるトレーニング「ネイ」・「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。   特に鳴りの強い声や閉鎖系の声を鍛えるのにいいトレーニン ...

続きを見る

 

閉鎖系のミックスボイスの出し方・見つけ方についてはこちら

【閉鎖系ミックスボイス】の出し方・練習方法|鳴りの強い声や金属的なミックスボイスについて

今回は強い閉鎖のミックスボイスや鳴りの強いミックスボイスといった閉鎖系のミックスボイスの出し方について書いていきたいと思います。   ミックスボイスも色々な種類に分けられるのですが、今回強い ...

続きを見る

 

まとめ

小渕健太郎さんのように歌うには

小渕健太郎さんのように歌うポイント

ポイント

閉鎖系のミックスボイスを身につける

が重要です。

 

コブクロ 黒田俊介の発声・歌唱力 太く強いミックスボイス【歌声・歌い方解説】

今回はフォークデュオ「コブクロ」のメインボーカル黒田俊介さんの歌声について書いていきたいと思います。 黒田さんといえばコブクロのメインボーカルとして活躍されていますね。   もちろん相方の小 ...

続きを見る

 






オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.