声や歌について

喉仏の上下と発声の関係性|高音で喉仏を下げろは正しくない?

投稿日:2018年8月30日 更新日:

今回は喉仏の上下について書いていきたいと思います。

色々な本や、ボイストレーニングの教えで「喉仏は上げてはいけない」という教えがあります。

 

この教えは別に間違っているわけではないのですが、結論個人的にはどっちでも良いと思っています。

喉仏の上下が何に影響しているかという方が重要ですね。

 

今回はそんな「喉仏の上下」について書いていきたいと思います。

喉仏の上下は喉の空間=共鳴の空間=声の深さ

ココがポイント

喉仏の上下は何に影響しているかというと

喉の空間=共鳴の空間=声の深さ

に影響しています。

 

分かりやすくいうと声の太さなんかにものすごく影響があります。

 

例えば

例えば、喉仏を意図的に下げてみましょう。(喉仏を手で触ることで下がりやすくなります。)

音程は楽な音程でもいいので、とりあえず喉仏を下げた状態で声を出してみましょう。

おそらくは、自分の標準の声に対して、太い声・深い声になると思います。

これは喉仏が下がることで喉に空間ができるので、太い声や下に響きやすい声になるのです。

 

例えば

今度は逆に喉仏を上げてみましょう。

楽な音程で意図的にあげるのは少し難しいので手を使いましょう

喉仏を斜め上に押すように手で上げましょう。(無理しないように注意です。)

そのまま声を出すと少し高めの声で、潰れたような声や浅い響きの声、明るい響きの声、ヘリウムガスを吸ったような声になるはずです。まぁこれは細い声ということができますね。

喉仏が上がると喉に空間ができすに、細い声になるのです。

 

つまり、喉仏は声の太さに影響するものであるということです。

もちろん喉仏が分かりにくい子供や女性でも基本的には同じです。

 

深い響きを身につけるためのトレーニングについてはこちらの記事に書いているので、興味のある方は参考にしてみてください。

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

 

なぜ「喉仏を下げろ」?

なぜこのような教えがさせるのかというと喉仏を下げて喉を開かせるためです。

特に高音域の練習なんかではそう言われることが多いでしょう。

 

ココがポイント

そもそも高音域でうまく発声できない人というのは、声帯の締まりと一緒に喉も締まります

その喉が締まる過程では当然喉仏が上がってしまいます。

筋が立った喉と一緒に喉仏も上へ上昇します。

つまり、喉仏を下げるという意識の力で喉を開かせようとしているのです。

喉仏の力で喉を開けようという意図ですね。

 

理屈もしっかりとしていて、問題はないのですが。。。

 

問題点

この教えは特に間違いもないしっかりとしたものなのですが、一つ問題点が生じます。

 

問題点

それは「喉仏が上がっているから喉がしまっているわけではない」という可能性は十分にあるということです。

つまり、「喉がしまっているから喉仏が上がっている」のであって「喉仏が上がるから喉がしまっている」ということでないということです。

 

一見同じように思えますが、違いますね。

「喉がしまっているから喉仏が上がっている」場合、喉仏を下げても喉が締まるのではないしょうか。

もしくは、高音域が苦手な人は下げることもできないのではないしょうか。

 

ココがポイント

つまり喉仏どうこうではなく、単純に声帯のみをコントロールする能力不足により喉が締まり結果として喉仏が上がっているということです。

なのでここで喉仏を下げようとしても、なかなか下がらないでしょうし、下がっても喉が締まる力と対立して苦しいはずです。

だからこそ、下げれるようになった時は喉が締まらなくなった時だと言えるでしょうが、アプローチの仕方としてどうかと思うのですね。

 

要は喉仏を下げようとするのではなく、声帯をコントロールする力を身につけることで喉が締まらなくすることの方が正しいアプローチのように思えるのです。

もちろん、「喉仏を下げろ」が間違いだとは言っていません。

 

原因と目的と練習が意味あるものでないといけないということです。

 

喉仏をコントロールするトレーニングは声を出さなくてもできます。声を出さないトレーニングについて詳しくはこちらの記事に書いているので、参考にしてみてください。

声を出さないボイストレーニング方法

今回は声を出さないボイストレーニングというものについて書いてきたいと思います。 「声を出さないボイストレーニング」というものがありますね。 果たしてそれをボイストレーニングと呼べるものかどうなのかの議 ...

続きを見る

 

ボイストレーニングに必要な【おすすめグッズ】

呼吸・横隔膜を鍛える『POWER breath パワーブリーズ』

こちらのグッズは呼吸、特に横隔膜にかなりの負荷を与えてくれます。

スポーツにも使われるグッズです。

普通のボイストレーニングでは実現できない負荷があるので、呼吸を鍛えるのにはぜひお勧めできる最強グッズです。

 

種類によって超重負荷・重負荷・標準負荷・中負荷・低負荷とありますのでお好みで選んでください。

歌は「息」で決まります。↓

 

 

Be−Vo[ビーボ]

発声練習を手助けしてくれるボイトレグッズです。よく割り箸をくわえてトレーニングするとか言いますが、商品だけあって割り箸より100倍いいです。割り箸は箸ですもんね。

 

使い方やトレーニング方法も記載されているので自分でトレーニングすることができます。

使い方も豊富で値段も安いので、『声を良くしたい・滑舌を良くしたい・表情筋を鍛えたい』という方にはピッタリのアイテムです。↓

同じような商品です。Be−Voとあまり変わりませんが、こちらはケース付きです。

個人的にはBe−Voがオススメですが、まぁお好みで。↓

 

肺活量グッズ

『パワーブリーズ』以外にも肺活量・呼吸を鍛えるグッズはあります。

パワーブリーズは最強グッズなのですが、お値段がそこそこしますので、「そこまで本気じゃないんだよなぁ」という方もいるはずです。

 

「でも声はよくしたいから、安くて鍛えられる商品が欲しい」という方にオススメです↓

 

 

BeQu 鼻筋セレブ ノーズアップピン

こちらはボイトレグッズではなく、本来は美容グッズです。

鼻筋を綺麗にするという『amazonベストセラーの大人気美容グッズ』なのですが、実はこれがボイストレーニングに使えます。

 

というのも装着中はほとんど鼻をつまんでいる状態になります。この状態で声を出したり、ボイストレーニングすることで「逆ハミング練習」ができるのです。歌には必須の鼻腔共鳴を鍛えることができます。

いいトレーニングだけに道具があると楽ですね。

「逆ハミング練習」についてはこちらの記事後半に。

 

まぁ、自分の手で鼻をつまめばできるんですけどね。そんなこと言ってしまうと、パワーブリーズだって手でできますし、Be−Voだって指を噛めばできます。

便利ゆえに道具を使うのです。

 

とりあえず、鼻腔共鳴+鼻筋綺麗一石二鳥です。

本来は美容グッズですが、ボイトレにも活用できるのがいいんです。

ボイトレしながらイケメンや美女になりたい方にオススメです↓

 

もちろんただの鼻栓でもいいんですよ↓

でも、どうせなら少しでも『付加価値』があった方がいいじゃないですか。

 

ボイストレーニング本

ボイストレーニング本で声について詳しく学ぶことやトレーニング方法について詳しく学ぶことは歌がうまくなる近道です。

本に書いてあることを学び・実行していけば、100%歌が上手くなるとは言い切れないですが、間違いなくプラスになるでしょう↓

 

オススメのボイトレ本ランキングはこちら

 

一人deカラオケDX 防音マイク・BELTBOX

こちらはボーカリストのための防音グッズですね。

なかなか大きな声を出せない環境や近所に迷惑をかけられない環境にいる方も多いのではないでしょうか。

練習したくても声量が気になってできないという時にオススメのグッズです↓

 

アーティストの歌声解説一覧はこちら



オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

-声や歌について

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.