声や歌について

ミックスボイスの声量を上げる方法

投稿日:

今回は「ミックスボイスの声量を上げる方法」についてです。

実はミックスボイスに関しては、声量における重要なポイントが地声や裏声と違います。

なので地声では声量が出るけどミックスボイスの声量が出ないと悩んでいる人もいるはずです。

そんなミックスボイスの声量が小さい、出ないという方へ向けた内容です。

声区ごとの声量をコントロールしている主役の違い

実は声区ごとに声量をコントロールしている主役が違うと考えられます。

これが「ミックスボイスの声量が上がらない」原因かもしれません。

大きくは「地声・裏声」「ミックスボイス」で声量の大小を決める主役が異なります。

ポイント

地声・裏声」は『』が声量を決めています。

ミックスボイス」は『声帯』が声量を決めています。

この二つの違いを理解しないとミックスボイスの声量はいつまでたっても上がらないかもしれません。

地声と裏声は『息』が声量を決める

地声と裏声は『息』の量に比例して声量が増減します。もちろん裏声に関しては正しい裏声である必要があります。

例えば

音程は気にせず地声で思いっきり息を吐いて「はっ!!」と正拳突きする勢いで声を出してみましょう。当然大きな声量の発声になったと思います。もちろん裏声が開発されていれば裏声でも同様の現象が起こるはずです。

このように勢いよく息を吐くとわかりやすいのですが、嫌でも声量が大きくなります。息の量には逆らえません。強い息を声に変換したら当然大きな声になるということですね。

地声にしろ裏声にしろ、この二つの声区は基本的に息の量と声量は比例しています。

つまり、『息の量』が声量をコントロールしている主役ということです。

ミックスボイスは『声帯』が声量を決める

このようなミックスボイスを語るとき付きまとうのが「ミックスボイスの定義問題」ですが、僕は『地声における声帯伸展の限界を超え、声帯閉鎖(収縮)を必要とする裏声でない中高音発声』としています。

ミックスボイスとは『声帯伸展の限界を超え、声帯閉鎖を必要とする中高音発声』

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について徹底考察します。(*そもそも喉や声帯の動きは科学的に解明されていないことも多くあるのであくまで考察としてお楽しみください。) 実はミックスボイスというものは ...

続きを見る

ここでは詳しいことは置いておきます。

ミックスボイスは高音を発するために一定の声帯閉鎖(収縮)を必要とするので、基本的に声帯が息の圧力を支える割合が地声や裏声と比べると強くなります。

つまり『声帯が息の圧力を強く支えて、口から出る息の量自体は少なく』なります。

そのような状態で息を強く吐こうが関係ないですね。

だって一定の圧力を声帯がある程度締まって支えている状態なのですから、その状態に息を強く吐いても『声帯が支えられずに割れる』もしくは声帯がコントロールできる人は『声帯がそれをさらに支えるために動く』だけですから。もし声帯がコントロールできてそれを支えるために動くのならその時点で大事なのは『声帯』と言えます

ミックスボイスは「声帯が息の圧力を支える度合い」で声量が決まる

ミックスボイスにおいては「息の量」はあまり関係なく、声帯の状態が声量を決めています。

具体的には『声帯が息の圧力を支える閉鎖具合』が声量を決めています。

つまりミックスボイスの声量を上げるには声帯部分をより閉鎖(収縮)させる必要があるということです。もちろん声帯なので余計に締めるのではなく無駄なく締めるのがいいです。

ちなみに

息の圧力は結局息の量では?と感じる人もいるでしょうが、息の量が多いのと息の圧力が強いは全然違うのです。

試しに息を止めた状態を前提にして息を吐こうとしてみてください。喉のあたりの強く息の圧力を感じるはずです。蓋をしてしまえば圧力をかけるのは簡単なのです。それを声帯でするのが難しいのですね。

ミックスボイスの声量アップトレーニング

ミックスボイスの声量アップのためには『声帯閉鎖(収縮)』が必要ということがわかったと思います。

つまり声帯をしっかりと締めて鳴らせるようになる必要があります。

しかし、声帯コントロールがない場合は声帯をしっかりと締めるとおそらく余計に締まってしまうと思います。

この場合声帯をしっかりと締める(鳴らす)ことを大前提の脱力を促していくようなトレーニングがおすすめです。

「ネイ」「ヤイ」トレーニング

力まず強い高音を出すための「ネイ」「ヤイ」トレーニング

今回は強いミックスボイス・声帯閉鎖系の高音を手に入れるトレーニング「ネイ」「ヤイ」トレーニングについて書いていきたいと思います。 特に鳴りの強い声や閉鎖系の声を鍛えるのにいいトレーニングです。当然閉鎖 ...

続きを見る

「グッグトレーニング」

『グッグトレーニング』で太い高声を身につける

今回はボイストレーニングでは「グッグトレーニング」について考察していきたいと思います。世界的に有名なボイストレーナーのロジャー・ラブ氏の著書にあるトレーニングで有名なグッグトレーニング。 グッグトレー ...

続きを見る

がおすすめです。

結論

結論

地声・裏声の声量は「」が重要

ミックスボイスの声量は「声帯」が重要

です。

そしてミックスボイスの声量を上げるには声帯の動きをどうにかするしかないということですね。

『3種類のミックスボイス』の出し方や練習方法について

今回はミックスボイスの具体的な出し方や練習方法について『太いミックスボイス』『閉鎖系ミックスボイス』『綺麗系ミックスボイス』とミックスボイスを大まかに3種類に分けて書いていきたいと思います。 ただ、ミ ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 当サイトでは歌唱力アップのための様々なトレーニングや研究考察などを紹介しています。 例えば「〇〇のためには〇〇トレーニングがいい」みたいな感 ...

5

今回はオススメの音楽配信サービスアプリについての紹介です。 音楽配信アプリは当然音楽を聴くもので、単純に考えると娯楽の範囲でしょう。ですが、「音楽的感覚・感性」という部分の成長は音楽をたくさん聴くこと ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.