歌唱力アップ

声が出る仕組みについて【発声能力を紐解く】

更新日:

今回は『声が出る仕組み』から『発声能力』について紐解いていきます。

声が出る仕組み

声はまず3つの要素に分解できる。

それが「息」「声帯」「共鳴」でそれぞれ音色の「原動力」「調節」「増幅」という役割を持っている。

  1. 肺が空気を送り出す
  2. その空気によって声帯が振動する
  3. 振動によって生まれた音が空間(咽頭腔・鼻腔・口腔)によって響く

というのが声が出る仕組みです。

こちらの動画がイメージしやすいです↓

この3つの要素を順番に掘り下げます。

①「息」について

息を吸ったり吐いたりする部分は『肺』ですね。

で、その肺をを動かす主な主役は「横隔膜」と「胸郭」。

この『どちらを主体として呼吸するか』というのが「腹式呼吸」や「胸式呼吸」と言われますが、基本的には両方動くものです。

横隔膜は意識で動かせる自由度が高いのでその点で腹式呼吸に焦点が当たることも多いですね。

 

歌においては「呼吸方法そのもの」が大事というよりは、

  • 横隔膜を自由にコントロールできる=息のコントロール能力が高い

という点が重要だと考えられます。

横隔膜と発声の関係性について

続きを見る

 

息のコントロールとは

この二つの力は密接に繋がっていますので、基本的に片方だけが強いなどの状態はなく、両方強いか両方弱いかのパターンが多いでしょう。

 

発声能力においては、この『息の力』の能力だけが高ければいいわけではないが、一つ言えるのは、

  • 息の力が強くても損はない
  • どんな歌唱方法であれ、基本お得になる
  • 多くの偉大なシンガーたちが”最も重要なもの”として挙げることが多いもの

でしょう。

それくらい重要な要素の一つ。

息に声を乗せる【”息の重要性”とその連動ついて】

続きを見る

②声帯の仕組み

声帯の基本的な動き

基本的に、声帯は

  1. 伸縮(伸びる・縮む)の動き
  2. 開閉(開く・閉じる)の動き

の2つの動きがメインです。

 

こちらを見れば大体理解できると思います(*再生位置から〜声帯の開閉・声帯の伸縮。微妙に音もついてますのでイメージしやすいです。)

 

【伸縮の動き】

声帯が伸びたり縮んだりして音程を調節しています。

伸びたら音は高くなり、縮んだら音は低くなる。

声の音程を調節する仕組みについて【声帯伸展と声帯収縮】

続きを見る

 

【開閉の動き】

声帯が開いたり閉じたりして、鳴り具合を調節しています。

閉じ具合が強ければ強いほど強く鳴る。開くにつれて弱くなっていき、完全に開くと息だけになる。

芯のある声を作るのは「声門閉鎖」

続きを見る

 

声区(声帯のモード切り替え)

簡単に言えば『声区』とは全く違う声帯の使い方・鳴らし方を区切るもの

声帯の構造上、基本的な声区は

  1. 地声
  2. 裏声

の二つ。

よくわからない人は断面でみると分かり易い(*再生位置・Chest Voiceは濃い赤部分(声帯筋)が打ち合う(動く)が、Falsettoの時は打ち合わない)↓

このように人間は大枠、

  1. 地声
  2. 裏声

という2種類の声帯のモードを切り替えることができます。

 

ということは、先ほどの”声帯の基本的な動き”と掛け合わせると、

こんな感じになります。つまりこの分だけ音色の表現があるということになります。

声区や発声表現のまとめについてはこちら↓

発声方法や歌唱スキル・テクニックについてのまとめページ

続きを見る

 

これでほぼほぼ大枠の声帯の状態を捉えられるのですが、もう一つ声の出し方にちょこちょこ関わってくるのが『仮声帯』。

仮声帯は声帯とは別の器官で、

  • がなり声
  • シャウト
  • デスボイス

などで使う部分です(*再生位置:False vocal cord)↓

 

主に咳や咳払いをする時とかに鳴る(動く)部分で、ガラガラ・ゴロゴロ鳴ります。

発声時にこれを使う度合いで音色が変わります。

  • 仮声帯を”使わない”→【普通の発声】
  • 仮声帯を”弱めに使う”→【がなり声・唸り声・怒鳴り声】
  • 仮声帯を”強めに使う”→【デスボイス】

という感じ。

がなり声の出し方【仮声帯発声についての考察】

続きを見る

なので、最終的に声が出る仕組みにおける声帯部分はこうなる↓

③共鳴について

発声における共鳴腔

具体的な構造はこちらで↓

 

【鼻腔】

基本的に大きくできない。軟口蓋(動画*1:07〜)の開き具合などで決まる。開きっぱなしがいわゆる「開鼻声」

上方向への声の抜け感や丸みを作る。

 

【口腔】

上アゴ(軟口蓋〜硬口蓋)と舌・下アゴの開きで作る。

これと口に開きで音色の印象を決める(明るい〜暗い)。

 

【咽頭腔】

共鳴としては一番コントロールできる部分。

喉頭(喉仏や声帯がある部分)位置〜口腔あたりまでの空間で作る。

クラシックの発声ではこれを最大化させる(マイクがないので)。

発声における3種類の共鳴について

続きを見る

発音

もう一つ「発音」という面も共鳴の一種ですね。

  • 舌の使い方
  • 歯の使い方
  • 口・顎の開き具合

などなども共鳴腔に影響しますし、声の音色を作っている要因の一つです。

発声は「息」「声帯」「共鳴」3つの総合力が大事

ここまで分解してきた3つの要素は全部繋がっています。それぞれが密接な関係性にあると言えるでしょう。

つまり、考え方次第では

  1. 「息」と「声帯」をつなぐ能力
  2. 「声帯」と「共鳴」をつなぐ能力

があるとも考えられますね。

全部が大事という意味合いはもちろんのことですが、この連動する力そのもの』も重要だと考えられます。

つまり、発声能力というものは3つの能力でもあるが、5つの能力でもあると考えることができる。

【「息」と「声帯」をつなぐ能力】

これは『息と声帯の連動性』の問題。

息だけをひたすらに鍛えても声帯の連動を意識しないと息を活かせない。

息の流動性のある歌声の追究【美しい発声のために】

続きを見る

 

【「声帯」と「共鳴」をつなぐ能力】

これはピンとこない人もいるかもしれませんが、「声帯の動き」と「共鳴腔」も連動しているということです。

わかりやすい例で言えば『喉締め発声』。

声帯だけの力で高音を出すことができないので、喉周りを締めて高音を発声する。

これを”共鳴の視点”で考えると、喉締めで咽頭腔が狭くなりすぎることによって音色に魅力がなくなったという風に考えることができます。

つまり、

  • 『喉締め=魅力がない』ではなく、『喉締め=共鳴空間が狭くなりすぎる=魅力がない』が正確

ですね。

 

これを逆に言うと、

  • 共鳴腔さえ作ることができれば、喉締めでも魅力的になる可能性がある

と考えることができるわけです(*基本的に難しいですが、そういう人もいますね)。

 

このように声帯と共鳴は間接的に繋がっていますし、動きが連動するのでその間をつなぐ能力があるとも考えられます。

優先順位

こんな感じかと。

①②③の甲乙はつけ難いところもありますし、人によって変動する部分はあると思いますが、やはり核は声帯でしょう。全てに関連してきますから。

 

「共鳴」部分の優先順位は低い。

なぜならポップスにおいてはそれ以前で80%くらい音色の良し悪しが決まると考えられるからです。

*あくまで

ポップスにおいてです。クラシックは50%くらいでしょう。声を届ける距離感が違う発声方法なので、共鳴も重要になる。

ポップスの発声とクラシックの発声の違い【完全に別物と考えるべき】

続きを見る

『綺麗な音色はどう響かせても綺麗ですし、悪い音色はどう響かせても悪いまま』なのですね。

もちろん、共鳴を工夫することで結果的に声帯側が変化して音色が良くなることも考えられないことはないです。

 

あくまで、「共鳴が大事ではない」と言ってるわけではなく何かの改善を考えるときは順番(優先順位)が大事ということ。

共鳴は『作られた声をどういうテイストにするか最終的に決定する』ものかと。

 

つまり「音色の段階」の質がプロと一般人の発声の差になるとも考えられます。

プロの歌声と一般人の歌声の違いの『核心』について

続きを見る

-歌唱力アップ

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.