【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

声や歌について

歌における『脱力』の正しい意味とは?

投稿日:

今回は歌やボイストレーニングの中でよく使われる言葉である「脱力」について書いていきたいと思います。ボイストレーニングではよく「喉に力を入れてはいけない」「力が入っているから脱力するんだ」みたいなことが言われます。

この脱力というのは歌において重要なものであり、欠かせないものです。でもこの「喉を脱力しろ・喉に力を入れるな」って結構曖昧な言葉ですし、誤解を招きやすい言葉でもあるように思っています。

今回はそんな『喉の脱力』について詳しく掘り下げて行こうと思います。

『喉の脱力』の真意

脱力はよく高音発声のトレーニングで教えられることが多いですね。高音発声は喉が締まったりして力が入ってしまうことが多いですからね。とういうときに「脱力しましょう!」と教えられます。もちろんそれはそうなのですが、解釈を間違えてはいけません。

脱力とは

「喉の脱力」とは「余計な力を無くし声帯のみを上手くコントロールする」こと

です。つまり「喉を脱力しなさい。力を抜きなさい。」という教えは「喉を締めず(余計な力を入れず)に声帯だけを上手くコントロールしなさい」ということです。

ここで多く誤解が生まれます。よくある勘違いは声帯を含めた喉全体をガッツリ脱力したりすることですね。極端な場合は体全体の脱力を目指してしまったり。

脱力で重要なのはあくまで「余計な力」の脱力です。必要な力は脱力しなくていいのです。全く何の力もなくパワフルな高音が生まれるわけはないのです。

つまり脱力の真意は

脱力の真意は、「余計なところに力を入れないようにすること*ただし必要なところは力を入れてもいい」

と解釈しておくべきだと考えます。ではその余計なところはどこで必要なところはどこなのか?ということを理解することが重要ですね。

喉が締まってしまう原因

余計な力を理解するにはこの「喉が締まってしまう原因」を理解しておかなければいけません。

喉が締まってしまう原因は『声帯のコントロール能力不足』が主な原因です。声帯を動かす部分の柔軟性に欠けているので、その部分以外の力を借りて声帯を無理やり動かすのです。

特に高音発声時は声帯の閉鎖が必要ですが、声帯だけを柔軟に動かせない場合、喉の周辺を使って声帯を閉鎖させようとするので結果的に喉全体が締まるのです。

 

このような理由で喉が締まってしまいます。実はこれについてはかなり長くなってしまうので詳しい内容はこちらの記事に書いています。興味のある方はぜひ。

歌うとき喉が締まってしまう2つの原因と改善方法

今回は歌うときに喉が締まる理由について詳しく書いていきたいと思います。歌において喉が締まる状態になってしまう人は多いのではないでしょうか?特に高音発声は喉が締まるという方も多いと思います。 それで喉を ...

続きを見る

大まかな原因は上記の内容でもわかると思うので、これを理解するとどこが余計な力なのかが理解できますね。

脱力すべき部分(余計な力)

もうお分かりの通りこの声帯閉鎖を補助している喉の締まりこそ余計な力であり、脱力すべき部分です。「脱力しなさい!力を抜きなさい!」とはこの部分を指しているのです。

なのですが、こうなる原因は補助が必要なほどに声帯が上手く動かないことが原因でしたよね。つまりこの部分を言葉通りに単純に脱力すると声帯もひっついてきます。

 

だって喉は高音を出すために必要に応じて締まっているのですから。喉の力を抜こうとすれば高音には届きません。その能力がないのだから。だから力を抜いたって高音は出ないのですね。そして高音を出そうとすれば喉も一緒に締まってしまうという『どん詰まり状態』です。

このどん詰まり状態を脱するには声帯コントロール能力(声帯だけを動かす力)を身につけるしかないということになります。現状は声帯コントロール能力がないから喉全体が動く、つまり声帯だけを柔軟に動かせるように分離することで解決できると言えます。

そのための「脱力」なのです。つまり声帯と喉の分離こそ脱力の目的。

この分離こそ脱力の本当の意味であり、分離を目指すということは声帯の柔軟性・声帯コントロール能力を鍛えると言えるでしょう。

どうやって分離する(声帯コントロールを身につける)のか

そのためにボイストレーニングがあるのですね。考え方は二つあってどちらを主軸に置くかということです。

  • 脱力を主軸にして声帯を閉鎖させようとトレーニングするのか
  • 声帯閉鎖を主軸にして喉全体を広げるようにトレーニングするのか

という二つの考え方です。

例えばどちらかと言えばリップロールのようなトレーニングは一つめの脱力を主軸にして声帯を鍛えるトレーニングですし、「ネイ」「ヤイ」トレーニンググッグトレーニングは二つめの声帯閉鎖を主軸にして喉の余計な力を抜くトレーニングです。

別にどちらを主軸に置くのが正しいとか正しくないとかはないと考えます。どちらが合うか合わないかという問題だと思います。

そういう高音発声のアプローチと脱力に関しての2つの道筋についてはこちらの記事にまとめています。

高音発声の練習の道筋について|喉を締めてはいけない?

今回は高音発声における「喉を締めてはいけない」という教えについての考察とそれを踏まえた上での高音発声練習の道筋について書いていきたいと思います。よく「喉を締めてはいけない」だったり「喉に力を入れてはい ...

続きを見る

つまり、

この記事で言いたかったことは

『脱力』の意味を履き違えて練習しても成果は出ない。どこを脱力してどこをコントロールしなければいけないのか(声帯と喉の分離)が『脱力』の本当の真意であると理解することが重要

ということでした。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。それくらい歌におい ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.