歌声解説 歌声解説 女性シンガー

松田聖子の歌い方・歌唱力 美しい声とビブラートが特徴の歌声【歌声解説】

投稿日:2017年11月9日 更新日:

MUSIC PLANETボーカルオーディション2018

今回は日本のアイドル界の歌姫:松田聖子さんについて書いていきたいと思います。

アイドル時代から現在に至るまで、多くの曲を世に残してきた松田聖子さんですが、注目すべきはその歌声。

 

別に現在のアイドルを否定しているわけではありませんが、昔のアイドルは歌唱力が高い高い。その中でも松田聖子さんは群を抜いて高い歌唱力をしています。

そんな高い歌唱力の松田聖子さんの歌声を解析していきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声は綺麗でよく通るタイプ

松田聖子さんは若い頃から現在に至るまでやはり年齢に応じて話し声の高さは少しづつ低くなっていますが、綺麗でよく通る声だという点では変わっていません。

 

本当に綺麗でよく通る話し声を持っています。それでいてうるさくない。完璧ですね。

また、年齢の違いはあれど基本的には声は少し高いタイプですね。音域がやや高めの声帯を持っていると思います。

 

声質は声帯の閉鎖による声帯の鳴りがそこまで強くなく、息が流れやすい綺麗な声です。また鼻腔によく響く声なのもとく通る声を作り出している要因です。

 

歌声はバランス良く息が綺麗に流れる美しい発声

歌声は主に2種類の歌声を使っています。

地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類です。

主に地声・ミックスボイス中心の発声で、ファルセットを使うことはかなり少ないです。

 

低中音域は地声を使っています。

声質は非常にバランスよく、話し声をそのまま歌声に持ってきたような声です。息の流れが非常に綺麗で、鼻腔や軟口蓋など上方向への響きがとても綺麗です。

声帯の鳴りのバランスは楽曲やフレーズによって変えているのですが、しっかりと鳴らすことも息っぽく鳴らすことにも万能ですね。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。声帯閉鎖がやや強くなり、地声と比べ息の倍音よりも声帯の鳴りの倍音が強くなります。

非常にバランスの良いミックスボイス松田聖子さんの伸びやかな歌声の鍵となっている声です。

大抵の高音はこの声を使って歌っています。

 

地声からの声区の変化も非常に自然なので地声とも取ってしまいそうな声です。この声を使った後の語尾に声帯閉鎖を閉鎖させた後ほどきながら音程をしゃくりあげる「キュっ」とした音が鳴ります。

この声の使い方は松田聖子さんの大きな特徴ですね。

 

 

ファルセットは滅多に聴けないのですが、稀に使っています。

息の成分が多い綺麗に裏返ったファルセットというよりも息の多い柔らかいミックスボイスの性質を持っているファルセットです。

 

どういう歌い方か

ビブラートとヒーカップ(しゃくり)に大きな特徴

松田聖子さんは昭和歌謡全盛期からの歌い手というだけあってビブラートが深いです。

演歌歌手とまではいきませんが、最近の歌手と比べると深いビブラートです。

このビブラートが松田聖子さんのうまさは際立たせていますね。本当に心地の良いビブラートです。

 

また、先ほども書きましたが語尾で音程をしゃくりあげるようにしてニュアンスを作るのが非常に上手いです。

可愛いニュアンスを作る高等技術ですね。現在ではアニソンなどでよく使われるテクニックです。

 

実際の歌声で確認

「制服」で地声とミックスボイスを確認

 

歌声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

特有のしゃくり:

 

フレーズ

しがつからは とかいに〜 いってしまうあなたに うちあけたいきもちが〜 でも〜 のままで〜いいの〜 ただの〜 クラスメイトだから〜


非常に綺麗に繋がった地声とミックスボイスです。わかりやすい地声として息の多いフレーズを選んでみました。

後半はやや鳴りを強めていくために地声とミックスボイスの境目がわかりにくくなりますね。

 

「野ばらのエチュード」で特有のしゃくりを確認

 

フレーズ

し)らないまーちを たびしてみたい トゥルリラ〜 トゥルリラ〜 ひとりしずかに〜 あいをみつ〜めて はたちのエチュード

 

独特のしゃくりが非常にわかりやすいフレーズだと思います。音程をしゃくり上げながら、ミックスボイスによる声帯閉鎖が強まった後解けるような「キュ」とした音がなります。

 

どういう練習をすれば松田聖子のように歌えるか?

松田聖子さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

松田聖子さんのように歌うポイント

ポイント

バランスの良いミックスボイスを身につける

深いビブラートを身につける

息が綺麗に流れる発声を身につける

 

これが重要ですね。

では書いていきたいと思います。

バランスの良いミックスボイスを身につける

松田聖子さんはかなり綺麗な声をしていますので、まずはリップロールでミックスボイスを習得していく必要があると思います。

リップロールをすることで音域の切り替えも力を入れずにスムーズにおこなえるようになっていきます。

 

また息を効率よく声にしていく練習のもなります。松田聖子さんの歌は結構ロングトーンも多く息を結構使うので、良い練習になります。

【リップロールの効果】高音域やミックスボイス・歌唱力UPに欠かせないトレーニング

今回はリップロールについて書いていきたいと思います。 ボイストレーニング界では有名なものなのですが、歌がうまくなるための近道とも言えるトレーニングなのです。   もちろん歌だけでなく、声を仕 ...

 

ビブラートの練習はモノマネと鍵盤で

ビブラートの一番の練習法はモノマネすることです。よく聞いて一緒に歌ってみる。それが一番の方法です。ビブラートは人によって個性が出るので近づきたければ真似してみるのが一番です。

ビブラートできない人でも真似しているうちにできるようになってきますよ。

 

しかし、なかなかそれでもできないという人はピアノを使って半音づつ交互に鳴らしてそれに合わせて歌う。それを高速でやるように練習することでビブラートの感覚がつかめてくると思います。

 

詳しくはこちら

ビブラートの練習方法|出し方は?喉を使う?横隔膜を使う?

今回はビブラートについて書いていきたいと思います。 歌の技法として有名なビブラート。やはりビブラートがかかっている歌声ってかっこいいですし、憧れますよね。 カラオケの採点でも高得点を狙うには必要なもの ...

 

息が綺麗に流れる発声を身につける

松田聖子さんは基本的には声帯閉鎖よりも息が流れるタイプです。もちろんミックスボイスを使うときは閉鎖感も強まりますが、息の多いフレーズは多いです。

 

息が綺麗に流れる発声には息と声との連動が重要です。

息と声とを連動するには「スー」「ズー」トレーニングが最適です。

 

詳しくはこちら

「スー」「ズー」トレーニング|息と声の連動で通る声を手に入れよう

今回は通る声を身につけるトレーニング、息の多い声を身につけるトレーニングの「スー」「ズー」トレーニングについて書いていきたいと思います。 息の多い声というのはとても重要です。歌のみならず、話し声でさえ ...

続きを見る

 

まとめ

松田聖子さんのように歌うには

  • バランスの良いミックスボイスを身につける
  • 深いビブラートを身につける
  • 息が綺麗に流れる発声を身につける

というところが必要です。

そのほかにもピッチがすごく良かったり言葉の発音が綺麗だったりするので一朝一夕では近づけないのですが、冷静に分析すると近づきやすくなります。






-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.