歌声解説 歌声解説 男性シンガー

セカオワ Fukaseの歌い方・歌唱力【歌声解説】

投稿日:2017年10月29日 更新日:

今回は大人気バンド、セカオワことSEKAI NO OWARIのボーカルFukaseさんの声について書いていきたいと思います。

セカオワといえば独特の世界観を持った楽曲を多く世の中に送り出しているアーティストです。

 

その独特の世界観を作り上げているのはもちろんメンバー全員なのですが、ボーカルのFukaseさんあってのことでしょう。

あの優しい歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなFukaseさんの歌声ついて書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

話し声・地声の音域はやや低めで、咽頭共鳴の強い声質

地声・話し声の音域はやや低めの音域ですね。歌声で使っている音域とは違い、やや低めの音域を持っているように感じます。

 

声質はどちらかと言えば声帯の鳴りがしっかりと鳴る声質ですね。息はあまり流れない声質の話し声です。歌声とは随分違います。

共鳴は咽頭共鳴(下方向への響き)が強く、低音域が鳴りやすい共鳴です。これも歌声とはかけ離れていますね。

 

 

歌声は柔らかく優しいミックスボイス中心の発声

歌声はミックスボイス・ファルセットの2種類を使っています。

 

低・中・高音域とミックスボイス中心の発声です。ほとんど地声と言われるような部分を使っておらず、ミックスボイス発声と言えるでしょう。

ミックスボイスの声質は柔らかい声帯閉鎖が特徴です。薄い声帯閉鎖によって柔らかい鳴りを実現させています。ミックスボイスなのでやはり息よりも声帯の鳴りが強いのですが、薄い声帯閉鎖によって柔らかで芯のある発声を作り上げています。

 

高音域はファルセットを使っています。そこまで頻繁に使うタイプではないのですが、綺麗な音色のファルセットで高音を抜いています。

 

どういう歌い方か

軟口蓋への響きが明るい

Fukaseさんは基本的には明るい響きの歌い方ですね。

口や口の中の空間は横方向への開くようなニュアンスが強いのも、明るく聞こえる要因の一つです。

響きの意識を上方向へ持っていき、下方向への響きを消していくとFukaseさんのような明るい発声に鳴っていきます。

 

言葉の発音もしっかりと発音しているので、明るく優しいニュアンスが出ています。

 

ビブラートはかけるタイプではなく、基本的にまっすぐに歌うタイプです。

 

実際の歌声で確認

「RAIN」でミックスボイスを確認

 

声の種類

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤字

 

フレーズ

まほうはいつかとけるとぼくらはしってる つきがさいて たいようがいまかれた かさをさしだす きみにうつる ぼくはぬれてない

 

基本的にミックスボイスの発声なので、全てミックスボイスですね。こういう地声の人もいますが、Fukaseさんんの場合、話し声とは声帯の使い方が違うのでミックスボイスですね。よく聴くと全ての発声が薄い声帯閉鎖により柔らかい鳴りの倍音が入っているのがわかります。

 

声帯閉鎖が薄いのでもちろん息も流れますが、鳴りの倍音の方が表に出てくるのがミックスボイスの特徴ですね。

平井堅さんなんかも同系統の声の作り方ですね。

 

「ムーンライトステーション」でファルセットを確認

 

 

フレーズ

WOW トーキョームーンライトステーション ほしぞらにれっしゃがやってくる つきがきみをむかえにきたんだ このぎんがれっしゃはっしゃするまえに

 

赤字の部分がファルセットですね。「がはっしゃする」の「が」はミックスボイスとファルセットの中間のような微妙なニュアンスの声ですね。(当然ながら綺麗に線引きできない声は存在します。)どちらかと言えば、ミックスボイスかなというような「が」です。

 

どういう練習をすればFukaseさんのように歌えるか

Fukaseさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

Fukaseさんのように歌うポイント

ポイント

綺麗な柔らかい閉鎖のミックスボイスを身につける

明るい響きを身につける

 

この3つが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

綺麗な柔らかい閉鎖のミックスボイスを身につけるには

リップロール

Fukaseさんは声帯を薄く使ってしっかり芯がありつつ柔らかい発声のミックスボイスを使っています。

こういう柔らかい鳴りのミックスボイスを身につけるには「リップロール」の練習が最適です。

 

 

リップロールについて詳しくはこちらに書いているので参考にしてみてください

【リップロールの効果】高音域やミックスボイス・歌唱力UPに欠かせないトレーニング

 

息の多い発声を身につけてミックスボイスに織り交ぜる

ミックスボイスは基本的には声帯閉鎖の上に成り立つ発声です。(もちろん例外もありますが、声帯を閉鎖させないと高音にならないので)

柔らかい発声は息もしっかりと流してげないと固い発声になってしまいます。

 

息の多い発声を身につけるには「スー」「ズー」トレーニングが最適です。

このトレーニングは息と声を連動させたり、横隔膜を鍛えるトレーニングになります。

 

「スー」「ズー」トレーニングについて詳しくはこちら

「スー」「ズー」トレーニング|息と声の連動で通る声を手に入れよう

 

明るい響きを身につける

Fukaseさんのように明るい発声は口の開きも重要です。基本的には口をしっかりと横方向へ広げる意識をもつと、明るい発声になります。

 

ちなみに口を大きく開けて歌えとよく言われますが、開けるのと開けないのどっちがいいかという問題に関してはなんとも言えないです。

開けた方がいい場合もありますし、開けない方がいい場合もあります。

人によるということですね。

 

口の開け方で音色や表現が変わる|口の開け方と声の関係性

 

まとめ

Fukaseさんのように歌うには

  • 綺麗な柔らかい閉鎖のミックスボイスを身につける
  • 明るい響きを身につける

が重要です。まずはここから練習しましょう。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.