歌声解説 男性シンガー

菅田将暉の声や歌い方についての分析

投稿日:2018年2月27日 更新日:

今回は菅田将暉さんの歌声・歌い方についての分析です。

話し声の特徴

話し声の音域は低めくらいの音域

音域的に低めの声帯を持っているという印象です。

 

声質は「鳴りやすい」タイプの声質

声帯がジリジリ・ビリビリとしっかりと鳴りやすい芯のある声質と言えるでしょう。

 

共鳴は下方向への響き(咽頭腔)が広めで、骨格や喉の作り的に太く響きやすそうな印象を受けます。

持っている声帯

低めの音域・鳴りやすい声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

地声域はバランスの息と声帯の鳴りのバランスのいい発声です。

 

菅田将暉さんの話し声の声質などから考えると、息を多めに流すようなニュアンスの発声と考えられます。

さらりとした軽やかな声質と素朴なニュアンスのある発声です。

 

地声

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声。

低中音域に比べ、声帯の鳴りを強めてそこに息の圧力をかけるようにして中高音域を発声しています。喉全体は広がりある空間をしっかりと保っているので太い音色の声を作り上げています。

 

息の圧力で声を少し割るようにして、ザラついた倍音のある声質が魅力的ですね。

ミドル

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)。

さらりと抜くような高音域で使っています。

綺麗な鳴りのファルセットです。

ファルセット

歌い方

共鳴や音色

菅田将暉さんは話し声でも咽頭共鳴が強いので、それが歌声にも影響しています。

咽頭共鳴(下方向への響き)を比較的保ったまま歌うので太い音色を作り上げています。

 

ビブラート

フレーズにもよりますが、基本的にビブラートはあまりかけるタイプではないでしょう。

 

フレージング・歌い回し

大きな癖はなく、ベーシックに歌うタイプです。

俳優としても素晴らしい方なので、言葉の一つ一つに表現力がありますね。

どういう練習をすれば菅田将暉さんのように歌えるか

菅田将暉さんのように歌うポイント

ポイント

太い発声を身につける

これが重要です。

太い鳴りの発声を鍛える

菅田将暉さんのような広がりあるしっかりとした発声を鍛えるにはグッグトレーニング」が最適です。

グッグトレーニングは舌根をほぐし喉を開きながらの高音のトレーニングになります。

まずはこれで高音域まで太い発声を維持できるようにする必要があります。

 

音域を広げるトレーニングは筋トレのようにコツコツとしたものです。焦らずに少しづつ広げましょう。

また、咽頭共鳴をしっかりとトレーニングする必要があります。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.