歌声解説 女性シンガー

YUKIの声・歌い方・歌唱力についての研究

投稿日:2017年11月11日 更新日:

今回は元JUDY AND MARYのボーカル、現在はソロシンガーYUKIさんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

声質・発声方法について

話し声・持っている声帯の特徴

地声や話し声の音域は普通くらいの音域

声帯の音域のタイプはメゾソプラノ(女・中音)くらいだろうと考えられます。

 

声質は現在とバンド時代で随分違うのが特徴です。

JUDY AND MARY時代はほんのりガラガラとかすれるようなハスキーな成分を持つ声質

現在の声質はハスキーな成分が抜けて声帯の柔らかい鳴りが特徴の「鳴りやすい」声質

 

基本的にハスキーボイスの人は一生ハスキーボイスであることの方がほとんどだと思うのですが、珍しいパターンとも言えるのかもしれません。

相当努力されて声を変えていったのでしょうか?それとも自然に変わっていったのでしょうか。

 

共鳴は鼻腔方向へ抜けが良さそうな骨格・喉の作りを持っている印象です。

 

歌声の特徴

チェストボイス(地声)

低中音域

柔らかくもしっかりと鳴る地声域です。声帯を柔らかく柔軟に鳴らすようにして発声しています。

時代によって声質や発声が大きく違いますね。

 

地声

柔らかい鳴りの発声↓

ハスキーな成分を含む発声↓

 

ミドルレンジ(地声)

中高音域(≒ミドルボイス・ミックスボイス)

柔らかい声帯の鳴りと丸い鼻腔共鳴が特徴のミドル域の発声です。

 

息と鳴りが綺麗に混ざった柔らかい音色。その声を鼻腔に広く響かせることで丸く柔らかな歌声を作り出しています。

声の芯がしっかりとあり、それを柔らかくバランスよく鳴らしています。

 

ちなみにJUDY AND MARY時代は軟口蓋・上あご方向へ強く鳴らすことが多かったですね。

 

ミドル

後半の高音フレーズはファルセットっぽいですが抜き切らない柔らかい発声↓

昔はガツンとした鳴り↓

 

ファルセット(裏声)

高音域

高音域はファルセットを使うこともあります。

しっかりと芯があり、息の成分が少ないファルセットを使うことが多いです。

 

とは言えファルセットなのでYUKIさんの声の中では息の成分が多くなります。

 

ファルセット

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

響きの位置を上アゴと鼻の奥へ響かせることでYUKIさんらしい歌い回しをしています。

響きの位置がYUKIさんらしさを形成しているのですね。

 

響きに加えて、口や口の中の空間を大きく開けることで明るい可愛らしい声色を作り出しています。

 

声の方向が斜め後ろ↓

声の方向が斜め前↓

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではなく、まっすぐに歌っています。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

声色の作り方に加えて細かい声の表現力や感情表現も非常に上手いですね。

歌の演技力と言いましょうか、素晴らしい演技派シンガーだと思います。

 

どういう練習をすればYUKIさんのように歌えるか

YUKIさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

YUKIさんのように歌うポイント

ポイント

綺麗なミドル域を身につける

鼻腔共鳴を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきます。

 

綺麗なミドル域を身につけるには

本人がウォーミングアップしていたりボイトレしている映像がたまに流れたりしますが、YUKIさんがリップロールをやっている姿を結構目にします。

 

「汽車に乗って」のPVでもしていますね。

 

リップロールを毎日しっかりやっているからこそあの綺麗で柔らかな発声になっているのかもしれません。

ハミング練習で上の方への響きを手にいれる

あまり奥に行き過ぎないでしっかりと上への響きを手にいれるにはハミングの練習がベストです。

 

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.