サイト内検索

歌声解説 歌声解説 男性シンガー

BUMP OF CHICKEN 藤原基央の歌い方・歌唱力 閉鎖の強いミックスボイスで声量を出す 【歌声解説】

更新日:

今回は大人気バンドBUMP OF CHICKENのボーカル

藤原基央さんについて書いていきたいと思います。

BUMP OF CHICKENと言えば、多くの名曲を生み出している大人気バンドですよね。

楽曲の良さや、歌詞の良さなどで多くの人を魅了していますが、やっぱり藤原基央さんの声ですよね。

あの声があるからこそBUMP OF CHICKENという感じがします。

今回はそんな藤原基央さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質か

地声・話し声はやや低めで声帯の閉鎖感が強め

地声の音域はやや低めです。やや低めで声帯の閉鎖感も結構ある男らしい声です。

ただ、性格からなのかややボソボソ話しがちですね。笑

声質がどうとかいうよりも喉仏がかなり大きくしっかりとしていますね。

 

歌声は高めに聞こえる地声と高音はミックスボイス

歌声は大きくは2種類で使っていますね。

一つ目は、優しい低音域ですね。低音域なのですが、かなり高めの響きをしていて聴き心地の良い声ですね。

響きの方向が鼻腔方向なので、低音域でも高い響きを持っています。

二つ目は、強いミックスボイスですね。これは強いというより独特の閉鎖感を持ったミックスボイスです。

これがBUMP OF CHICKENの歌声という感じです。

独特の閉鎖感で言葉で表現しにくいのですが、ややシャウト気味で閉鎖感のあるミックスボイスです。

口の中の空間を限りなく狭くとって、潰れているような声ですね。深い声というものと逆方向に存在するような声です。

こういう書き方をすると悪く言っているようですが、そうではありませんよ。むしろ、あそこまでのどの空間を潰して声を出せるのはとてもすごいですね。

どういう歌い方か

口をあまり開けないタイプ

基本的に口を大きく開けて綺麗に発音することはないタイプです。

言葉をボソボソと歌っていくタイプです。(これも悪く言っているわけではありませんよ。笑)

言い換えると、言葉を歌うというよりも語るという感じで歌っているという感じです。

 

どういう練習をすれば藤原基央さんのように歌えるか

藤原基央さんのように歌うには、多くの音楽的要素が必要です。それだけ多くの練習が必要です。

しかし、要点を絞って練習することであの歌声に近づく近道になります。

藤原基央さんのように歌うポイント

  • 低音域は高い響きを身につける
  • 閉鎖感のあるミックスボイスを身につける
  • 口の開けない歌い方を身につける

ですね。では書いていきたいと思います。

低音域の高めの響きは軟口蓋を意識

低音域で高めの響きを出すには上方向の空間をしっかりと保たなければいけません。

軟口蓋をしっかりとあげておくイメージが重要です。

なっ郊外に響きをつけるトレーニングは「ヒ」に口の形でのトレーニングが最適です。

通る声・いい声を身につけるには「ヒ」トレーニング

閉鎖の強いミックスボイスを身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニング

閉鎖の強いミックスボイスを身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

「ネイ」「ヤイ」トレーニングでは舌根をほぐしながら高音トレーニングができるので、高音を鍛えることができます。

無理せずにトレーニングしましょう。

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

口をあまり開けない歌い方も必須

これも藤原基央さんの声に寄せていくには需要なファクターです。これに関しては意識して練習していくしかないので、より藤原さんを真似るように練習していきましょう。

ただし、人によって口を開けないのが合わない人もいますので注意です。

f:id:shoheihey:20171230210638j:plain

まとめ

藤原基央さんの歌声は、閉鎖感のあるミックスボイスと低音域の高めの柔らかい響きが重要です。

また、口を開けない歌い方というのも雰囲気を出すのに重要なのでしっかり意識しましょう。

 

 

他のアーティストの歌声解説はこちらです

 

-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.