【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 女性シンガー

Superfly 越智志帆の声や歌唱力についての分析

更新日:

今回はsuperflyのボーカル越智志帆さんの歌声について書いていきたいと思います。

superflyといえば、高い歌唱力と優れた楽曲で大人気のアーティストですね。

特にボーカルの越智志帆さんの歌声、歌唱力は圧巻ですね。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、バランスの良い声質

地声・話し声の音域は普通くらいの音域です。

音域的に高くも低くもないという普通くらいの声帯を持っているように感じます。

声質はバランスの良い声質と言えそうです。息の流れもあり、声帯もバランス良く鳴っている声質です。歌声はすごくパワフルな声も使うのですが、もともと持っている声自体はそこまで太さを感じない声ですね。

持っている声帯

普通くらいの音域・バランスのいい声質

歌声は声量のあるパワフルなミックスボイスが特徴的

歌声は3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

の3種類です。

地声

低中音域は地声です。

息が綺麗に流れる発声を使うことが多いです。

もちろん声帯もバランス良く鳴っているのですが、鳴り系の声というよりは息系の声を使うことが多いですね。Superfly初期の頃の方が鳴り系の声を使っています。フレーズ次第でいくらも変わりますが、「比較的」です。丸みのある柔らかな発声から強めな鳴りの声質まで使いこなしています。

地声

後半部分はわかりやすい地声です。高音部分は一部ミックスボイス。

ミックスボイス

中高音域はミックスボイスを使っています。地声の延長線上くらいの発声です。

声帯の鳴りの強いパワフルなミックスボイスを使いこなします。

喉全体はしっかりと空間を保っているので広がりあるパワーボイスをを出しています。咽頭共鳴(下方向への響き)をしっかりと作ることで喉の空間を作り出し太く声量のあるミックスボイスを作り出しています。

声帯の閉鎖に強い息の圧力をかけて出すベルティング系の発声と言えるかもしれませんね。

ミックスボイス

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

ミックスボイスを使うことが多いのでそこまで多く使われる発声ではないですが、綺麗に抜くような高音域で使われたりもします。さらりと息が流れる綺麗なファルセットです。いい試聴音源などがなかったのですが、「1969」などで使ってますね。

歌声

バランスのいい地声域・パワフルなミックスボイス・ファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

志帆さんは喉の共鳴空間を広く保つことで、太くパワフルな声を作り出しています。もちろんフレーズによっては優しく歌っているのですが、印象的なのはやはり太い共鳴ですね。

咽頭共鳴(下方向への響き)をしっかり響かせる発声は、太く声量ある音色を生み出しています。

近年は咽頭共鳴を「少し」弱めて、鼻腔や軟口蓋などに丸く響かせて柔らかくも強いニュアンスを出すことが多くなっています。変幻自在に共鳴をコントロールしています。

ビブラート

ビブラートは美しくコントロールしています。

フレージング・歌い回し・歌唱力

大きな癖はないのですが、静かなフレーズから壮大なフレーズまでダイナミクスのある表現力を持っていますね。

ピッチ感やリズム感も良く素晴らしい歌唱力を持っています。

どういう練習をすれば越智志帆さんのように歌えるか

越智志帆さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

越智志帆さんのように歌うポイント

ポイント

強いミックスボイスを身につける

深い共鳴を身につける

この2点が重要です。では練習方法を書いていきます。

強いミックスボイスを身につける

越智志帆さんのようにベルティング系の強いミックスボイスを身につけるのはとても難しいです。

声帯のみを綺麗にコントロールして強く、広がりある声を出せるようにならなければいけません。このような声をベルティングボイスと呼んだりします。

強いミックスボイスはグッグトレーニングや「ネイ」「ヤイ」トレーニングがオススメです。

音域を広げるのは筋トレのようにコツコツとしたものです。頑張りましょう。

深い共鳴を身につける

越智志帆さんは上方向への下方向へも共鳴がとても綺麗なのですが、印象強いパワフルな歌声は太さが重要です。太さを出すには咽頭共鳴が重要です。

ただ、越智志帆さんの場合鼻腔方向へも広がりを持つことで太い声質を作り出しているようにも思えます。深い響きのトレーニングはこちら。

上方向への響きのトレーニングは「ハミング練習」が最適です。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.