歌声解説 歌声解説 男性シンガー

WANIMA KENTAの歌い方・歌唱力 【歌声解説】

投稿日:2017年12月27日 更新日:

今回は大人気バンドWANIMAのボーカルKENTAさんの歌声について書いていきたいと思います。

WANIMAと言えば、大人気のバンドですよね。

かなり熱のある楽曲で多くの人を魅了しています。演奏や楽曲ももちろん素晴らしいのですが、何と言ってもKENTAさんの歌声ですね!

 

とてもパワフルで高音域です。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなWANIMAのボーカルKENTAさんに歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域はやや高めでややハスキーな声質をしている

地声・話し声はやや高めの音域です。高めの声帯です。あまり低い声は出せなさそうな高さの声帯を持っているように感じます。

 

声質は若干だけハスキーな性質をしています。声帯閉鎖の鳴りもしっかりとあるのですが、息も流れやすい声質です。

息が流れてハスキーな倍音が鳴っている話し声です。

 

歌声は閉鎖の強いミックスボイス

歌声は主に地声とミックスボイスの2種類ですね。

ミックスボイスをメインで使うことが多いです。

 

低中音域は地声を使っています。声帯閉鎖、息のバランスともに綺麗なバランスの声です。

楽曲にもよりますが、ほとんどミックスボイスで歌っているのであまり使われない声です。楽曲も高音系が多いですからね。ミックスボイスの合間に地声が時々現れるみたいな感じです。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。ほとんどがこの声を使っています。

閉鎖系のミックスボイスです。

閉鎖は強いですが、ハスキーな性質なのでいい具合に息が流れていて特徴的な歌声を作っています。ハスキーな性質を持っているからこそ声帯閉鎖の倍音よりも息の倍音が強く聴こえるのですね。

 

結構声を張ったりするので、歌声的に不安定なミックスボイスになりそうなのですが、かなり高いレベルで強い声をコントロールしているのがとてもすごいですね。

 

どういう歌い方か

明るい音色でパワフルに

KENTAさんは声質はハスキーでかっこいいパワフルな歌声ですが、音色の性質は明るい性質をしています。これは口の開きが大きいのと、共鳴が上方向(軟口蓋や鼻腔)中心だからですね。

基本的にはまっすぐに歌うタイプでビブラートはほとんど使っていません。 パワフルなこえを明るい音色でまっすぐに歌うことがKENTAさんの歌い方の鍵ですね。

 

実際の歌声で確認

歌声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

「やってみよう」で地声とミックスボイスを確認

 

 

一部フレーズ

ただ〜しい〜より たの〜しい ただ〜しいより おも〜しろい やりたか ったこと やってみよう しっぱいもおもいで〜

 

地声とミックスボイスの違いです。もともと持っている地声が高めなので、結構高いフレーズを地声で歌っていますね。そこからさらに声帯閉鎖を強めてミックスボイスに持っていっています。特徴的なミックスボイスはハスキー系の息の倍音と特有の閉鎖感があるミックスボイスです。

 

どういう練習をすればWANIMAのKENTAさんのように歌えるか

KENTAさんのように歌うのは簡単ではありません。多くの音楽的要素が必要です。

ですが、要点を絞ることで近づく近道になります。

 

KENTAさんのように歌うポイント

ポイント

閉鎖の強いミックスボイスを身につける

息のあるミックスボイスを作る

 

この二つが重要ですね。

では書いていきたいと思います。

 

閉鎖の強いミックスボイスを身につけるには「ネイ「ヤイ」トレーニング

閉鎖の強いミックスボイスを身につけるには「ネイ」「ヤイ」トレーニングが最適です。

「ネイ」「ヤイ」の発音は舌根をほぐし声帯を閉鎖させるトレーニングになります。

ミックスボイスを身につけるのに一番最適なトレーニングはリップロールです。しかしこれは綺麗なミックスボイスや柔らかいミックスボイスが身につけやすいです。

強いミックスなら「ネイ」「ヤイ」のトレーニングが最適です。

ミックスボイスが苦手な人や、まだまだという方はリップロールからの練習をお勧めします。

 

「ネイ」「ヤイ」トレーニングについて詳しくはこちら

【「ネイ」「ヤイ」トレーニング】のやり方・効果・練習方法について

 

リップロールについて詳しくはこちら

【リップロール】のやり方・効果・練習方法・理屈について

息のあるミックスボイスを身につけるには

声に息を混ぜていくにはドッグブレスの練習が最適です。

ドッグブレスの練習を続けることで自然と声と息が連動してきます。

 

ドッグブレスについて詳しくはこちら

【ドッグブレス】のやり方・効果・練習方法について

 

KENTAさんの声はハスキーな性質によって息が流れています。

しかし、普通の声の人がハスキーボイスになることは難しいのです。

そのため息を流してハスキーっぽくするしかないのです。

 

こちらに詳しく書いていますので参考にしてみてください。

ハスキーボイスになれるのか? 練習法はない。がそう聴かせる方法はある

 

 

まとめ

KENTAさんの歌声は、閉鎖の強いミックスボイスが重要です。これを身につければ、寄せていきやすいですが、KENTAさんはもう一つ「ピッチ」が優れています。強い声でもかなりのピッチコントロールをしています。

なので「ピッチ」を鍛えることも重要です。

まぁどんな時もピッチは大事ですね。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

アーティスト歌声解説一覧

※タグの集合ページです

オススメ記事

1

今回は少し変わった視点からボイストレーニング・歌や声の成長の方法を書いていきたいと思います。 変わったと言うより、少しずるい方法ですが。。  効果は抜群です。   ボイストレーニングは独学で ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本を書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学で独りでやっていくというのは難しいですよね。 「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。 グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリッ ...

4

今回はボイストレーニング教室の選び方について書いて行きたいと思います。 ボイストレーニング教室に通ってみたいと思ったことがある人も少なくはないはずです。 いい声で話したいですよね。カラオケでうまく歌い ...

5

今回はミックスボイスについて書いていきたいと思います。 ミックスボイスというものについて多くの疑問を持っている人は多いと思います。   そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はど ...

-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.