【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

ボイストレーニング 声や歌について

声が通る人・通らない人の特徴|改善やトレーニング方法

投稿日:2018年5月23日 更新日:

今回は『声の通りについて』書いていきたいと思います。通る声・通らない声というのはある程度の特徴があります。

声が通る人はあまり悩むことものないのでしょうが、声が通らない人にとっては「声の通り」は大きな悩みですよね。通らない声というのは、日常においても歌においてもいいことはほとんどありません。何かメリットありますか?あんまり思いつかないですね。

逆に通らない人はデメリットだらけで苦しいですね。人混みで話すだけでも疲れますし、名前を呼んでも気づかれないですし、お店での注文は訊き返されます。

それくらい声は通る方が断然いいのですね。そして声が通るようになりたいとトレーニングしている方人も多いはずです。通らない人は声の通る人の特徴をつかむことで、通る声に近づけるかもしれません。

今回はそんな声が通る人・通らない人の特徴、改善やトレーニング方法について書いていきたいと思います。

声が通る人の特徴

声が通る人の特徴

  • 声に含まれる倍音が多い
  • 共鳴が良く鳴る
  • 口の開きが大きい
  • 声の音域が高い

という4つがあります。一つづつ解説していきたいと思います。

声に含まれている倍音が多い

基本的によく通る声を持っている人は声に含まれている倍音が多いです。

倍音とは

倍音というのは音の成分のようなものです。音の芯の周りにある音色決める飾りのようなものです。ちなみに音の芯は「基音」といいその音の音階を決めています。ピアノとギターで同じ音「ド」を弾いた時に音色が違って聞こえますよね?これは倍音が違うから音色が違って聞こえるのです。

倍音について詳しくはこちらに書いているので興味のある方は読んでみてください。

人の声というのは息と声帯の振動(鳴り)で構成されています。この二つの倍音の成分が声の通りに大きく関わっています。特に重要なのは息の倍音の方です。こちらは人の耳に良く通ります。

つまり息が流れている声・息が多い声というのは良く通る声ということになります。

ココがポイント

息が流れている量が多ければ多いほどに声の通りは良くなります。

なぜかというと息が流れている倍音(息の倍音=子音系の倍音=高音系の倍音)は人の耳に入りやすいのです。声の輪郭もしっかりとわかりやすい状態で入ってくる倍音成分が多いのです。

また、単純な声量も当然息の量に比例します。例えば、リコーダーを弱く吹くとき強く吹くときどちらが音が強く鳴るかなんて言わずもがなですよね。強い息が流れるから、強い音が鳴るのです。声も声帯という弁を通る以上は息の量で音の鳴りが変わるのです。

咳とか、くしゃみってすごくうるさいですよね。良いか悪いか音が良く通ります。あれは息の量がすごく出ているからなのですね。

つまり

耳に入りやすい倍音成分が多いのと単純な声量も息が大きく関わっているので息が多い人の方が良く声が通るということになります。

声量を大きくするためには『息・声帯の鳴り・共鳴』の3つが必要

今回は声量を大きくするための3つのポイントとトレーニング方法というものについて書いていきたいと思います。 声量というものは歌うにしても話すにしても大きくて損をすることはほとんどないですが、小さいことで ...

続きを見る

例えば、ハスキーボイス系の人の声はかなり通りますよね?特に「話す」ということに関して言えば、ハスキーボイスは通りまくります。あなたの周りのハスキーボイスの人も声がよく通るでしょう?

あれは声帯の閉鎖が不完全で息が漏れる倍音が声の中に含まれるため特有の倍音を多く含むため聞き取りやすいのですね。話がうまい一流の芸人は大抵ハスキーボイスなことが多いですよね。よく通る=伝わる。から面白いということなのでしょうかね?わかりませんが、関係ないとは言い切れないでしょうね。

ハスキーボイスについての考察|ハスキーボイスになる方法はある?

今回はハスキーボイスについて書いていきたいと思います。ハスキーボイスといえば、喉が枯れたようなスカスカした声だったりガサガサした声だったりした声のことですよね。 ハスキーボイスな人は「普通に声になりた ...

続きを見る

逆に声帯閉鎖が強い声質(鳴りが強い)というのは通らない声になることが多いです。特に会話においては。もちろん一概には言えないですし、音量的には鳴りが強いということはいいことです。ただ、「音量が大きい」のと「よく通る」ということは少し違います

声帯閉鎖(声帯の鳴り)が強いとそれによる倍音はもちろん鳴ります。鳴りますが、言葉の輪郭がボケやすいのです(特に母音言語の日本語は特にボケやすいのです。もともと子音を強く発しないから)。お坊さんのお経なんかがそうですね。何言ってるかわかりにくいでしょう?つまり音としての音量はあるが、それが通る(伝わる)かどうかは全くの別問題なのです。

もっと極端に言えばエッジボイスで話すのと、息だけで話す(ヒソヒソ話をする)のなら圧倒的にヒソヒソ話で話した方が言葉を聞き取りやすいのです。誰かがヒソヒソ話しているのが妙に気になった経験は誰でもあるはずです。しかもあれ結構聞こえるんですよね。息(高音系の倍音・子音系の倍音)が多いからよく通るのです。

もし本当に聞かれたくなかったらエッジボイス気味に話すべきなんですね。それだけ息の倍音や子音系の倍音は人の耳に届くのです。

声の個性を作る「息」と「声帯閉鎖」について

今回は「息と声帯閉鎖」の関係について書いていきたいと思います。この「息」と「声帯閉鎖」というのは声の重要な要素です。声質を作り出している大きな要素です。この二つが声の質=音色の種類を決めていると言って ...

続きを見る

改善するための声と息のトレーニングはこちら

共鳴が良く鳴る

声が通る人の特徴に共鳴がいい、つまりよく響くという特徴もあります。

ココがポイント

声は体のいろいろなところに響いています。特に鼻腔や軟口蓋・咽頭などの場所は声が直接響く場所ですね。

通る声の人はこの空間が広いです。トイレットペーパーの芯を口に当てて声を出すより、アルミホイルの芯を口に当てて声を出したほうが大きい音が出ますよね。(例えが変ですみません。)共鳴する空間が広い(この場合長い)からです。

声が通る人というのは生まれつきにせよ訓練にせよ、この共鳴腔が広いことでよく響く声=大きな音が鳴る=よく通る声になっているのです。

共鳴は大きく分けると2種類の方向に分けることができます。上方向(鼻腔・軟口蓋)下方向(咽頭や胸)への響きです。

どちらの共鳴も重要なのですが、上方向へ響かせる声の人の方が通る声の人は多いですね。これは上方向へ響かせる方が音として高い周波数の倍音をよく響かせることができるからでしょう。それだけ音の輪郭(発音)がしっかりとしやすいのだと感じます。

逆に下方向への響きが低い周波数の倍音を強くするので、音は響くけど輪郭がはっきりしにくいこともあるかもしれません。(もちろん響くに越したことはないのですし、下に響く良く通る声もあります。)

英語圏の人は相対的に大きな声の人が多いですが、鼻腔共鳴の強さの影響は大きいと思います。

発声における3種類の共鳴について

今回は共鳴について書いていきたいと思います。共鳴は歌を歌う上でとても重要な要素ですね。歌においてのみならず、話し声においても重要です。 人間は喋るだけである程度は共鳴しています。ただ自然な共鳴というの ...

続きを見る

改善するための共鳴のトレーニングはこちら

口の開きが大きい

声が通らない人は口の開きが小さい人が多いです。小さくても通る声の人ももちろんいるでしょうが、口を大きく使っているのに通らない人はなかなかいないでしょう。

ココがポイント

これは大きく開くことによる共鳴の関係ももちろんあります。

それもありますし、単純に声の出口は広いほうが前に声が飛ぶのです。例えば、アルミホイルの芯を口に当てて声を出すよりも、応援などに使うプラスチックメガホンで声を出したほうが大きな声が鳴りますよね。これは声が出口に向かって広ろがりを持って共鳴しているからです。

つまり「=」こういう形状より「<」こういう形状の方が前に向かって共鳴しながら音が飛ぶのです。

ということは口はアルミホイルの芯ではなくメガホンの役割を果たした方が、よく通る声になるのです。口を大きく開くことで、しっかり発音できるので声の子音が立ちやすいということもあります。

口の開け方と声の音色の関係

今回は口の開き方と声の関係性について書いていきたいともいます。口の開き方は歌声の響き方や表現や声色に大きく関わっています。同じ音程、同じ声でも口の開き方の具合で、音色は大きく変化します。 なぜなら、声 ...

続きを見る

また口の開け方とは別に発音面でもはっきりと発音することは重要です。特に子音をくっきり作ることがよく通る声には重要です。特にカ行・タ行・サ行は重要です。

子音を強調する|カ行・サ行・タ行の重要性について

今回は「カ行・サ行・タ行の重要性」について書いていきたいと思います。 もちろん日本語はこれら以外にも子音はたくさんあるのですが、特にこの「カ行・サ行・タ行」が重要です。特に発音という面に関しては特に重 ...

続きを見る

改善するための発音系トレーニングはこちら

声の音域が高い

これは声が低い人にとっては悲しい現実ですね。もちろんこれだけが通る・通らないを決めているわけではないので、声が低くてもすごく通る声の人はたくさんいます

しかし、その他の条件(例えば、共鳴や声質や息の量)が全く同じなら声が高い方が通るのです。普段聴いている音楽でもベースの音よりギターやピアノの音の方が聞き取りやすいでしょう? チャイムや警報、着信音なども低い音はないですよね。音が高い方が音の輪郭もくっきりして、耳に入りやすいのです。

もちろん高すぎる音は別ですが、人の声で出せる範囲で考えれば高い方がいいということです。

ただ、話し声の音域を変えるはなかなか難しいです。意識的に高い音域で話しても自分自身が一番違和感を覚えるでしょう。なので話し声のフレーズの中に高い音程を作るようにして話すのがいいでしょう。関西弁や沖縄弁のようなイントネーションは高い音域を取りやすいので良く通りますね。

歌の音域は練習次第で広がります。

『音域を広げる方法』の徹底考察【声帯と息の重要性】

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

続きを見る

声が通らない人の特徴

声が通らない人の特徴はつまり、上記で書いた特徴の逆ですね。

声が通らない人の特徴

  • 声に含まれる倍音が少ない=息が少ない
  • 共鳴が弱い=共鳴腔が小さい
  • 口の開きが小さい
  • 声の音域が低い

これを理解することで、解決の糸口が見つかるかもしれませんし、上記で書いていたトレーニングで解決することもあると考えられます。

ただ、声が通らない人はもう一つ原因があると個人的には考えています。この場合の通らないというのはシンプルに声量がない人の場合です。これはただの個人的な説ですが。

それは声が通らない人(声量がない人)は耳がいい」という可能性があるということです。耳が良く聞こえるので自分の声も良く聞こえるのですね。例えば内耳共鳴(頭蓋骨を通じて直接聞こえる音)も大きく聞こえるのであれば、あまり大きな声を出さなくても自分には大きく聞こえるのでその分小さめに声を出したりしてしまうのではないかと考えられます。それが長年積み重なってそういう声の出し方が身についてしまうとかいうことが考えられます。

歌が上手い人の声の特徴について

今回は歌が上手い人の『声の特徴』について書いていきたいと思います。 もちろん、全ての人に当てはまる特徴なんてものはないですし、そもそも何を持って歌が上手いとするかを考えると別の議論になってしまいます。 ...

続きを見る

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-ボイストレーニング, 声や歌について

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.