【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

発声方法

力強い声の出し方についての考察

更新日:

今回は力強い声の出し方についての内容です。

この記事は

  • 力強い声とは?
  • 力強い声のポイント
  • 力強い声の出し方・練習方法について

という内容です。

力強い声とは

力強い声とはどういう定義でしょうか?

 

「力強い声ってどんな声なの?」と質問されると答えるのって結構難しいですよね。

個人的には

  • 声帯がしっかりと鳴る発声
  • 声帯に息の圧力をしっかりとかけた発声

という風に考えています。

 

本来『力強い』という感じ方そのものが人それぞれなので、極論を言ってしまえば「人それぞれ」となります。

しかし、それだと話が進みませんのでこのように定義していきたいと思います。

 

力強い声とはどんな声?【押さえるべきポイント】

『力強い声とはどんな声か?』を考えておかないと出し方や練習方法を考えることができません。

なのでどんな声が力強い声なのかをある程度確認しておきましょう。

 

このお二方は力強い歌声と言われる代表格のようなシンガーであると思います。お手本のような力強い歌声です。

クイーンの音源はリバーブ(エコー)が薄く音の数も少なく、生ボーカルが聴きやすい音源を見つけたのでどうぞ↓

このお二方の歌声には共通点がありますね。

両者とも「仮声帯」を使ってガラガラとした鳴りの発声をしています。

「仮声帯発声・がなり声」と言われるものです。力強い声に必須ではないとは思うのですが、これがあると十中八九『力強い』という印象を持つはずです。

 

仮声帯発声は「力強い声」というものに絶対必要ではないのでしょうが、それがあると大抵の人は力強いという印象を持つと思います。

つまり仮声帯発声をするとほぼ力強さを演出できると考えてもいいのではないでしょうか。

 

こちらのお二方はどうでしょう?

こちらも力強い発声と言えると思います。

中高音のミックスボイスをガツンと鳴らすような発声は力強く感じやすいと思います。声帯を綺麗に閉鎖収縮させてそこに息の圧力をかけて強い高音を鳴らしています。

では高音のミックスボイスであればいいのか?

というと全然そういうことでもないはずです。

 

柔らかい声

こちらのお二方の歌声は高音でミックスも使っていますが、力強さを感じる声でしょうか?

反対の事例を出すとどうしても批判している感が出てしまうのですが、そういうつもりは一切ないです。

裏声ではないですし、高音ですが、これは力強い声ではなく柔らかい声というジャンルだと思います。

 

なので裏声以外の発声で高音を発したからと言って力強くなるわけではないですね。

何が声帯の鳴りの柔らかさと力強さを分けているかというと、『声帯にかかる息の圧力の度合いです。

声帯が息をせき止めている度合いとも表現できそうですね。

 

この息の圧力が強ければ強いほどに力強い声になりますし、息の圧力がそこまでかかっていなければ高音であろうと柔らかい鳴りになります。

 

つまり息の圧力は力強さと密接な関係があると考えられます。必然的に息の圧力を強くかけるために、「声帯をしっかりと閉鎖させて鳴らす発声」でなければいけないと考えることができます。

 

要はどれだけ息を強く吐いても声帯がそれを支えないような発声(例えば息系の発声など)では、力強さは出ないということです。

低音とか高音とかはどうでもよくてとにかく声帯を鳴らすような発声であれば力強く感じます↓

逆に声帯をあまり鳴らさずに息が綺麗に流れるような息系の発声主体では「力強い」という印象にはならないと思います↓

力強さを感じるには声帯を強く鳴らすことが必須条件のように思います。

 

また、力強さの中にも印象があるように思います。特に共鳴の違いが力強く感じる度合いを変えているということもあるでしょう。

 

共鳴の違い

以下のお二方は上方向への共鳴を主体にした強い鳴りの発声↓

以下のお二方は下方向への共鳴を主体とした強い鳴りの発声↓

どう感じたでしょうか。

全て『力強い声』という括りでいいとは思うのですが、上方向主体の共鳴の方は明るく細い印象、下方向への共鳴の方は暗く太い印象になると思います。

 

まぁ僕の個人的な価値観では下方向への共鳴の方が太さなどの面から『力強さ』というものをより一層感じやすいような気もしますが、これは個人の価値観による感じ方の違いがあるでしょうから判断はお任せします。

 

共鳴も力強さの要因の一つになりうるかもしれないということです。

以上のようなことから

「力強い声」とは

  • 声帯がしっかりと鳴る発声
  • 声帯に息の圧力をしっかりとかけた発声

と定義したいと思います(*あくまでここでの定義です)。

力強い声の出し方

条件は

  • 声帯がしっかりと鳴る
  • 息の圧力をかける

でしたね。

 

ということはこの二つの条件を満たすように発声すれば「力強い声になる」と考えることができます。

なので、『強い息の力で強く声帯を鳴らす』。出し方と言えるようなものはそれぐらいなのです。

 

まぁ結局これが難しいのですが、、、、、。

とにかくやってみましょう。

 

力強い声の出し方

まずは強めにエッジボイスの状態を作ります。

  • 「あ”あ”あ”あ”あ”あ”・・・」

今、声帯はしっかりと鳴っていると言える状態です。声帯はなるべくこの状態をキープして息を勢いをどんどん強くして声にしていきます。

  • 「あ”ーーーーーー」

しっかりと声帯が鳴っている状態のままの発声を継続します。

 

ここから大事なのが声帯が息をせき止めている力(強めなエッジボイスの状態)があるにも関わらず、息を強めていかなければならないという矛盾を生み出さなけばいけないということです。

さらに息の勢いをどんどん強くしていくと理論上『力強い声になる』と思うのですが、どうでしょう?

 

「いや、できねぇ。」となりますかね。。まぁそうですよね。

そもそもこれでできたら言われなくても力強い発声ができるはずです。

 

力強い発声ができる人は『力強い発声をしようと思って』力強い発声ができます。そもそもこんな風に「声帯が、息が、圧力が、、、、」という思考回路ではなくてもできるということです。

逆にできない人は何かを工夫しようが意識しようが考えようが思うようにできないはずです(少なくとも今は)。

 

ココがポイント

ここで重要なのが「なぜできなかったか?」です。

『何が原因でできなかったか』を考えると練習方法が見えてきます。

おそらく息の勢いや息自体の力を強めることができなかったという人は少ないでしょう。

大抵の人は声帯が息の勢いを支えきれなくなって、

  • 声が割れる
  • 変な声になる
  • 声にできなくなる

など、人それぞれなんらかの道を辿ったと思います。

 

どれも原因は『声帯が息の勢いを支えきれなくなった』ということに起因すると思います。

そしてこれは声帯のコントロール能力がないから起こるのですね。

 

なので「力強い声」を出すには『声帯が息の圧力を支えきれるように』なる練習をするべきと考えられます。

 

力強い声の練習方法

声帯が息の圧力を支えきれるようになる練習とは言っても、個々の声帯の状態は様々ですからこれをすればいいと断言できるものはないと考えられます。

などなど考えられる練習方法は無数にあります。

これは自分で試行錯誤していくしかないと思います。

 

重要

鍵は「声帯が息の圧力を支えられる」ということです。これを目的にして、自分で試行錯誤して練習することが一番の近道ではあるはずです。

この目的をしっかりと押さえることが重要です。

 

また、力強さを出すために「がなり・うなり」のような仮声帯発声を出すことも効果的でしたね。

仮声帯発声は、声帯だけでなく仮声帯も含めて息の圧力を支える発声です。

 

 

-発声方法

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.