歌声解説 女性シンガー

aikoの声や歌い方についての分析

投稿日:2017年11月4日 更新日:

今回はaikoさんの歌声について書いていきたいと思います。

aikoさんと言えば女性から絶大な人気を誇るアーティストですよね。もちろん男性からも人気ですね。女性にとても共感される歌詞と表現力の高いボーカルで人気を誇っています。

その個性的な楽曲と歌声に魅了されている方も多いはずです。使うコードも難しいコードを使ったりしていますね。今回はそんなaikoさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域は若干高めの音域で、柔らかな鳴りの声質

地声・話し声の音域は若干高めの音域ですね。

ほとんど普通くらいの音域ですが、まぁ若干高めの声帯を持っているように感じます。声帯や喉周りの空間が小さいような印象を受けます。なので、細くて柔らかい声が出ていますね。どうやっても低い声は出せなさそうな、そんな喉をしているように感じます。

声質は柔らかい声帯の鳴りがある声質です。

息よりも声帯の鳴りが先行するような声質です。ただ、先ほども書きましたが持っている声帯が小さいので(そういう印象)、鳴りも非常に柔らかい印象を受けます。可愛らしいというか幼いような閉鎖感のある声質です。

つまり小さい声帯を鳴らしているような印象です。(大きければいいとか、小さければいいとか言うものではありません。)

持っている声帯

若干高めくらいの音域・柔らかい鳴りの声質

歌声は地声を活かした柔らかい鳴りの声質

歌声は2種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声
  • ファルセット

の2種類です。

地声

低中音域は地声を使っています。

話し声同様に柔らかい声帯閉鎖のある声質です。

ここでも息より鳴りが主体の声質なのですが、柔らかく鳴るのが特徴です。息っぽく歌っても薄い声帯閉鎖感があるミックスボイスみたいなニュアンスがある声ですね。

声区をほとんど変えずに、もしくはその変化がほとんど感じられないまま比較的高音域まで歌っています。ミックスボイスなのかそうでないのか微妙なところです。

地声

ファルセット

高音域はファルセットを使うこともあります。

高音域を綺麗に抜くときなどに使っています。このファルセットの声質は年代によって若干異なり、初期の方は比較的息が多め(aikoさんの中では)のファルセットですが、近年は薄い芯があるファルセットを使っており、ミックスボイス的なニュアンスも出しています。

ファルセット

「てっぺんきにら〜〜んで」

「きりすぎたまえがみ〜」くっきりとした柔らかな鳴りのあるファルセット系の発声ですね。

歌声

柔らかい鳴りの地声域・ファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の明るい音色作りがメインです。時々下方向(咽頭共鳴)へ響かせていることもありますね。

ビブラート

ビブラートはナチュラルにかかる時もありますが、基本的にはあまりかけるタイプではないですね。

フレージング・歌い回し・歌唱力

話すように歌うのがaikoさんの魅力ですね。歌声と話し声の差がほとんどないです。

常に一定の声帯の鳴りがあるので、話しかけているようなニュアンスが強いですね。aikoさんは常に母音系の柔らかい鳴りが先行しているので、語るようなニュアンスが強くそのために歌詞が伝わりやすいのかもしれません。

フレーズが長いことが多いのも特徴です。ロングトーンなどかなり長く伸ばします。

ピッチ感やリズム感も良く素晴らしい歌唱力です。

どういう練習をすればaikoのように歌えるか

aikoさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

aikoさんのように歌うポイント

ポイント

ミックスボイスを習得する

エッジボイスで声帯閉鎖をコントロールする

これが重要ですね。まずはここから練習していきましょう。

リップロールでミックスボイスでいろんな音域を歌えるように練習

リップロールで声を滑らかにしていく練習をしましょう。

この時地声ではなくミックスボイスになるように意識しましょう。ミックスボイスがよくわからない人はとりあえず高い声から低い声までリップロールで声を操れるようにしていきましょう。

リップロールの最大の効果は「声帯にかかる呼気圧を軽減させること」

今回はリップロールについて書いていきたいと思います。ボイストレーニング界では有名なもので、歌が上手くなるための近道とも言えるくらい多くの効果が考えられるトレーニングです。 リップロールの効果 息と声の ...

続きを見る

エッジボイスも完全習得

aikoさんは歌の中でエッジボイスを使うことも多いです。多用していますが、声帯がそんなに大きくないので小さなエッジボイスがかかります。

少しカラッとする程度ですが特にバラードなどで味を出しています。エッジボイスがより伝わる表現力につながるのです。

エッジボイスの真の効果は『声門閉鎖ではなく、声帯筋による閉鎖を鍛えること』

今回は「エッジボイス」について書いていきたいと思います。 「エッジボイス」という言葉。ボイストレーニングでは有名なものですが、聞き慣れないという方もいると思います。『エッジボイス』とは声の出し方の名称 ...

続きを見る

まとめ

持っている声帯

若干高めくらいの音域・柔らかい鳴りの声質

歌声

柔らかい鳴りの地声域・ファルセット

aikoさんの歌声はものすごい大きな特徴があるわけではないですが、オンリーワンの声質をしています。

低音域から高音域まで声区が一本化されているということと、語るようなニュアンスやエッジ感が生み出す表現力があるからでしょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 当サイトでは歌唱力アップのための様々なトレーニングや研究考察などを紹介しています。 例えば「〇〇のためには〇〇トレーニングがいい」みたいな感 ...

5

今回はオススメの音楽配信サービスアプリについての紹介です。 音楽配信アプリは当然音楽を聴くもので、単純に考えると娯楽の範囲でしょう。ですが、「音楽的感覚・感性」という部分の成長は音楽をたくさん聴くこと ...

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.