歌声解説 女性シンガー

aikoの声や歌い方の分析

投稿日:2017年11月4日 更新日:

aikoさんと言えば、絶大な人気を誇るアーティストですよね。

共感される歌詞と表現力の高いボーカルで人気を誇っています。

 

その個性的な楽曲と歌唱力に魅了されている方も多いはずです。

今回はそんなaikoさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域は若干高めの音域で、柔らかな鳴りの声質

地声・話し声の音域は若干高めの音域ですね。

ほとんど普通くらいの音域ですが、まぁ若干高めの声帯を持っているように感じます(もちろん年代によって変化しますが相対的に)。

 

声質は柔らかい声帯の鳴りがある声質です。

鳴りやすい声帯なのですが、強く鳴るわけではなく柔らかく鳴るような声質持っていますね。

持っている声帯や喉周りの空間が小さいタイプというような印象を受けます。

 

歌声は地声を活かした柔らかい鳴りの声質

チェストボイス

低中音域は地声

話し声同様に柔らかい声帯の鳴りのある声質です。

息より鳴りが主体の声質なのですが、柔らかく鳴るのが特徴。

 

aikoさんはもともとそういう声質の話し声を持っているので、特別何か変化させるというよりは話し声の延長線上で綺麗に鳴らしている感覚でしょう。

柔らかい鳴りをベースにして軽やかに発声しています。

 

地声

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

中高音をしっかりと出すために息の圧力をしっかりとかけて強く鳴らすようにしてミドル域を発しています。

低音域と音色的な変化があるタイプではなくそのまま高音域へ登っていくような発声です。

 

ミドル

一部高音はファルセット。

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)。

 

高音域を綺麗に抜くときなどに使っています。

このファルセットの声質は年代によって若干異なり、初期の方は比較的息が多め(aikoさんの中では)のファルセットですが、近年は薄い芯があるくっきりとした音色のファルセットが多い。

 

ファルセット

「てっぺんきにら〜〜んで」

「きりすぎたまえがみ〜

 

どういう歌い方か

共鳴や音色

共鳴は鼻腔や軟口蓋などの上方向主体の明るい音色作りがメインです。

 

時々、下方向(咽頭共鳴)へ声を思いっきり当てたりして、表現に緩急をつけています。

先ほどの「ボーイフレンド」などがわかりやすいです。

 

ビブラート

ビブラートは基本的にはあまりかけないタイプ。

フレーズ次第ではかけていることもあるが、どちらかと言えばかけないタイプでしょう。

 

フレージング・歌い回し

aikoさんの最大の特徴は

  • 語るようなニュアンス歌い回し
  • 独特の音階(ブルーノート使い)

という部分でしょう。

 

話すように歌うのがaikoさんの魅力の一つですね。歌声と話し声の差がほとんどないです。それでいてピッチは音楽的です。

常に一定の声帯の鳴りがあるので、話しかけているようなニュアンスが強いですね。

aikoさんは常に母音系の柔らかい鳴りが先行しているので、語るようなニュアンスが強くそのために歌詞が伝わりやすいとかもありそうですね。

音の長短がはっきりとしているのも語るようなニュアンスに一役買っているのかもしれません。

 

aikoさんの最大の特徴は何と言っても、その音階、コード進行ですね。

まぁコード進行は作曲のお話なのでここでは置いておくとして、ブルーノート(ジャズでよく使う)』を歌うことが非常に多いのが特徴ですね。

 

これによって『暗くて明るい・ほんのり寂しい印象』みたいなものが出るんです。

このブルーな音を操るのが、aikoさんらしさですね。

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.