【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 男性シンガー

ポルノグラフィティ 岡野昭仁の歌い方・歌唱力-声のアタックが魅力的な発声-【歌声解説】

投稿日:2017年11月27日 更新日:

今回はポルノグラフィティのボーカル岡野昭仁さんの歌声について書いていきたいと思います。ポルノグラフィティといえば常に日本の音楽界の第一線で活躍されているミュージシャンですね。

その楽曲の良さと独特の個性で抜群の人気を誇っています。その個性を最大限に出しているのが岡野昭仁さんの歌声ですね。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな岡野昭仁さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、鳴りのある声質

地声・話し声の音域はやや高めの音域です。音域的にやや高めくらいの声帯を持っているように感じます。

声質は声帯の鳴りが強い鳴り系の声質です。尖った鳴りではなく、ザラついた鳴りの倍音があるのは息も自然に流れているからですね。話し声は下方向へ響かせるニュアンスがあるので、そこまで高さを感じない話し方ですが、共鳴的には上方向に響きやすい喉や骨格を持っているように感じます。

歌声は特徴的なミックスボイス

歌声の種類は主に3種類の声区が使われています。地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類の声ですね。主にミックスボイス系に発声をメインで使っています。

低中音域は地声系の発声を使っているのですが、基本的にはミックスボイス系の発声に近い発声です。ミックスボイスのまま下の音域に降りてきているような声の出し方です。なのでなんとも判別しにくい一本化された発声と言えます。

低音域の方が「聴こえる音」としては息が多く鳴りの成分は弱いのですが、岡野さんの場合声帯から鳴る息の成分が多いといよりも単純に口から出る息が多いのですね。その息で歌のアタック感を作っています。なので、声質自体は声帯をしっかりと鳴らしている鳴り系の声質です。

地声

サビ前は地声中心。サビからはミックスボイス中心です。

中高音域はミックスボイスを使っています。低中音域よりは声帯の鳴りが強まり、芯のあるハイトーンで歌っています。声帯閉鎖系のミックスボイスで、個性的な声ですね。

ここでもやはり息を発射するように声を出すことで声のアタック感のある発声を作り出しています。

ミックスボイス


高音域はファルセットを使うこともあります。ミックス母子雨がハイトーンまで出せるので、そこまで多く使われる声ではないですね。時々聞くことができる程度ですが、息が綺麗に抜けるファルセットを使っています。かなり息の成分が多めです。試聴音源はいい部分がなかったのでなしです。すみません。

どういう歌い方

共鳴は上方向主体

共鳴は鼻腔や軟口蓋など上方向主体の発声で、響きが下に落ちることはほとんどないですね。上方向に響かせることで、明るく爽やかな歌声を作り出しています。

口や口の空間は横にも縦にもはっきりと

口の開きは縦方向主体であれば「深み・かっこよさ」を出し、横方向であれば「明るさ・爽やかさ」を出します。もちろん発音次第で変わる面もありますが、大抵は人によって個性が出るのが音色の作り方です。

岡野さんは縦にも横にもはっきりと開くが特徴で、このようなタイプの歌い方をするシンガーは珍しいですね。これは大きな特徴だと思います。

語尾のフレーズをフラットさせがち

これはかなり岡野昭仁さんが使うテクニックですね。ロングトーンの後ろの方の音程をゆっくりとフェードさせながら若干フラットさせるのです。これをすることでかなり岡野さんっぽい歌い方になります。「フォール」という技法ですね。

どういう練習をすれば岡野昭仁さんのように歌えるか

岡野昭仁さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

岡野昭仁さんのように歌うポイント

ポイント

ミックスボイスを身につける

息とアタックの強い歌い方を身につける

下を柔らかく動かす

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

「ネイ」「ヤイ」で強いミックスボイスを身につける

まずはミックスボイスを身につける必要があります。綺麗なミックスボイスというより強いミックスボイスを身につける方が重要です。強いミックスボイスや閉鎖系のミックスボイスの練習は「ネイ」「ヤイ」トレーニングで身につけましょう。岡野昭仁さんのミックスボイスは閉鎖系の声を息でバランスを整えていくイメージが大切です。

「ネイ」「ヤイ」トレーニングについて詳しくはこちら

ドッグブレスで息とアタックの強い歌い方を身につける

息を歌声の中に入れていくにはドッグブレスがいいでしょう。ドッグブレスをすることで腹式呼吸が身についたり、横隔膜が鍛えられたりと息に関することがかなり身につきます。

岡野昭仁さんのような歌い方を身につけるにはフレーズの最初でしっかりと息を吐いてアタックを強める必要があります。そのための練習に最適でしょう。ドッグブレスについて詳しくはこちら

なた、声のアタックを鍛えるトレーニングとして「ク」トレーニングもオススメです。

タングトリルで舌を柔らかくする

舌を柔らかくするのはタングトリルがかなり効果的な練習です。タングトリルは巻き舌でトレーニングするトレーニング方法です。毎日続けていると舌がかなり柔らかくなります。

そのほかにも色々な効果がありますので、ぜひしっかり練習しましょう。

タングトリルについて詳しくはこちら

まとめ


岡野昭仁さんはミックスボイスを身につけて、そのあとはその声をよく聞いて真似してくのが一番いいと思います。

その上でアタックが強い歌い方。音程のクセなどをしっかりと身につけていけば歌声が近くなるでしょう。とりあえず強いミックスボイスを身につけるのが最優先事項ですね!

ポルノグラフィティの音楽を聴くなら『Amazon Music Unlimited』

『Amazon Music Unlimited』ならポルノグラフィティが、自身の音楽について語る「Side by Side」も配信中です。楽曲とコメントが交互に再生され、楽曲やそのルーツについて等、よりアーティストの生の声が聴けます。*「Side by Side」を含む全ての機能が無料体験中に使えます。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。それくらい歌におい ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.