歌声解説 女性シンガー

JUJUの声や歌い方についての分析

投稿日:2017年11月23日 更新日:

今回はJUJUさんの歌声や歌い方についての分析です。

話し声の特徴

地声・話し声の音域はやや低め〜普通の音域

音域的にやや低め〜普通くらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質は鳴りやすい声質

声帯の鳴りが強く、ややジリジリとしたくっきりとした芯のある成分がある声質です。ややエッジボイスのようなカリッとした鳴りも声帯から鳴っていますね。

持っている声帯

やや低め〜普通の音域・くっきりと鳴りやすい声質

歌声の特徴【発声方法】

チェストボイス(地声)

低中音域は地声(チェストボイス)。

「息」〜「鳴り」まで幅広い発声表現をしますが、低中音域はどちらかと言えば息をしっかりと流してさらりとした音色で歌うことが中心です。ただ、話し声同様にチリッとしたエッジ感が随所に入っています。この息っぽい透明感の中にエッジボイスが散りばめられているような発声がJUJUさんの魅力の一つでしょう。

 

ミドルレンジ(地声)

地声の中高音発声。

グッと強い息の圧力をかけて強い鳴りの中高音発声を生み出しています。くっきりと芯のある中高音発声です。

 

ファルセット(裏声)

高音域は裏声(ファルセット)。

綺麗なファルセットで、高音のフレーズで抜くような時に使っています。綺麗な抜け感のあるファルセット。

歌い方

共鳴や音色

歌声の共鳴はどちらかと言えば上方向(鼻腔・口腔)主体。これにより浅く明るい音色が中心ですが、随所に下方向(咽頭腔共鳴)を織り交ぜることで上手く音色のコントラストを作っています。

これに合わせて口の開きも横に浅く開き気味にしたり、縦に深く開いたりと幅広い音色の表現を作っています。

 

ビブラート

フレーズや楽曲次第ではありますが、ビブラートは綺麗に自然にかけるタイプという感じです。

 

フレージング・歌い回し

どちらかと言えば『滑らかで伸びやかなタイプ』という印象です。

比較的一音一音を長く繋ぎ、全体的に伸びやかなフレージングが多いように思います。ただ、あくまで”どちらかと言えば”くらいの感じで基本的にはオールラウンドにベーシックな歌い回しと言えるでしょう。

どういう練習をすればJUJUさんのように歌えるか

JUJUさんのように歌うポイントは

ポイント

息が流れる発声を身につける

鳴りを鍛える

これが重要でしょう。

息が綺麗に流れる発声を身につける

JUJUさんは「鳴り」にも特徴があるのですが、まずは「息」でしょう。

息が綺麗に流れる発声を身につけましょう。息が綺麗に流れる発声を身につけるには息と声との連動が必要です。

息と声とを連動させるにはドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングがおすすめです。

息系のトレーニングは毎日少しづつでも取り組むことが重要でしょう。

鳴りを鍛える

JUJUさんはエッジボイスが歌の随所に入りますし、特に中高音域帯はくっきりとした鳴りを持ってます。

声帯をしっかりと鳴らす発声のトレーニングは「ネイ」「ヤイ」トレーニングがおすすめです。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 女性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.