歌声解説 女性シンガー

絢香の歌い方・歌唱力-息と鳴りの倍音操る-【歌声解説】

投稿日:2017年12月17日 更新日:

今回は歌手の絢香さんについて書いていきたいと思います。絢香さんといえば、日本の音楽界のトップを走り続けているシンガーですね。

 

何と言ってもその歌唱力!その歌声!とても素晴らしいですね。あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな絢香さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、息が綺麗に流れるやや深めの声

地声・話し声の音域は普通くらいの音域です。音域的には普通もしくは若干低めくらいの声帯を持っているように感じます。

 

声質は息が綺麗に流れるバランスのいい声質です。息の流れがあるのはもちろん、声帯の鳴りもバランスよくあります。どちらかと言えば息が流れやすい声質と言えるでしょう。

共鳴がやや深めの咽頭共鳴があるので、若干ですが深めの響き・やや太めの音色があります。話し声から綺麗な声ですね。

 

歌声は綺麗で深い音色の発声

歌声はおもに3種類の歌声を使っています。

地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類の歌声を使っています。

 

低中音域は地声系の発声を使っています。息が綺麗に流れ息の成分が非常に多い声質を使います。かなり息の倍音が鳴っており「スー」という性質の息の倍音が多いのが特徴です。

声帯の鳴りももちろんあるのですが、それ以上に息の成分主体の声質です。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。声質は地声系の発声と違い、声帯閉鎖を強め声帯の鳴りを主体としたパワー系のミックスボイスを使っています。地声域とは違いやや「ツン」とした倍音が多く含まれている鳴り系の声です。

声帯をしっかりと閉鎖させ、そこに強い息の圧力をかけてパワフルな高音域を歌っています。ベルティング系の発声と言えるでしょう。

 

高音域はファルセットを使うことも多いですね。ミックスボイスのように強く張らない高音域を地声系の声質(息の多いさらりとした声質)で歌うときに使うことが多いですね。要は弱い高音域を抜くように歌うときに使っています。

ファルセットも非常に息の倍音成分が多く含まれており、綺麗な音色のファルセット自由に使いこなしています。

 

どういう歌い方か

やや深めの響きを保ったまま歌う

もちろんフレーズ次第ではあるのですが、絢香さんは深めの響きを保ったまま歌うことが多いです。深めの響きとは咽頭共鳴(下方向への響き)です。

これによりやや太さを感じる音色を作り上げています。

 

また、その響きを保ったまま高音域などでは軟口蓋や鼻腔など上方向へも明るく響かせています。

 

ビブラートはフレーズのよって使い分けていますが、自然に綺麗にかけています。ピッチ感も非常によく高い歌唱力を持っています。

どういう練習をすれば絢香のように歌えるか

絢香さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

絢香さんの歌声のポイントは

  • 息の多い声を身につける
  • 強いミックスボイスを身につける
  • 深い響きを身につける

ここがポイントだと思います。では書いていきたいと思います。

息の多い声はドッグブレスで身につける

ドッグブレスの練習をすることで自然と息をしっかり吐けるようになってきます。息が吐けるようになると、声にも息がしっかりと乗ってきます。声に息を乗せる練習は歌において重要です。

横隔膜を鍛えるトレーニングにもなるので、ぜひ練習しましょう。

 

ドッグブレスについて詳しくはこちら

【ドッグブレス】のやり方・効果・練習方法について

こちらのトレーニングも息を声に乗せる練習になります。

【「ヒ」トレーニング】のやり方・効果・練習方法について

強いミックスボイスはリップロールとタングトリルで練習

リップロールは綺麗なミックスボイスを習得するのに役立ちますし、ミックスボイスの習得の近道になります。

また、タングトリルもミックスボイスを習得するのに最適です。

 

【リップロール】のやり方・効果・練習方法・理屈について

 

【タングトリル】のやり方・効果・練習方法について

 

ベルティング発声について

絢香さんのようなパワフルな高音域はベルティングボイスと呼ばれたりします。個人的にはミックスボイスの仲間なのですが、声の定義の線引きは難しいです。

 

とにかく強い高音域を出したいときはベルティングの練習です。

 

ベルティング発声について詳しくはこちら

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

 

深い響きを身につける

深い響きを身につけることで歌声の太さや深みを出すことができます。女性の場合はあまり、重要視される響きではないですが、パワフルな高音域などは下方向への響きがあるとカッコ良く出せますね。

 

詳しくはこちら

【深い響きのある声を身につけるトレーニング】

 

 

まとめ


絢香さんの歌声で一番重要なのは「息」のある声が出せるようになることです。その次にミックスボイス、響きと習得していきましょう。

あの倍音は相当訓練しないといけないでしょうが、、、、、頑張りましょう!

 

 

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。それくらい歌におい ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.