歌声解説 男性シンガー

UVERworld TAKUYA∞の声や歌い方の分析

投稿日:2018年2月27日 更新日:

UVERworldと言えば、多くの名曲を生み出している人気バンドですよね。

その楽曲のかっこよさ、TAKUYA∞さんの歌声と歌唱力に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんなUVERworldのボーカルTAKUYA∞さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声はやや高めの音域で、息っぽい声質

地声・話し声の音域はやや高めの音域ですね。

すごく高いというわけではないですが、男性の中ではやや高めくらいの音域帯の声帯を持っていると言えるでしょう。

 

声質は息が先行する声質です。

声帯の鳴りももちろんあるのですが、鳴りよりも息の方が先行して出てくるような息主体の軽やかな声質です。

 

歌声はバランスよくオールラウンドな発声

チェストボイス

低中音域は地声

地声をそのまま活かした息の多い綺麗な発声です。声帯の鳴りよりも息が多く流れる綺麗な発声主体です。

もちろん、フレーズ次第では声帯をしっかりと鳴らすフレーズもありますが基本的には透明感のあるクールで軽やかな発声です。

地声中心のフレーズ

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

地声と比較すると声帯の鳴りがやや強まり、強い息の圧力をかけるミドル

発声的には地声の延長線上でそのまま強く息の圧力をかけて、それに合わせて声帯をコントロールしているような感じでしょう。

強い中高音域を自在にコントロールしています。

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

高音を優しく綺麗に抜くようなフレーズで使われることが多いです。

 

ファルセット

「ひとりきりなきがした〜〜

 

その他多彩な声でいろいろな声も使えるのが特徴。

ラップスタイルから、デスボイスまで使いこなしています。

 

歌い方

共鳴や音色

基本的に鼻腔や軟口蓋など上方向主体の共鳴で、澄んだ音色を作り出しています。

声を当てる方向性は斜め上方向中心という感じです。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではなく、まっすぐに歌うことが多いです。

かけるときは自然にかける感じです。

 

フレージング・歌い回し

  • 直線的なフレージング
  • 特有の語尾な歌い回し

フレージングの基本はロックにまっすぐにというタイプです。ストレートな歌い回しという感じでしょう。

 

特徴的なのは語尾の「こぶし」というか「ビブラート」というか「フォール」というか、全部を少しづつ取ったようなテクニックですが、言葉では説明しにくいですね。

これです。「ぬくもりをイメージして〜〜〜

音程を下げる動きを連続させるようなピッチ変化です。

「これを語尾で使うとTAKUYA∞さん」というくらい個性的な歌い回しです。

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2021 All Rights Reserved.