歌声解説 男性シンガー

UVERworld TAKUYA∞の声・歌い方・歌唱力についての研究

投稿日:2018年2月27日 更新日:

今回はUVERworldのボーカル、TAKUYA∞さんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

声質・発声方法について

話し声・持っている声帯の特徴

地声・話し声の音域はやや高めくらいの音域

若干高めくらいですが、声帯の音域のタイプはテノール(男・高音)寄りだろうと考えられます。

 

声質はほんのりハスキーな成分があるバランスのいい声質

声帯の鳴りと息の流れのバランスのいい軽やかな声質であり、かつジャリとしたようなほんのりとしたハスキー成分も持っている区分しにくい声質ですね。

色々な要素持っているような個性ですが、どちらかと言えば息が流れやすいタイプと言えるでしょう。

歌声の特徴

チェストボイス(地声)

低中音域

地声をそのまま活かした息の多い綺麗な発声です。声帯の鳴りよりも息が多く流れる綺麗な発声主体です。

もちろん、フレーズ次第では声帯をしっかりと鳴らすフレーズもありますが基本的には透明感のあるクールで軽やかな発声です。

地声中心のフレーズ

 

ミドルレンジ(地声)

中高音域(≒ミドルボイス・ミックスボイス)

地声と比較すると声帯の鳴りがやや強まり、強い息の圧力をかけるミドル

発声的には地声の延長線上でそのまま強く息の圧力をかけて、それに合わせて声帯をコントロールしているような感じでしょう。

強い中高音域を自在にコントロールしています。

ミドル

 

ファルセット(裏声)

高音域

高音を優しく綺麗に抜くようなフレーズで使われることが多いです。

 

ファルセット

「ひとりきりなきがした〜〜

 

その他多彩な声でいろいろな声も使えるのが特徴。

ラップスタイルから、デスボイスまで使いこなしています。

 

歌い方

共鳴や音色

基本的に鼻腔や軟口蓋など上方向主体の共鳴で、澄んだ音色を作り出しています。

声を当てる方向性は斜め上方向中心という感じです。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではなく、まっすぐに歌うことが多いです。

かけるときは自然にかける感じです。

 

フレージング・歌い回し

  • 直線的なフレージング
  • 特有の語尾な歌い回し

フレージングの基本はロックにまっすぐにというタイプです。ストレートな歌い回しという感じでしょう。

 

特徴的なのは語尾の「こぶし」というか「ビブラート」というか「フォール」というか、全部を少しづつ取ったようなテクニックですが、言葉では説明しにくいですね。

これです。「ぬくもりをイメージして〜〜〜

音程を下げる動きを連続させるようなピッチ変化です。

「これを語尾で使うとTAKUYA∞さん」というくらい個性的な歌い回しです。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.