【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

UVERworld TAKUYA∞の歌声や歌い方について【バランスのいい発声】

更新日:

UVERworldと言えば、多くの名曲を生み出している人気バンドですよね。

なんといってもその楽曲のかっこよさとTAKUYA∞さんの歌声ですね。

 

あのかっこよさに魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなUVERworldのボーカルTAKUYA∞さんの歌声について書いていきたいと思います。

TAKUYA∞さんの声の特徴【持っている声帯】

まずはTAKUYA∞さんの話し声の特徴をつかみます。

  • 話し声≒持っている声帯

の特徴をつかむことも歌声を分析する上では重要です。

地声・話し声はやや高めの音域で、息っぽい声質

音域

地声・話し声の音域はやや高めの音域ですね。

すごく高いというわけではないですが、男性の中ではやや高めくらいの音域帯の声帯を持っていると言えるでしょう。

 

声質

声質は息が先行する声質です。

声帯の鳴りももちろんあるのですが、鳴りよりも息の方が先行して出てくるような息主体の声質です。

 

共鳴

響きは鼻腔共鳴寄りの声と言った感じでしょうか。

上方向へ響きやすい喉を持っていると思います。

 

持っている声帯

やや高めくらいの音域・息系の声質・上方向寄りの響き

 

TAKUYA∞さんの歌声の分析【発声方法】

TAKUYA∞さんの歌声は

スタイリッシュでカッコいい歌声

最大の特徴は

  • 透明感のある低中音域とバランスよくしっかりと鳴る中高音発声

でしょう。

歌声はバランスよくオールラウンドな発声

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)
  • ファルセット(ヘッド)

地声・ミドル域をメインに使っています。ファルセットやラップ調の声や唸らせるような声など持っている声は多彩ですね。

 

地声

低中音域は地声

地声をそのまま活かした息の多い綺麗な発声です。声帯の鳴りよりも息が多く流れる綺麗な発声主体です。

ただ、フレーズ次第では声帯をしっかりと鳴らすフレーズもあります。

 

基本的には息系の軽やかでかっこいい発声中心です。

 

地声中心のフレーズ

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス。地声の延長線上の中高音発声。

 

地声と比較すると声帯の鳴りがやや強まり、強い息の圧力をかけて高音域を鳴らしていることがわかります。

 

発声的には地声の延長線上でそのまま強く息の圧力をかけて、それに合わせて声帯をコントロールしているような感じでしょう。本人の意識的にはほぼ地声のような感覚で出していることでしょう。

強い中高音域を自在にコントロールしています。

 

ミドル

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

高音を優しく綺麗に抜くようなフレーズで使われることが多いです。

 

ファルセット

「ひとりきりなきがした〜〜

 

その他多彩な声でいろいろな声も使えますね。本人とは思えないようなデスボイスみたいなのも。多彩です。

 

TAKUYAさんの歌い方の傾向

共鳴や音色

基本的に鼻腔や軟口蓋など上方向主体の共鳴で、澄んだ音色を作り出しています。

声を当てる方向性は斜め上方向中心という感じです。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではなく、まっすぐに歌うことが多いです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

TAKUYA∞さんは非常に特徴的な音程変化を使います。

こぶし」と呼んでいいのかはわかりませんが、こぶしのような独特の音程変化を使います。

 

音程を瞬間的に音程を下げる動きを連続させるようなピッチ変化です。特にフレーズの語尾などで使われることが多いのですね。

これぞTAKUYA∞さんというくらい個性的な歌い回しです。音程を下げる方向へ変動させてそこから元に戻すのが特徴です。

特有のこぶし

「ぬくもりをイメージして〜〜〜」「笑ってみせるよ

 

TAKUYA∞さんの歌声に近づくためには

TAKUYA∞さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん多くの練習や訓練が必要です。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

TAKUYA∞さんのように歌うポイント

ポイント

中高音発声を身につける

息のある発声を身につける

 

この二つが重要ですね。

では練習方法を紹介します。

 

中高音発声を身につけるには

TAKUYA∞さんのように歌うには中高音を鍛えることは必須でしょう。

 

ただし、TAKUYA∞さんはもともと持っている声帯がやや高めくらいの声帯です。

低い声帯を持っている人は音域的には歌えないことはないでしょうが、声区がズレるので同じニュアンスで歌うことは難しいでしょう。

 

自分の持っている声帯を考慮して練習することも非常に重要です。

 

中高音域を鍛える

まずは中高音を開発するには

がおすすめです。

 

柔らかい鳴りの中高音などにオススメの練習方法ですが、高音開発の導入としても役立つので高音が苦手な人はまずここから取り掛かるといいかもしれません。

 

ある程度中高音発声のイメージをつかんだらそこからバランスよく強く鳴らしていくことがTAKUYA∞さんのように歌うには重要でしょう。

 

中高音を強い鳴りにしていくには

  1. グッグトレーニング
  2. 「ネイ」「ヤイ」トレーニング

がオススメです。

息のある発声を身につけるには

強い高音に注目しがちですが、TAKUYA∞さんは低中音域が綺麗なのも特徴ですね。

綺麗な息が流れる透明感のある発声を生み出すには息のトレーニングは必須でしょう。

 

息のトレーニング

息のある発声を身につけるにはドッグブレスの練習が最適です。

特にTAKUYA∞さんのように息が先に出てくるような声の出し方は息と声との連動が重要になってきます。

 

ドッグブレスを練習すると、自然と息のある発声ができるようになってきます。毎日少しでも練習するとだんだん効果が出てくるでしょう。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.