歌声解説 男性シンガー

Official髭男dism 藤原聡の声・歌い方・歌唱力についての研究

投稿日:2018年4月19日 更新日:

今回はOfficial髭男dismのボーカル、藤原聡さんの歌声・歌い方・歌唱力についての研究分析です。

声質・発声方法について

話し声・持っている声帯の特徴

地声・話し声の音域は高めの音域

声帯の音域のタイプはテノール(男・高音)くらいだろうと考えられます。

 

話し声の声質は「息っぽいハスキーボイス」というタイプ。

カサっとしたような、シャリッとしたようなハスキーな成分を多く含む声を持っていると言えるでしょう。

 

歌声の特徴

チェストボイス(地声)

低中音域

低中音域とは言っても、もともと持っている声帯が高めの声帯なのでかなり高いところまで地声を使っています。

全体的な平均音そのものが高いという感じですね。

 

声質は話し声同様に軽やかに息が流れるような息系の発声を使うことが多いです。綺麗でバランスのいい息が流れる爽やかで美しい発声。

ハスキーな成分と息の倍音が乗りやすく澄んだ綺麗な音色を生み出しています。

地声

息の流れが透明感を作り出します。

 

ミドルレンジ(地声)

中高音域(≒ミドルボイス・ミックスボイス)

ミドルレンジは地声低音域から息の圧力をしっかりとかけて強い鳴りの中高音を生み出しています。

強い鳴りの中にほんのりハスキーでザラついた倍音が乗っている個性的な音色の中高音発声です。

 

このミドルレンジをかなり高いところまでガツーンと発声するのが藤原さんの特徴の一つでしょう。ロングトーンな高音もまっすぐに綺麗に鳴らします。

ミドル

ファルセットではない強い高音部分。

 

ファルセット(裏声)

高音域

抜きの高音で多く使っています。ファルセットへの切り替えが非常に上手く、様々なフレーズに織り交ぜていますね。

ファルセットの素晴らしさも藤原さんの魅力の一つでしょう。

ファルセット

 

歌い方

共鳴や音色

基本的に鼻腔や軟口蓋などの上方向中心の共鳴・音色作り。

声の方向性は斜め上方向に当たる感じですね。

 

もともと持っている声からも上方向へ非常に響きやすい声をそのまま活かして綺麗に抜ける心地よい音色を作り出しています。

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではなく、基本的にまっすぐに歌うタイプです。

フレーズ次第で細かくかかっているフレーズもありますね。

 

フレージング・歌い回し

  • 直線的でリズミカル

というタイプの歌い回しでしょう。

ピッチの動きは直線的なタイプで、リズミカルな歯切れの良いフレージングとアタック(出だし)の軽やかな美しさがあるというようなタイプかと。

ベースの部分はそういうリズミカルなグルーヴ系のフレージングでしょうが、そういうフレージングの中にロングトーンなどを織り交ぜることでフレーズの緩急をつけていますね。

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2022 All Rights Reserved.