歌声解説 男性シンガー

Official髭男dism 藤原聡の歌声や歌い方の分析【透明感と力強い高音】

投稿日:2018年4月19日 更新日:

Official髭男dismと言えば、個性的でキャッチーな楽曲で大人気のバンドですね。

なんと言っても楽曲の素晴らしさ、そして歌声は素晴らしさは魅力的です。

心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんなOfficial髭男dismのボーカル藤原聡さんの歌声について書いていきたいと思います。

藤原聡さんの声の特徴

まずは藤原さんの話し声の特徴を大枠で捉えます。

  • 話し声の特徴=持っている声帯

なので、歌声や発声法を考えるベースになると思います。

地声・話し声は高めの音域で、軽かろやかな声質

音域

地声=話し声の音域は高めの音域です。

パッと聞いて高めだなと感じるくらいの高めな音域帯の声帯を持っているように思います。

 

声質

声質は軽やかな鳴りを持つ声質で、若干ですがハスキーぽいザラついた倍音を持っている声質です。

軽やかに息が流れつつもザラついた鳴りを持つ個性的な声質です。

 

共鳴

共鳴は鼻腔や軟口蓋など上方向中心に響きやすいですね。

 

藤原聡さんの歌声の分析【発声方法】

藤原さんの歌声は

透明感と力強さ

最大の特徴は

  • 『息の倍音の多い透明感のある低中音域』と『ほんのりとハスキーな強い中高音』のコントラスト

だと思います。

歌声は透明感のある発声中心

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミドル(≒ミックスボイス)
  • ファルセット(ヘッド)

 

地声

低中音域は地声

低中音域とは言っても、もともと持っている声帯が高めの声帯なので結構高いところまで地声を使っています。普通の男性なら難しい音域帯も地声で歌えるくらいの音域をさらりと歌っています。

 

声質は話し声同様に軽やかに息が流れるような息系の発声を使うことが多いです。

息の倍音が乗りやすく澄んだ綺麗な音色を生み出しています。

 

地声

息の流れが透明感を作り出します。

 

ミドルレンジ

中高音域(≒ミックスボイス

 

地声域と比較すると声帯に息の圧力を強くかけて高音域を発声しています。

 

地声域と比べると声帯が強く鳴るのでガツンとパワフルな高音を鳴らしています。

強い鳴りの中にほんのりハスキーでザラついた倍音が乗っている個性的な音色の中高音発声です。

 

ミドル

ファルセットではない強い高音部分。

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)

こちらも息が綺麗に流れる美しいファルセットです。

ファルセットへの切り替えが非常に上手く、様々なフレーズに織り交ぜています。

 

ファルセットの素晴らしさも藤原さんの魅力の一つですね。

 

ファルセット

「ラブトーリー」「アイムソーリー」↓

こっちは2回目も裏声。「予想通り」や「いつも通り」↓

 

藤原聡の歌い方の傾向

共鳴や音色

鼻腔や軟口蓋などの上方向中心の共鳴で歌っています。

声の方向性は斜め上方向中心のように感じます。

 

もともと持っている声からも上方向へ非常に響きやすい声をそのまま活かしているような発声です。

逆に下方向への響きはそこまで響かせるタイプではないです。

 

ビブラート

ビブラートはあまりかけるタイプではなく、比較的まっすぐに歌うタイプです。

ピッチ感が非常にいいのでビブラートがなくても綺麗な歌声を生み出していますね。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

綺麗な息の流れる低中音域、強い鳴りの中高音域、綺麗なファルセットを持っているオールラウンダーと言えるでしょう。

特徴的なのは直線的で歯切れの良いフレージングです。

 

発声に目が行きがちになりますが、このリズム感の良さも素晴らしいところです。

音のブレーキと発音の歯切れの良さがリズミカルなグルーヴを生み出しているように思います。

 

藤原聡さんの歌声に近づくためには

藤原聡さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

藤原聡さんのように歌うポイント

ポイント

軽やかな発声と綺麗な高音発声を身につける

 

これが重要ですね。

では練習方法を紹介します。

 

軽やかな発声と綺麗な高音発声を身につける

藤原さんの歌声の特徴はやはり

  1. 透明感のある音色
  2. 高音域まで自在に操ること

でしょう。

ただし、藤原さんは持っている声帯自体が高めの音域だということは認識しておくべきでしょう。

 

例えば低い声帯を持っている人はまず同じように歌えないでしょう。

それは音域的に無理というわけではなく、換声点や声区の範囲が藤原さんとは同じようにはならないでしょうから、似たニュアンスにはならない可能性が高いということです。

 

高くて歌えないという方はまずキーを変更してもいいかもしれません。

自分の持っている声帯と向き合うことも重要でしょう。

 

息を鍛える

  • 透明感のある発声
  • 息の倍音の多い発声

はやはり息の流れが鍵を握っています。

 

息と声の連動や息の流れのトレーニングは

が最適です。

 

またテレビで舞台裏が特集されていましたが、藤原さんは『パワーブリーズ』を使ってトレーニングをしているようです。

色は超重負荷でしたよ。さすがですね。

 

高音域を鍛える

  • 地声・ミドル域のレンジを広げる
  • ファルセットを鍛える

というところが重要ですね。

 

地声の音域を広げるトレーニングはこちらで。

音域の開拓は筋トレのようなものです。コツコツと取り組むことが重要でしょう。

 

ファルセットのトレーニングはたくさん使い続けることが重要です。

もオススメです。

ファルセットへの切り替えが上手くなります。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.