歌声解説 女性シンガー

いきものがかり 吉岡聖恵の歌い方・歌唱力-明るく広がりのある発声-【歌声解説】

投稿日:2019年5月5日 更新日:

今回はいきものがかりのボーカル 吉岡聖恵さんの歌声について書いていきたいと思います。

いきものがかりと言えば、多くの名曲を残している大人気の音楽グループですね。知らない人はいないだろうほどの有名なグループです。

 

何と言ってもその楽曲、演奏、そしてその歌声の素晴らしさは多くの人を魅了しています。心掴まれている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんないきものがかりのボーカル 吉岡聖恵さんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は普通の音域で、バランスのいい声質

地声の音域は普通の音域ですね。音域的には高くも低くもない普通程度の音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質は息も綺麗に流れつつ、声帯の鳴りのバランスのいい声質です。どちらに偏っているでもないバランスのいい声質だと感じます。共鳴もフラットにバランスのいい感じの響きを持っているように思います。

口が横に広く広がるので、明るい音色の声色を持っています。

 

歌声は明るい音色の広がりある発声

歌声は3種類の歌声を使っています。

地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類を使っています。基本的には地声系の発声メインの歌声です。

 

低中音域は地声メインの発声です。声質はバランスのいい発声ですが、話し声に比べると息の成分が多く綺麗に息が流れ歌声ですね。息の倍音が綺麗な澄んだ音色を生み出しています。その上で、声帯やや強めに鳴らしたり鳴らさなかったりという風にフレーズによって変化させています。基本的に綺麗な息の流れの上での発声です。

低中音域とは書きましたが、結構な高音域帯まで地声系の発声で歌っています。

 

中高音域はミックスボイスを使っています。そこまで頻繁に出てくる発声ではなく、使用頻度は少なめです。あまり使わないでも地声系の発声で高音域帯まで歌っているので歌える音域帯的にあまりいらないのかもしれませんね。

ミックスボイスの声質は声帯をやや閉鎖気味に強く鳴らすようなミックスボイスやファルセット気味に薄く鳴らすようなミックスボイスなどバリエーション豊富です。どちらにしても高音域帯で使っていますね。

 

高音域はファルセットを使っていますね。ミックスボイスよりも高音域帯ではファルセットを使うことが多いかもしれませんね。ただ、ファルセット自体もそこまでたくさん使っているわけではなく、高音域の抜きでスパイス的に使われるような感じです。

ファルセットの声質は息の成分が多く綺麗な抜け感のあるファルセットです。

 

吉岡聖恵さんの歌声の鍵は綺麗な息の流れる地声が鍵ですね。

 

どういう歌い方か

明るく大きな口の開きがある

共鳴は軟口蓋中心の上方向への綺麗な響きがあります。口の開きが横方向へ広いのが特徴です。これによって広がりのある明るい音色でかつ浅めの爽やかな音色になっています。楽曲次第では深めの響きを作っている楽曲もありますが、基本的には横方向へ広く開くような音色の作り方をしています。

 

フレージングが長い

吉岡聖恵さんは基本的なフレージングは伸ばし気味です。あまり言葉を区切ることなく、息の長いフレージングが特徴的です。なので滑らかで広がりあるような印象を生み出しています。言葉の区切りは息の強弱でつけることが多く一息のフレージングが長いので、真似して歌おうとすると息的な面でしんどいかもしれませんね。それくらいブレスコントロールがすごいということですね。

 

ビブラートはあまり主張しすぎることがないくらいでかけていますね。基本的にはまっすぐですが、綺麗な音色を安定させるくらいの範囲でビブラートをかけています。ピッチ感も非常に良いですね。

 

実際の歌声で確認

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤字

 

「風が吹いている」で歌声を確認

フレーズ

風がいている 僕はここで生きていく〜 晴れ渡る空に 誰かが叫んだ ここに明日はある ここに希望はある 君と笑えたら 夢をつなぎ合えた

 

「風がいている」このフレーズは「ふ」が抜き気味の声で地声ではなく、ファルセットでもないくらいの音色のミックスボイスです。ファルセットに近い音色で出すような柔らかなミックスボイスです。

そのあとの「僕はここで生きていく〜では綺麗に抜けるようなファルセットを使っています。

 

「ブルーバード」で歌声を確認

フレーズ

今つかみはじめた あなたへと抱く この感情も 今”言葉”に変わっていく 未知なる世界の 遊迷(ゆめ)から目覚めて このはをひろげ 飛び立つ はばたいたら 戻らないと言っ 目指したのは 

 

かなり高い音域帯まで地声系の発声を使っています。黄色のアンダーラインの部分は中間的な音色ですが、どちらかといえば地声に分類されるような感じだと思っています。

「戻らないと言っこの黄色部分は強い鳴りのミックスボイスですね。

 

吉岡聖恵さんの綺麗な歌声

どういう練習をすれば吉岡聖恵さんのように歌えるか

吉岡聖恵さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

吉岡聖恵さんのように歌うポイント

ポイント

綺麗な息の流れを身につける

地声の高音域を鍛える

これが重要ですね。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

綺麗な息の流れを身につける

吉岡聖恵さんの発声は綺麗な息の流れが非常に重要です。声帯の鳴りももちろんあるのですが、息の流れが綺麗な澄んだ音色の歌声を生み出しています。長いフレージングも息を綺麗にコントロールできているからこそできる技ですね。

 

息が綺麗に流れる発声は息と声との連動が重要です。息と声との連動はドッグブレスのトレーニングがオススメです。繰り返し練習することで息の多い発声を身につけましょう。

【ドッグブレス】のやり方・効果・練習方法について

 

地声の高音域を鍛える

吉岡聖恵さんは地声でかなり高い音域帯まで発声しています。ミックスボイスも重要でしょうが、地声系の発声でも魅力的な歌声は作れます。むしろ吉岡聖恵さんの発声は地声系だからこそ広がりのある音色を作り出しています。

特に女性ボーカルは話し声と歌声の音域帯が男性に比べると近いのでミックスボイスのような声帯を強く鳴らす発声は必要ないかもしれませんね。特に現代の音楽はそういう方向へ向かっているように思えます。洋楽女性ボーカルでも一昔前はマライアキャリーセリーヌディオンホイットニーヒューストンなどの強いミックスボイスの使い手が流行っていましたが、そういうパワーボーカルは減ってきているように感じます。もちろん邦楽も。

 

話が少し逸れました。

吉岡聖恵さんは息が綺麗に流れる発声のまま、高い音域帯までしっかりと支える発声をしています。ブレスコントロールはもちろんのこと、体の使い方や声帯の使い方などのを鍛えていく必要があります。

地声の高音域を鍛えるトレーニングはこちらがおすすめです。

【「ブッ」トレーニング】のやり方・効果・練習方法

 

まとめ

吉岡聖恵さんのように歌うポイントは

吉岡聖恵さんのように歌うポイント

ポイント

綺麗な息の流れを身につける

地声の高音域を鍛える

これが重要ですね。まずはここから練習していきましょう。とは言え綺麗な共鳴やピッチコントロールなども他の様々な要素も重要です。頑張りましょう!

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。それくらい歌におい ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.