音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】

ボイストレーニングを中心に音楽技術向上に関する様々なことを書いています

歌声解説 歌声解説 男性シンガー

ポルノグラフィティ 岡野昭仁の歌い方・歌唱力 アタックの強い声量あるミックスボイス 【歌声解説】

投稿日:2017年11月27日 更新日:

f:id:shoheihey:20171112194500j:plain

今回はポルノグラフィティのボーカル岡野昭仁さんについて書いていきたいと思います。

ポルノグラフィティといえば常に日本の音楽界の第一線で活躍されているミュージシャンですね。

その楽曲の良さと独特の個性で抜群の人気を誇っています。

その個性を最大限に出しているのが岡野昭仁さんの歌声ですね。

今回はそんな岡野昭仁さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質か?

地声・話し声はやや高めの音域

岡野昭仁さんの地声はやや高めの音域です。高めでかつ鼻腔の方へ響いているような出し方です。おそらく響きを下の方(胸や喉)へやるのは苦手なタイプかと思われます。

特にPOPSにおいては鼻腔共鳴が強い方が何かとお得です。

オペラや演劇での声の出し方であればまた別なのですが。

POPSは鼻腔共鳴が強い方がいいです。自然と鼻腔共鳴が強い人はうらやましいですね。

もう一つ。岡野昭仁さんは舌の回転が良いです。舌の動きがとてもいいです。

下の動きがいいので言葉の一言一言がはっきりと聞こえる傾向があります。

これも歌い手としては非常にいいことですね。

 

歌声は地声系のミックスボイス

歌声は地声系のミックスボイスですね。

地声がもともと高いので地声との境目はほとんどわかりませんね。

非常にバランスのいいミックスボイスで、優しい歌声にも力強い歌声にもシフトしやすいミックスボイスです。

閉鎖系のミックスボイスを息の量でバランスよくしているような印象を受けます。

 

岡野昭仁さんの歌い方

一言一言をしっかりと区切り発声する

岡野昭仁さんは言葉の一言一言をしっかりと発声します。口をしっかり開いてしっかりと息を吐いて声を出すという歌い方ですね。

ロングトーンは語尾の方がフラットさせがち

これはかなり岡野昭仁さんが使うテクニックですね。ロングトーンの後ろの方の音程をゆっくりと若干フラットさせるのです。これをすることでかなり岡野さんっぽい歌い方になります。

どういう練習をすれば岡野昭仁さんのように歌えるか

岡野昭仁さんのように歌うには様々な要素や訓練が必要です。

相当の努力を必要とするのは当然です。

しかし、要点を抑えることで岡野昭仁さんの歌声に近づく近道になります。

何をどう練習すればいいかというのも明確になります。

 

岡野昭仁さんの歌声のポイント

  • ミックスボイスを身につける
  • 息とアタックの強い歌い方を身につける
  • 舌を柔らかくしっかりと動かす

この3つが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

 

「ネイ」「ヤイ」で強いミックスボイスを身につける

まずはミックスボイスを身につける必要があります。

綺麗なミックスボイスというより強いミックスボイスを身につける方が重要です。

強いミックスボイスや閉鎖系のミックスボイスの練習は「ネイ」「ヤイ」トレーニングで身につけましょう。

岡野昭仁さんのミックスボイスは閉鎖系の声を息でバランスを整えていくイメージが大切です。

 

「ネイ」「ヤイ」トレーニングについて詳しくはこちら

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

 

ドッグブレスで息とアタックの強い歌い方を身につける

息を歌声の中に入れていくにはドッグブレスがいいでしょう。

ドッグブレスをすることで腹式呼吸が身についたり、横隔膜が鍛えられたりと息に関することがかなり身につきます。

岡野昭仁さんのような歌い方を身につけるにはフレーズの最初でしっかりと息を吐いてアタックを強める必要があります。

そのための練習に最適でしょう。

 

ドッグブレスについて詳しくはこちら

ドッグブレスで声量アップ。いいことばかりで効果は絶大!

タングトリルで舌を柔らかくする

舌を柔らかくするのはタングトリルがかなり効果的な練習です。タングトリルは巻き舌でトレーニングするトレーニング方法です。

毎日続けていると舌がかなり柔らかくなります。

そのほかにも色々な効果がありますので、ぜひしっかり練習しましょう。

 

タングトリルについて詳しくはこちら

タングトリルで舌を鍛えて歌唱力UP!小顔やほうれい線予防にも効果的!

 

まとめ

岡野昭仁さんはミックスボイスを身につけて、そのあとはその声をよく聞いて真似してくのが一番いいと思います。

その上でアタックが強い歌い方。音程のクセなどをしっかりと身につけていけば歌声が近くなるでしょう。

とりあえず強いミックスボイスを身につけるのが最優先事項ですね(^ ^)

他のアーティストの歌声解説はこちらです

他のアーティストの歌声解説はこちら

 







-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クリスタル・ケイの 歌い方・歌唱力 鼻腔に響く綺麗な声【歌声解説】

今回はCrystal Keyさんの歌声について書いていきたいと思います。Crystal Keyさんと言えば、多くの名曲を残しているシンガーですよね。なんと言ってもその歌唱力の高さは圧巻ですよね。あの綺 …

ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文の歌い方・歌唱力【歌声解説】

今回はASIAN KUNG-FU GENERATION  のボーカル後藤正文さんの歌声について書いていきたいと思います。 ASIAN KUNG-FU GENERATION と言えば、大人気のロックバン …

ASKAの歌い方・歌唱力 強く太い共鳴のミックスボイスが声量を生む【歌声解説】

今回はチャゲ&飛鳥のASKAの歌声について書いていきたい思います。 CHAGE&ASKAと言えば、日本のみならずアジアを中心に世界中のジトを魅了しているアーティストですね。 日本の音楽 …

布施明の歌い方 太いミックスボイスを駆使した高い歌唱力【歌声解説】

今回シンガー布施明さんの歌声について書いていきたいと思います。 布施明さんと言えば、長く日本の音楽会で活躍するミュージシャンですよね。 何と言っても素晴らしいのが歌唱力。 プロシンガーの中でもトップク …

ゲスの極み乙女 川谷絵音の歌い方・歌唱力 綺麗なミックスボイスとファルセット【歌声解説】

今回は大人気バンドゲスの極み乙女のボーカル 川谷絵音さんについてきていきたいと思います。   ゲスの極み乙女と言えば、今やものすごい人気を持つバンドですよね。 ボーカルの川谷絵音さんは素晴ら …