【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 女性シンガー

宇多田ヒカルの声や歌い方についての分析

投稿日:2017年11月3日 更新日:

今回は宇多田ヒカルさんの歌声について書いていきたいと思います。宇多田ヒカルさんと言えば、日本の音楽界で唯一無二の歌姫として活躍されているシンガーですね。

その歌唱力は素晴らしく、海外でも有名です。何と言ってもその楽曲、そして歌声。あのなんとも言えない寂しさを感じる歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな宇多田ヒカルさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域は普通の音域で、咽頭共鳴が強い

地声=話し声は普通の音域ですね。ほんの若干低いという感じですが。

声質は息と声帯閉鎖の鳴りのバランスのいい声質です。ほんの若干エッジ感もありますが、バランスのいい声質でいい意味で普通の声という感じです。口をあまり動かさないような話し方をすることが多いですね。

共鳴は鼻腔にやや丸く響くような感じですね。ミラクルひかるさんがよくする宇多田ヒカルさんの話し方のモノマネは、口をあまり開けずに鼻腔に響かせていますね。

歌声は響きが上の方へ響きと息の量がすごい寂しさ溢れる声質

歌声は主に3種類の歌声を使っています。地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類の歌声です。地声やファルセットをメインで使うことが多いです。

低中音域は地声を使っています。息の成分が非常に多くかつ息が綺麗に流れる息中心の発声です。もちろん声帯を鳴らすように歌うこともありますが、息系の声中心です。声帯閉鎖の鳴りは弱く、息を流すことに特化した綺麗な歌声です。息の倍音が綺麗に鳴っている声です。この「息」が宇多田ヒカルさんの歌声の重要な要素です。

宇多田ヒカルさんの声の中心という声で、地声系の発声は比較的高音域までこの地声を使っています。

地声

中高音域はミックスボイスを使っています。強く鳴らすようなミックスボイスを使うことはあまりないですね。ファルセットとの中間色のようなファルセット系のニュアンスのミックスボイスを使います。ファルセット的なニュアンスもあるが決してファルセットではないそんなミックスボイスです。

ミックスボイス

純粋なファルセットもよく使いますね。するりと抜けるような寂しさを感じるファルセットをよく使っています。

息の成分が非常に多く澄んだ音色をしているファルセットです。

どういう歌い方か

共鳴のコントロール

上下の共鳴のコントロールが非常綺麗です。これは鼻腔や軟口蓋などの上方向への共鳴から、咽頭共鳴(下方向への共鳴)まで綺麗にコントロールしています。基本的には上方向主体ですが、下方向への共鳴も綺麗なのですね。

息とエッジボイス

宇多田ヒカルさんの歌声は基本的には息の流れたっぷりで、声帯閉鎖はあまり閉鎖させない歌声です。ですが、フレーズの最初などでエッジボイスを入れたりするので、歌声に情感を生み出しています。そこまで強いエッジ感ではないのですが、カラッと入れることが重要なのですね。

この基本的には息が流れる発声の中に、エッジ感が混ざることで歌声の表現力を生み出しているように思えます。

息と細かいビブラート

宇多田ヒカルさんの歌声の特徴の一つは「ビブラート」です。ビブラートが結構細かいというか絶妙な揺れ感です。少し震えているような泣いているような。

フレーズの語尾で絶妙に震えるビブラートがより一層の悲しさや寂しさを生み出していますね。宇多田ヒカルさんは「息」と「ビブラート」が歌声の表現力を最大限にしているといえそうですね。

どういう練習をすれば宇多田ヒカルさんのように歌えるか

宇多田ヒカルさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。その分多くの練習や訓練が必要です。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

宇多田ヒカルさんのように歌うポイント

ポイント

息の多い発声を身につける

細かいビブラートを身につける

共鳴のコントロールを身につける

この3つが重要ですね。では練習法を書いていきたいと思います。

息の多い発声を身につけるには

息の多い発声とは声の中に含まれる息の成分の多い発声です。これは息と声をしっかりと連動させないといけません。息と声を連動させるにはドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングの練習が最適です。ウィスパー系の発声は息の成分が大きなカギを握っています。

細かいビブラートを身につける

ビブラートの一番の練習方法は真似をするということです。ビブラートは一種のくせみたいなもので、個人個人揺れ幅や揺らし方に個性があります。なので宇多田ヒカルさんのビブラートの練習は真似をするのが一番なのですね。

とはいえビブラートなんてそうそう簡単ではないですね。ビブラートの練習方法やコツを掴む方法についてはこちらに書いています。

共鳴のコントロールを身につける

鼻腔や軟口蓋などの上方向への共鳴のトレーニングは「ハミング練習」最適です。ハミング練習は歌が上手くなるためには必須です。

咽頭共鳴を身につけるトレーニングは「ボイ」トレーニングがオススメです。

まとめ

宇多田ヒカルさんのように歌うには

宇多田ヒカルさんのように歌うポイント

ポイント

息の多い発声を身につける

細かいビブラートを身につける

共鳴のコントロールを身につける

が重要です。特に息が非常に重要なのでここは修練を積む必要がありますね。

当然のようにリズム感やピッチ感は抜群にいいので色々な面を突き詰めることで感動させられる歌声になりますね。頑張りましょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。 ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。 歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことが ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.