歌声解説 歌声解説 女性シンガー

宇多田ヒカルの歌い方・歌唱力 息の多い声が声量を生む【歌声解説】

更新日:




今回は宇多田ヒカルさんの歌声について書いていきたいと思います。

宇多田ヒカルさんと言えば、日本の音楽界で唯一無二の歌姫として活躍されているシンガーですね。

その歌唱力は素晴らしく、海外でも有名です。

何と言ってもその楽曲、そして歌声。あのなんとも言えない寂しさを感じる歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな宇多田ヒカルさんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質か?

地声・話し声の音域はやや低めで、咽頭共鳴が強い

地声=話し声は若干低い方ですね。ほんと若干です。そこまで低いというわけではないのですが、高いという印象は受けないですね。結構胸に響いているような喉に響いているような声で、下方向へ響く声です。上方向へは響かない声です。地声は

ミラクルひかるさんが真似されていたような話し声が印象的ですよね。少しエッジが効いているというか特徴的な話し声です。

 

歌声は響きが上の方へ響き息の量がすごい

歌声は地声とは打って変わって、響きが上の方へ行くことが多いです。

もちろん音程的に低いところまで使う歌もあるので一概には言えないですが。

声がかなり鼻に通っています。声というより「息」がですね。

宇多田ヒカルさん最大の特徴「息」 

とにかく息で歌うことが多い。息が流れているのです。

あの息の量が歌の中に倍音を生み出しています。倍音が多いほど人の耳に届きます。人の感情にしみます。あの悲しさや寂しさのような表現の秘密は『息」によって構成されているといっても過言ではないでしょう。

また、息と合わせて「エッジボイス」も多用しているのでより一層の表現力を生み出しているのです。

 

どういう歌い方か

細かいビブラート

宇多田ヒカルさんの歌声の特徴のもう一つは「ビブラート」です。

ビブラートが結構細かいというか絶妙な揺れ感です。

ビブラートのかかり具合としてはあまりよくはない、と言わざるを得ないでしょうが宇多田ヒカルさんの場合はあれがいいんですよね。

少し震えているような泣いているような。

フレーズの語尾で絶妙に震えるビブラートがより一層の悲しさや寂しさを生み出していますね。

宇多田ヒカルさんは「息」と「ビブラート」が歌声の表現力を最大限にしているといえそうですね。

どういう練習をすれば宇多田ヒカルさんのように歌えるか

宇多田ヒカルさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

その分多くの練習や訓練が必要です。

 

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

 

宇多田ヒカルさんのように歌うポイント

  • 息の多い発声を身につける
  • 細かいビブラートを身につける
  • エッジボイスを身につける

この3つが重要ですね。

では練習法を書いていきたいと思います。

 

息の多い発声を身につけるには

ドッグブレスの練習

まずは「息」で歌う表現を身につけなければいけません。

ドッグブレスは犬の呼吸のように「ハッハッハッハ」と息を吐く練習です。

それを歌と一緒にします。

例えば 宇多田ヒカルさんの曲『First Love』であれば

最初のフレーズは「さ〜い〜ご〜の〜キ〜スはタバ〜コのフレイバ〜がし〜た」

ですよね。

それを息をしっかり吐いて区切りよく

「さh・いh・ごh・のh・キh・スh・はh」のように息で区切りよく歌っていきます。

『h』を入れたのは息です。

一言一言しっかり音程をとって犬の呼吸っぽく歌うことで息をしっかりと吐いて歌えるようになると思います。

この練習は歌のピッチをよくする練習にもつながります。

特に出だしの音・フレーズの最初のピッチ感が良くなります。

 

ドッグブレスについて詳しくはこちら

【ドッグブレス】で声量アップ|通る声を身につける

今回はボイストレーニングの中の「ドッグブレス」について書いていきたいと思います。「ドッグブレス」はボイストレー二ングでは有名なトレーニングです。   トレーニングとしてかなり有効なので、音楽 ...

 

ビブラートのクセを真似る

この練習が一番難しいように思います。

そもそもビブラートは歌をうまく聞かせるテクニックで初心者の歌になくてプロにあるものといえば一番に名前が挙がる技術ではないでしょうか。

ビブラートの練習法は色々あるのですが、今回の目的はあくまで宇多田ヒカルさんっぽく。というわけ宇多田ヒカルさんっぽいビブラート練習法を紹介します。

まずは口を「アウアウ」させてみよう

歌の語尾で口を「アウアウ」と高速でしてみてください。高速です。

どうですか宇多田ヒカルさんっぽくなりませんでしたか?笑

まぁ「アウアウ」じゃなくてもいいんですが「小刻みにアゴを動かす」ことが重要です。寒くて震えているような感じです。

これで結構宇多田ヒカルさんのビブラートは真似しやすくなります。少なくとも細かいビブラートの取っ掛かりになります。

 

実際に宇多田ヒカルさんがやっているかというと、まぁほとんどそうでもないんですね。(少しやってます。)

ご本人は喉でビブラートを作っているのですが、まずは取っ掛かりとしてアゴでビブラート(実際は違いますがビブラートのようなもの)を作っていくと似やすいと思います。

あくまで取っ掛かりとしてです。

 

ビブラートの練習について詳しくはこちら

ビブラートの練習方法|出し方は?喉を使う?横隔膜を使う?

今回はビブラートについて書いていきたいと思います。 歌の技法としてよく聞くビブラート。やはりビブラートがかかっている歌声ってかっこいいですし、憧れますよね。 カラオケの採点でも高得点を狙うには必要なも ...

 

 エッジボイスも欠かさず練習

息っぽく歌いビブラートも寄せることができたらあとは歌声にエッジボイスを織り交ぜていきます。

特にフレーズの始めと終わりに織りまぜることが多いので自由にコントロールできるようになっている必要があります。

 

エッジボイスについて詳しくはこちら

【エッジボイス】で声帯閉鎖を鍛えてミックスボイスをコントロール

今回は「エッジボイス」について書いていきたいと思います。 エッジボイスというのは聴き慣れない方もいると思いますが、声の出し方の名称であり、ボイストレーニングにもなります。 そんなエッジボイスについて書 ...

 

まとめ

宇多田ヒカルさんのように歌うには

  • 息の多い発声を身につける
  • 細かいビブラートを身につける
  • エッジボイスを身につける

が重要です。

特に息が非常に重要なのでここは修練を積む必要がありますね。

当然のようにリズム感やピッチ感は抜群にいいのでそこらへんも突き詰めることで感動させられる歌声になります。

おすすめ記事

-歌声解説, 歌声解説 女性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.