歌声解説 歌声解説 男性シンガー

米米CLUB 石井竜也の歌い方・歌唱力 声量あるミックスボイスは響きが重要 【歌声解説】

更新日:




今回は人気グループ米米CLUBのボーカル、カールスモーキー石井こと石井竜也さんについて書いていきたいと思います。

米米CLUBといえば、多くの名曲を生み出しているグループですよね。

特に、「浪漫飛行」や「君がいるだけで」は日本の名曲として歴史に残っていくと思われるほどの名曲ですね。

やはりあの曲たちを素晴らしいものに変えているのが、石井竜也さんの素晴らしい歌声。

今回はそんな石井竜也さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質か

地声・話し声はほんの少し高めで声帯閉鎖感がややある

地声の音域はほんの少し高めです。高いな!というほどの高さではない「ほんの少し」です。

声帯閉館が少しある普通の声ですが、歌声とは随分違う浅い響きを持った声です。歌声の印象が強いので、そう聞こえる部分もあるのでしょうが、いたって普通の声です。

歌声はミックスボイス中心

歌声はミックスボイス中心です。かなり深い響きのミックスボイスで話し声とは随分違った声です。

喉が広がっている、あくび喉に近い形でのどを作り、響きをコントロールして深い響きのミックスボイスを使いこなしています。

ファルセットも美しい音色をしています。

どういう歌い方か

深いところからのしゃくり

深い響きでの歌声中心ですので、音程はほんの少ししゃくり気味です。ほんの少しです。モノマネする人はめちゃくちゃしゃくりますね。

モノマネはモノマネですが、そこがポイントということでしょう。

「あ」は「お」に近い響き

あくまで「あ」の母音の発音は「あ」に聞こえるのですが、「お」に近い形で発声しています。

これが響きを深くしている要因の一つですね。

どういう練習をすれば石井竜也さんのように歌えるか

石井竜也さんの歌声は多くの音楽的要素が必要です。

その分大きくの訓練が必要です。

しかし要点を絞ることであの歌声に近づく近道になります。

 

石井竜也さんのように歌うポイントは

  • 強いミックスボイスを身につける
  • 深い響きを身につける

この二つが重要です。

では書いていきたいと思います。

強いミックスボイスを身につけるには「グッグ」トレーニング

強いミックスボイスを身につけるには「グッグトレーニング」が最適です。

無理せずに高い音域まで、「グッグ」で出せるようになればミックスボイスをそれなりに使いこなせるようになっているでしょう。

グッグトレーニング|強いミックスボイスや太いミックスボイスのボイストレーニング

今回はボイストレーニングとして有名な「グッグトレーニング」について書いていきたいと思います。 ロジャー本として有名なグッグトレーニング。 どんなトレーニングなのかを個人的に解説していきたいと思います。 ...

ベルティング発声について

地声のように聴こえる強い高音域の音をベルティング発声と言います。

これは強い高音発声でほとんどの人が目指す声です。

ベルティング発声について詳しくはこちら

「ベルティング発声・唱法」のやり方・解説|ベルティングはミックスボイス?

今回はベルティング発声・ベルティングボイスというものについて書いていきたいと思います。 このベルティングボイスはミックスボイス同様になんだか定義がふわふわしているものです。 日本ではあまり聞きなれない ...

 

深い響きを身につけるには喉仏が重要

深い響きを身につけるには喉仏の位置が重要です。

喉仏をしっかりと下げた状態、つまりあくび喉に近い形で発声でいるようになる練習が必要です。

詳しくはこちらに書いていますので、参考にしてみてください

深い響きのある声を身につけて、通る声を身につけるトレーニング 喉仏の位置が重要

今回は咽頭共鳴や胸腔共鳴と呼ばれるような低い位置での響きについて書いていきたいと思います。 鼻腔での共鳴は歌の中では特に重要ですが、低い位置での響きも重要です。 特に歌声の中に深みを作るのに一役買いま ...

 

まとめ

石井竜也さんのように歌うには

  • 強いミックスボイスを身につける
  • 深い響きを身につける

が重要です。もちろんそれ以外にも、微妙なしゃくりの癖やファルセットなどあげていけばきりがないですが、まずは重要だと考えられる部分から詰めていきましょう。

おすすめ記事

-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー

Copyright© 音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】 , 2018 All Rights Reserved.