【9/13】まとめページは都合上削除いたします。引き続きカテゴリーページ等でお楽しみください。

歌声解説 女性シンガー

ヨルシカ suisの歌い方・歌唱力-軽やかで綺麗な発声-【歌声解説】

投稿日:2019年5月13日 更新日:

今回はヨルシカのボーカル suis(スイ)さんの歌声について書いていきたいと思います。

ヨルシカと言えば、ネット上で火がついて大人気のロックバンド(正式メンバーは二人で、あとはサポートメンバなのでユニットと言うべきかも)ですね。

具体的な素性は何も明かされていないバンドなのですが、その歌声と楽曲の良さが多くの人の心を掴んでいます。何と言ってもボーカルのsuisさんの歌声はとても素敵ですね。魅了されている方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなヨルシカのボーカル suisさんの歌声について書いていきたいと思います。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声は不明です。

地声や話し声の音域は不明です。おそらく話し声が世に出てはないのではないでしょうか。(もし出ているなら、調査不足です。すみません。ぜひ教えてください。)

歌声の印象から想像すると、普通の音域帯くらいの声帯を持っていて、声質は声帯の鳴りや息ののバランスのとれた声質なのではないかと予想します。ハスキーなどの特殊な感じのないバランスの取れた声だと想像します。

まぁあくまで予想です。

歌声は軽やかで語るようなニュアンスの綺麗な声が特徴的

歌声は主に3種類ですね。

地声・ミックスボイス・ファルセットの3種類の歌声を使っています。地声系の発声とファルセットがメインの歌声です。

低中音域は地声を使っています。楽曲のフレーズにもよるのですが、声帯の鳴りは柔らかく息が綺麗に流れるような声質で歌っています。強すぎもせず弱すぎもせずのバランスの良い綺麗な声で歌っています。話すに近いような歌声の作り方が語るようなニュアンスを生み出していますね。

中高音域はミックスボイス系の発声ですね。地声系の発声よりもやや声帯の鳴りを強めた声質です。基本的には地声の延長線上にあるミドル域の声という感じです。フレーズにも寄りますが、太めに出したりして地声域とのコントラストを作っています。「だから僕は音楽を辞めた」ではやや鳴りの強めたミックスボイスで少し声がヨレる(上手く表現できませんが、震えるようなニュアンス)がとてもグッとくる素晴らしい情感を生み出しているように感じます。ミックス系の音域は基本的には声帯をしっかりと鳴らしているので、地声域との大小がしっかりとしています。

ミックスボイスはファルセットっぽく使っている柔らかいミックスボイスも時々使っています。

高音域はファルセットを使っています。ファルセットも結構使っていますね。ミックスボイス系の発声よりもファルセット系で高音域をサラリと鳴らすことの方が多いように感じます。

息が綺麗に流れる声質のファルセットです。

suisさんの歌声は柔らかな鳴りと綺麗に息が流れるバランスのいい発声が鍵ですね。

どういう歌い方か

話すように語るように、かつ言葉を綺麗にリズミカルに

suisさんは話すの延長線上くらいにある語るようなニュアンスで「歌を歌として歌いすぎないような」歌い方をしています。これはビブラートをあまりかけずにまっすぐに語りかけるくらいのニュアンスで歌っているからですね。もちろん楽曲次第ではガツンと歌うような曲もありますが、基本はさらりと歌うような歌い方が多いですね。そこからミックスボイスでガツンと鳴らしたり、ファルセットで綺麗に抜いたりと言う感じですね。

言葉の発音がとても綺麗で一言一言のニュアンスがとても綺麗な印象を受けます。あまりピッチの癖がなく、言葉の最初(アタック)からまっすぐに音程を取っており、また言葉一つ一つのアタックが柔らかで、かつ明確なのでこのような印象を受けるのだと思います。

共鳴は上下にそこまで偏りないですが、どちらかと言えば上方向(鼻腔や軟口蓋)の響き主体ですね。

実際の歌声で確認

声の種類

地声:黒字

ミックスボイス:黄色マーカー

ファルセット:赤字

「ただ君に晴れ」で歌声を確認

フレーズ

バス停らで空でも見よう 時期に夏が暮れても きっときっと覚えてるから 追いつけないまま大人になって君のポケットに夜が咲く 口に出せないなら僕は一人だ それでいいからもう諦めてる だけ

非常にたくさんのファルセットが含まれているフレーズです。地声とファルセットを綺麗に切り替えて、高音域を抜いていますね。地声の声質は若干鳴りが強めですが、基本的には息も連動した綺麗な声質です。

「大人になって」「になって」の部分など上手く言葉で表現できないのですが、鼻腔への響かせ方が特徴的ですね。浅めの声で鼻腔に丸く響かせるニュアンスというか。少し音色を変えるのですね。フラットな共鳴の歌い方の要所要所でこう言うニュアンスがあるのもsuisさんの特徴ですね。

「だから僕は音楽を辞めた」で歌声を確認

サビに入る前のフレーズ

のな〜かに 一つ線を引いても どうしても消えなかった 今更なんだから なぁ もう〜思い出すな まちがってるんだよ わかってないよ あんたら人間

ミックスボイスのいい視聴音源がなかったのでYOUTUBEで確認してみてください。suisさんの強い高音域はミックスボイスとは言っても地声域の延長線上で鳴りの強めたニュアンスですね。それ以上はファルセットがほとんどなのでこれを地声ととるかミックスボイスととるかは個人次第です。僕のミックスボイスの判定は広いのでミックスボイスとしておきましょう。地声でもいいです。どちらにしてもやや声帯を強めに鳴らしています。

「もう〜思い出すな」の「もう」の部分は声帯の鳴りを強めた声ですが、なんとも言えない声のヨレ感が個人的に表現として好きですね。

どういう練習をすればsuisさんのように歌えるか

suisさんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

suisさんのように歌うポイント

ポイント

息が綺麗に流れるバランスのいい発声を身につける

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

息が綺麗に流れるバランスのいい発声を身につける

suisさんは息が綺麗に流れるバランスのいい発声を使っています。息と声帯の鳴りのバランスの取れた発声ですが、まぁ日本人の場合大抵は息の方が綺麗に流せないことが多いですね。言語的に鳴りの言語なので(母音系の言語)。となれば息のトレーニングで息と声とを連動させていかなければいけません。

息と声との連動にはドッグブレス「スー」「ズー」トレーニングがオススメです。このブレス系のトレーニングを続けていくことで、しっかり息が流れる声を身につけられるでしょう。

また、リップロールのトレーニングで息と声帯の鳴りのバランスを整えるのもいいかもしれません。

声のアタックを鍛える「ク」トレーニング滑舌を鍛えるトレーニングも必須です。

まとめ


suisさんのように歌うポイントは

suisさんのように歌うポイント

ポイント

息が綺麗に流れるバランスのいい発声を身につける

これが重要ですね。まずはここから練習していきましょう。もちろんそれ以外にも鍛えるべき要素はたくさんあります。頑張りましょう。

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについて書いていきたいと思います。グッズがなくてもボイストレーニングはできるのですが、あれば便利です。 グッズを使うメリット ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本について書いていきたいと思います。ボイストレーニングというものは、なかなか独学でやっていくというのは難しいですよね。「何からやればいいのか、何が正しいのか、何が一 ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。それくらい歌におい ...

4

今回は「歌が上手くなる方法」について徹底考察していきたいと思います。歌というものは誰もが身近に聞いたり歌ったりすることができるものですね。 そんな身近なものだからこそ歌が上手くなりたいと思ったことがあ ...

5

今回はミックスボイス(ミドルボイス)について書いていきたいと思います。『ミックスボイス』というものについて疑問を持っている人は多いと思います。そもそもなんなの?何がミックスボイスなの?自分の声はどうな ...

-歌声解説 女性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2019 All Rights Reserved.