【お知らせ】Apple Musicの埋め込み音源が上手く動作しないバグが時折発生しています。iOS、もしくはApple Music側の不具合のようです。再起動すると上手く再生できることもあります。

歌声解説 男性シンガー

Novelbright 竹中雄大の歌声や歌い方についての分析

更新日:

Novelbrightと言えば、近年大人気のロックバンドですね。

その楽曲、演奏、そして歌声の素晴らしさは多くの人を魅了しています。心掴まれている方も多いはず。

今回はそんなNovelbrightのボーカル、竹中雄大さんの歌声について書いていきたいと思います。

竹中雄大さんの声の特徴【持っている声帯】

まずは竹中さんの話し声の特徴を大枠で捉えましょう。

  • 話し声の特徴≒持っている声帯

を考えることも歌声を紐解く上では大事です。

地声・話し声は普通〜やや高めくらいの音域で、バランスのいい軽やかな声質

音域

地声・話し声の音域は普通〜やや高めくらいの音域ですね。

音域的にやや高めくらいの音域帯の声帯を持っているように感じます。

 

声質

声質は息の流れと声帯の鳴りのバランスのいい声質と言えるでしょう。

自然に息も流れやすく声帯の鳴りもそれに合わせてバランス良く軽やかな声ですね。

舌の回転力が良いのが特徴で言葉の発音がとても綺麗です。

 

共鳴

共鳴はフラットな印象ですが、どちらかと言えば上方向(鼻腔や軟口蓋)に響きやすい喉を持っているように思います。

 

持っている声帯

普通〜やや高めくらいの音域・軽やかな声質・どちらかと言えば上方向寄りの共鳴

 

竹中雄大さんの歌声の分析【発声方法】

竹中雄大さんの歌声は

軽やかな透明感と伸びやかな高音

最大の特徴は

  • 息の流れの綺麗な発声を高音域帯までコントロールすること

でしょう。

歌声は息の流れが綺麗な爽やかな発声主体

歌声は主に3種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ミックスボイス(ミドル)
  • ファルセット(ヘッド)

 

地声

低中音域は地声

息系の発声から声帯をしっかりと鳴らすような鳴り系の発声まで使いこなしています。

フレーズや楽曲に応じて発声の質が変化するのはもちろんなのですが、基本的には息の流れをベースにした軽やかな発声スタイルが特徴です。

 

綺麗な息の流れに合わせて声帯をバランス良く鳴らすような発声方法です。

共鳴は上方向主体で澄んだ透明感のあるサウンドを生み出しています。

 

鳴り系の地声域。軽やかでバランスのいい発声ですね↓

息系の地声域(一部ファルセットあり)。息の倍音が多い発声です↓

 

ミックスボイス

中高音域はミックスボイス(ミドル)。

地声の延長線上くらいの発声です。

 

声帯に強い息の圧力をかけて強い高音域を生み出しています。地声域と比較してグッと強い鳴りの発声です。

かなりの高音域帯まで伸びやかに操るのが竹中さんの魅力の一つでしょう。

 

地声域から比較的高いので、ミドル域はさらに高いですね。

強い高音部分↓

 

 

ファルセット

高音域はファルセット(裏声)。

このファルセットが非常に綺麗なのも竹中さんの魅力の一つでしょう。

 

綺麗な息の倍音成分を多く含む裏声を自在にコントロールしています。

 

「こんなにもしあわ〜せなんだと〜」

たくさん使ってます。自在に切り替えていますね↓

 

歌声

息の流れの綺麗な軽やかな地声域・高音ミドル・綺麗なファルセット

 

竹中雄大さんの歌い方の傾向

共鳴や音色

共鳴は鼻腔や軟口蓋などの上方向主体です。

基本的に上方向へ声を当てることで明るい透明感のある音色を生み出しています。

 

声の方向性としては斜め前上方向という感じでしょう。

 

ビブラート

基本的にはビブラートはしっかりとかけるスタイルではないと言えるでしょうが、自然に細かくかかっているフレーズも多いです。

 

フレージング・歌い回し・歌唱力

フレージングの傾向としては直線的で軽やかという印象です。

アタック(出だし)を重視するような洋楽感のある直線的ピッチ感フレーズの発音の軽やかさやリズミカルさのある歌い方だと思います。

 

先ほども書いたのですが、舌の回転が非常に綺麗なんですよね。

この舌の回転力が発音の心地よさや軽やかさを生んでいるように思います。口笛が非常に上手いことと何か関係があるのかもしれませんね。わかりませんが。

ピッチ感も良く素晴らしい歌唱力です。

 

竹中雄大さんの歌声に近づくためには

竹中雄大さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要でしょう。

その分だけ多くの練習や訓練が必要となります。

しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になりますね。

竹中雄大さんのように歌うポイント

ポイント

息の多い軽やかな発声を身につける

高音域を開発する

これが重要だと考えられます。

では練習方法を紹介します。

息の多い軽やかな発声を身につける

竹中さんの歌声のポイントはやはり透明感ある爽やかな発声を生み出すことでしょう。

 

ポイントは

  • 息の流れ
  • 息の乗った発声を身につける

という部分ですね。

 

息のトレーニング

息と声を連動させるトレーニングは

  1. ドッグブレス
  2. 「スー」「ズー」トレーニング

がおすすめです。

息のしっかりと声を乗せられるようになると、透明感のある澄んだ音色の発声になっていくはずです。

息系のトレーニングは少しづつでも継続が大事でしょう。

高音域を開発する

竹中さんはもともと高めの音域帯の声帯を持っているので、その点も考慮してトレーニングしましょう。

やはり低い声帯を持っている人では音域的には出せることもあるでしょうが、声区がズレるので同じニュアンスにはなりません。

 

自分の持っている声帯と向き合いながら高音開発するのがオススメです。

 

高音開発トレーニング

竹中さんのようなバランスのいい高音開発は自分に合う方法を試行錯誤するのが本当は一番だと思います。

なので、

のページを活用してみてください。3パターンですが、それぞれ違った方法を紹介しています。

 

音域を広げるトレーニングは焦らずコツコツと積み上げることが大事でしょう。

 

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.