【お知らせ】Apple Musicの埋め込み試聴音源がiOS13.4.1ではうまく作動しないことがあります。iOS側の対応を待つしかないようです。

歌声解説 男性シンガー

福山雅治の声や歌い方についての分析

更新日:

今回は福山雅治さんの歌声について書いていきたいと思います。

福山雅治さんといえば日本のトップミュージシャンでありまたトップ俳優としても活躍されているスーパースターですね。

ミュージシャンとしても素晴らしい才能を持っているように思います。あの歌声に魅了されている方も多いのではないでしょうか。

どういう声質・声の出し方か

地声・話し声の音域は低めの音域で、咽頭にも鼻腔にも響く声

話し声・地声は低めの音域です。

低めの音域の声帯を持っているように感じます。音域的に低いのはもちろん声の成分が太めなのでかなり低くていい声ですね。

声質は声帯がしっかりと鳴る鳴り系の声質です。息の流れよりの声帯の鳴りが先行する鳴り主体の声を持っています。

何と言っても咽頭共鳴(下方向への響き)がしっかりとあるのが特徴です。かなり深い響きの鳴りがあります。咽頭共鳴と言えば福山雅治さんというくらいの響きを持っています。

まぁ言われなくてもというような素敵な低音ボイスですね。

持っている声帯

低めの音域・鳴り系の声質・下方向へとても良く響く

歌声も低音の鳴りが美しい歌声

歌声は2種類の声区を使っています。

主な声区

  • 地声(チェスト)
  • ファルセット(ヘッド)

の2種類です。ミックスボイス系の発声も使っているときもありますが、あまり使われることはないですね。

地声

低中音域は地声を使っています。

声質は鳴りと息のバランスのとれた声質です。

というよりも息系の発声をベースにして随所に声帯の鳴りやエッジ感を散りばめたような声の出し方をすることが多いです。つまり息が綺麗に流れる発声の所々で声帯をしっかりと鳴らしているような感じです。

共鳴は咽頭共鳴が強めな歌声です。強い咽頭共鳴で深みある声を出すのが福山雅治さんの歌声の最大の特徴ですね。

地声

ファルセット

高音域はファルセットを使っています。

このファルセットが非常に美しいファルセットなのです。息が綺麗に流れる綺麗な声質です。声区の切り替えも非常に綺麗で、自在に使い熟しています。女性的な美しさのあるファルセットです。

低音域にインパクトがあるので、あまり注目されないのかもしれませんがトップクラスに美しい息の倍音の多いファルセットだと思います。

ファルセット

歌声

深みのある地声域・綺麗なファルセット

どういう歌い方か

共鳴や音色

深い咽頭共鳴(下方向への共鳴)が特徴的です。

ビブラート

ビブラートは自然にかかります。もちろんフレーズによってまっすぐに歌ったりもしています。

フレージング・歌い回し・歌唱力

多くモノマネされているように福山雅治さんの歌い方の鍵は何と言っても咽頭共鳴(下方向への響き)を生かした歌い方ですね。

特にフレーズの最初は非常に低い位置から瞬間的にしゃくり上げるようなニュアンスです。極端にやるとモノマネとしては上手くなりますが、本人はそんなに極端ではないですね。

響きを下に落としてエッジ気味に声帯を一瞬鳴らすことで、低音の美しさを演出しているように感じます。

ピッチ感も非常によくリズム感もいいですね。

どういう練習をすれば福山雅治さんのように歌えるか

福山雅治さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。そのぶん、多くの練習や訓練が必要となります。しかし、要点やポイントを絞ることで近づく近道になります。

福山雅治さんのように歌うポイント

ポイント

エッジボイスを習得する

深い響きを身につける

これが重要ですね。では練習方法を書いていきたいと思います。

低音エッジボイスをフレーズの最初に入れる練習

まずはしっかりとエッジボイスを習得できるようにしましょう。

福山雅治さんを歌うにはこれなしでは歌えません。それくらい重要です。特にフレーズの最初・言葉の最初に低音域から鳴らすようにエッジボイス気味にフレーズを歌い始めて行くようなニュアンスですね。

エッジボイスは声帯のコントロールのトレーニングになりますし、声帯を鳴らす系の歌にはとてもいい練習になります。

エッジボイスをしっかりと身につけることができたら、フレーズの出だしや言葉の最初をエッジボイスから入るように練習していきます。

低いエッジボイスから音程をしゃくりげて歌うように意識すれば福山さんの歌声にかなり似て来ます。あんまり連発するのも良くないのでこれは本人が使っているところを完コピするようにしましょう。

胸に響かせることを意識

低音の響きは下方向へ響かせることが重要です。

喉仏をしっかりと下げて喉を開いた状態で歌う練習をする。喉仏をコントロールするために手で喉仏を触りながら練習しましょう。

手で触ることで普段なかなか意識しにくい喉仏をコントロールしやすくなります。

咽頭共鳴のトレーニングはこちら

その他シンガーの歌声解説はこちら

歌声解説一覧

 

オススメ記事

1

今回はボイストレーニングの効果を高めるグッズや声を鍛えるのに欠かせないグッズについてです。 この記事は 効率よくボイトレする 普段かけられない負荷をかける 楽にトレーニングする など歌が上手くなるため ...

2

今回はボイストレーニングにオススメの本についてです。 ボイトレ本は『初心者・中級者・上級者』という段階に応じた読みやすさと、『何を重点的に紹介しているのか』が本によってそれぞれ違います。 それによって ...

3

今回は「声の音域を広げる方法」について書いていきたいと思います。歌において音域を広げるということは大きな課題の一つですね。おそらく多くの人が音域を広げたいと思ったことはあるでしょう。 それくらい歌にお ...

4

今回は”歌が上手くなるための方法や取り組み”についてです。 この記事は 自分の歌声を録音して練習する 音源をなぞって練習する たくさん歌う・実践する ボイストレーニングする たくさんの音楽を聴く 音楽 ...

5

今回は声量を上げるトレーニング方法についてです。 この記事は 声量を上げるポイントは→『共鳴・声帯・息』 3つのうち一番重要で鍛えやすいのは→『息』 声量アップのトレーニング方法について という内容で ...

6

「note」にて歌や声について『さらに深く探究した記事(有料)』か『普通の記事(無料・でも結構面白いとは思う)』を書いています。 有料マガジン ▪️歌が最高に上手い人にある ...

-歌声解説 男性シンガー
-

Copyright© 【ミュートレグ】 , 2020 All Rights Reserved.