音楽技術向上のためのブログ【ミュートレグ】

ボイストレーニングを中心に音楽技術向上に関する様々なことを書いています

歌声解説 歌声解説 男性シンガー 音楽

B’z 稲葉浩志の歌い方・歌唱力 閉鎖の強い超高音ミックスボイス【歌声解説】

投稿日:2017年10月24日 更新日:

今回は日本で一番有名なロックバンド。少なくともCD総売り上げ枚数は1位のバンド「B’z」のボーカル稲葉浩志さんについて書いていこうと思います。

(ん?まだ売上枚数AKB48に抜かれてないですよね?笑 AKBグループのCD枚数はすごいです。。)

話が逸れました!

稲葉さんの歌声は誰もが一度は聞いたことがあるはずです。

何と言っても高音がすごいですよね。

痺れるようなシャウトや連続ハイトーンボイスは圧巻です。

真のB’zファンは高音だけを見ていない!!高音だけと思うな!

という方もいらっしゃるでしょうが、まあ高音がすごいのはすごいのでやはり。

はい。笑

今回はそんな稲葉浩志さんの歌声について書いていきたいと思います。

 

どういう声質・声の出し方か

地声は低いとよく言われているが実際は。。

その歌声の高さから地声は低いと言われることが多い稲葉さんですが、実はそこまで低いというわけではないんです。もちろん高いわけではないですが。

結構普通くらいの高さで話しています。割とボソボソと。笑

少し息っぽく話すのが特徴ですね。

 

声が低いと言われる要因はやはり歌声との落差でしょう。

あの高さの歌声からすれば、低く感じるのも無理はないです。

 

歌声はハイトーンボイス

歌声はみなさんご存知の通りハイトーンボイスです。

かなり硬い声質のハイトーンボイスです。

声帯をかなり閉鎖させているように聞こえますが、実際本人は苦しさをほとんど感じてないはずです。そうでないとあんなにずっと歌えません。笑

喉締めているけど苦しくない。

それくらい締めていいところだけをコントロールして音程を高いところまで押し上げています。

 

あまり鼻抜けのいい発声ではなく、どちらかといえば下あごに力を入れて口腔や喉周りに響かせているタイプです。

基本的には高音は響きが上に上にと行くのですが、下の方でとどめて置くことで力強い発声を実現させているように感じます。

どういう歌い方か

ハイトーンロックボーカリストのお手本

あまりビブラートは使わないタイプの歌い方ですね。

ただ、バラードだったりすると結構かかったりするんですよねーこれが。すごいですね。

基本的にはロックな楽曲が多いので、ロックな歌い方でまっすぐに歌っています。

声質は個性的ですが、結構正統派な音程やリズムのとり方をしています。

肝心なのは声質ですね。

どういう練習をすれば稲葉浩志さんのように歌えるか?

稲葉浩志さんのように歌うには多くの音楽的要素が必要です。

そのぶん多くの訓練や練習が必要になってきます。

しかし、要点絞ることで近づく近道になります。

 

稲葉浩志さんのように歌うポイントは

  • 閉鎖の強い超高音ミックスボイスを身につける

これが一番重要ですね。

まずはここを練習することが重要です。

では練習方法を書いていきたいと思います。

 

 

「ネイ」や「ヤイ」でトレーニングで閉鎖の強いミックスボイスを身につける

その言葉通りなのですが、「ネイ」や「ヤイ」でトレーニングしましょう。

「ネイ」のまま裏返らないように高い音程へと登っていきます。

裏返ってはいけません。強い発声を身につけるためには少々苦しいですが、高い音程もファルセットにならないように訓練しましょう。少しづつ楽になってくるはずです。

「ヤイ」も同様です。

このトレーニングで喉の締めていいところだけを締める能力を鍛えます。

またすぐに声が裏返らないようなトレーニングにもなります。

普通推奨されるのどに力を入れるな ということとは別の方向性ですので無理せずに少しずつ練習してみてください。

 

この練習をかなりの高音域までできるようになると、稲葉さんのような高音域がパワフルに出せるようになってきます。

強いミックスボイスを手に入れるボイストレーニング〜「ネイ」「ヤイ」トレーニング〜

エッジボイスでさらに閉鎖感を鍛える

エッジボイスでさらに声帯閉鎖を完璧にコントロールできるようにしましょう。

声帯を無理なく閉鎖させることが肝心なのです。

そのための練習としてエッジボイスは最適なのでしっかりと練習しましょう。

 

エッジボイスについて詳しくはこちら

エッジボイスで声帯閉鎖をコントロールしてミックスボイスをコントロール

 

下あごに力を入れる

これもあまりおすすめされることではないのですが、稲葉さん的な発声には欠かせないですね。稲葉さんの発声を聞いていると下あごや舌に結構力が入っていることがわかります。力強く発声するためには喉の負担を減らすため色々なところに力が入っているようです。

 

下あごに力を入れると喉仏が若干下がり固定されます。恐らくは喉仏を固定して締まりすぎないようにしているのではないかと思われます。

まとめ

稲葉浩志さんのように歌うには

  • 閉鎖の強い高音ミックスボイスを身につける

が重要です。まずはここをしっかりと練習して他の練習をしていきましょう。

 

 

 

他のアーティストの歌声解説はこちらです

他のアーティストの歌声解説はこちら

 







-歌声解説, 歌声解説 男性シンガー, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボイトレ「グッグ」トレーニングで強いミックスボイスの練習をする

今回はボイストレーニングとして有名な「グッグトレーニング」について書いていきたいと思います。 ロジャー本として有名なグッグトレーニング。 どんなトレーニングなのかを個人的に解説していきたいと思います。 …

中森明菜の歌い方・歌唱力 口を大きく開けない息の多い発声【歌声解説】

今回は中森明菜さんの歌声について書いていきたいと思います。中森明菜さんと言えば、多くの名曲を残している昭和のトップアイドルです。 なんと言ってもあの歌声。本当に素晴らしいですよね。 あの歌声に魅了され …

C&Kの高音ボーカル CLIEVYの歌い方・歌唱力 閉鎖系のハイトーンミックスボイス【歌声解説】

今回は人気ユニットC&KのボーカルCLIEVYさんの歌声について書いていきたいと思います。 C&Kと言えば、高い歌唱力と心に刺さる楽曲で人気のグループです。 何と言ってもCLEIVYさ …

ELLEGARDEN 細美武士の歌い方・歌唱力 発音の良い強いミックスボイス【歌声解説】

今回はロックバンド「ELLEGARDEN」のボーカル:細美武士さんの歌声について書いていきたいと思います。ELLEGARDENといえば、多くの名曲を残しているバンドですよね。なんと言っても楽曲のかっこ …

Rihwaの歌い方・歌唱力 息の多く声量豊かな発声【歌声解説】

今回はシンガーのRihwaさんの歌声について書いていきたいと思います。 Rihwaさんと言えば、素敵な歌声で多くの人を魅了しているミュージシャンですよね。 何と言ってもその歌唱力。あの歌声に魅了されて …